fc2ブログ

北海道ちほく高原鉄道 薫別駅

十勝バス 帯広・陸別線 陸別 16:00 ~ 薫別伏古丹 16:09

 続いての訪問駅は陸別駅から少し戻って薫別駅跡。ここはなかなか凄いです。元々は板張りホームの仮乗降場のような駅でした。ホームや線路跡はほとんど残っていませんが、当日使われていた駅舎だけがポツンと残されています。
190814 115

 これは一見しただけでは駅跡とは思えない。ただの廃屋にしか見えませんね 笑。
190814 123

 この廃屋にしか見えない駅舎というか待合室跡。施錠されておらず中に入れるところがポイント高し。
190814 128

 木のベンチ、凄いですね。この空間は心踊ります。
190814 118

 多くの駅巡erの方が訪問している薫別駅跡。床の木がめくれ上がっていたり、歩くとミシミシいったりとそのボロさは隠せませんが状態はかなりいい方だと思います。放置されているのではなく、ちゃんと保存されているのかなぁと思いました。
190814 117

 駅ノートもありました。全国の物好きさんが集う場所。
190814 120

 廃止時の新聞なんかも飾られていました。
190814 127

 どこを切り撮っても素晴らしい。よくぞ、今まで残ってくれていたなと思います。
190814 129

 ここでの滞在時間はわずか10分ほど。もっとゆっくりしていきたかったですが、濃密な時間を過ごせました。
190814 122

十勝バス 帯広・陸別線 薫別伏古丹 16:38 ~ 陸別 16:47

 薫別駅跡は、このバス停から片道で徒歩10分くらいのところにあります。移動だけで往復20分弱。折り返しのバスの時間まで30分ほどしかなかったので慌ただしい訪問となりました。おまけに折り返しのバスが予定時間より2分ほど早くやってきて焦りました。ギリギリまで滞在していたらやばかったかもしれません 汗。
190814 135

撮影日:2019年8月14日
カメラ:Olympus E-M10 Mark III + OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 EZ
+ OLYMPUS M.9-18mm F4.0-5.6


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック