FC2ブログ

えちごトキめき鉄道 関山駅

えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 妙高高原 10:19 ~ 関山 10:26

 しなの鉄道に続いては、えちごトキめき鉄道の駅巡りを開始します。妙高高原駅から直江津駅までの区間は、妙高はねうまラインというちょっと恥ずかしい路線名が付いています。会社名といい、これが新潟県のセンスなのか(笑)。まずは1駅目、関山駅で下車しました。
170716 067

 まずは駅舎見学。洋風の駅舎ですね。なかなか広い駅舎で駅舎の一部を利用して駅舎サロンという喫茶店が営業していました。
170716 070

 駅舎の入口が可愛らしい。
170716 071

 さて、関山駅を訪れた目的はこの駅舎以外にももう一つあります。実はこの駅はかつてスイッチバックの駅でした。今でもその遺構が残っているということでそちらを見に来たのでした。スイッチバックの遺構は、駅から直江津方面の方向にあります。近くの歩道橋から見た風景。右が本線で、左側がスイッチバック駅のあったところです。
170716 077

 左側の線路が伸びている先までやってくるとありました。これは完全に駅の跡ですね。
170716 079

 錆び付いて、辛うじて「せきやま」と読める駅標も存在。
170716 089

 雑草が凄いですが、ホームの形は現役時代のままで残っているんじゃないでしょうか。
170716 093

 手前の線路は剥がされていますが、向こう側は残っています。
170716 084

 よく見ると架線も引かれています。後で調べてみると、この旧ホームは保線車両の入線に使われているそうです。
170716 085

 ということで、しばらくはこの遺構を見ることは出来そうですね。この遺構も信越本線が厳しいところを通ってきたことを表すもの。なにか有効活用出来ないかなぁと思いますね。
170716 083

 駅に戻ってきました。現在のホームは本線上に移動してきたため非常に狭いのが特徴です。それでは次の駅へと参りましょう。
170716 102

撮影日:2017年7月16日
カメラ:PENTAX KP + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック