FC2ブログ

紀勢本線 和深駅

紀勢本線 見老津 11:32 ~ 和深 11:47

 再び進路を南へ取り次の目的地へ。途中の江住駅で列車交換のために数分停車。ということで駅舎を拝むことが出来ました。わずかな時間ではありますが訪問駅を増やしていきます。
190205 057

 青緑色の塗装の105系、開放的な南紀と良くマッチしています。国鉄時代の列車が少なくなっていく中、頑張っていますね。
190205 059

 目的の駅へ到着。こちらも海の見える駅、和深駅です。
190205 063

 こちらでの滞在時間は約1時間半。少々長いけどこの眺望なら飽きずに過ごせそう。
190205 068

 和深駅の駅舎。お昼の時間は逆光になってしまいます。そして、やはり似たような佇まいの駅舎が多いですね。
190205 070

 さて、反対側のホームへと行きたいですが跨線橋もなければ構内踏切もありません。。。
190205 067

 反対側のホームへ行くには1度駅を出て、一般道の坂道を下り線路下のトンネルをくぐる必要があります。このタイプの駅たまにありますね。時間が無いと焦るやつ。今回は時間はたっぷりあるので大丈夫。
190205 073

 元々は2面3線の構造だったようですね。今は3番ホームは使われなくなっています。ベンチが海側を向いているのがいい。
190205 087

 ここで特急くろしおが通過。特急では味わえない旅を満喫しています。
190205 089

 訪問時は何だろうと思っていましたが、ここに跨線橋があったようです。老朽化のため撤去したみたいですね。
190205 077

 そしてもう1つの謎の物体。駅舎を撮っていたら駅舎の向こうに見えるオブジェが気になっていました。ここ和深駅が映画の舞台になったそうでそのオブジェみたいです。映画のタイトルは「たまご」。なるほどね。
190205 081

 なんにせよ、素晴らしい駅で1時間半があっという間でした。
190205 075

撮影日:2019年2月5日
カメラ:Olympus E-M10 Mark III + OLYMPUS M.14-42mm F3.5-5.6 EZ


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ねじまき : 2020/05/12 (火) 06:36:34

和深駅は2度ほど行ってますが跨線橋が無い姿は初見です。
数段だけ階段を残してくれているのは粋ですね。
跨線橋がなくなったことで、下り(和歌山向き)の場合、列車交換の停車時間での
駅舎撮影はかなりハードルが上がったでしょうね…。

PoW⇒ねじまきさん : 2020/05/24 (日) 22:03:48

こんばんは。
跨線橋が無くなったのは最近だったんですね。謎の階段で気になっていました 笑。
この駅は列車交換の時間では無くじっくりと訪問せよということですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック