石見銀山

■2016年10月9日(日)

アクアライナー 浜田 8:28 ~ 大田市 9:26

 秋の乗り放題パスの旅2日目。この日も三江線を巡る予定ですが、午前中は少し寄り道を。山陰本線アクアライナーに乗車して江津駅を超えて東へ、大田市駅で下車しました。
161009 002

石見交通 大田市駅 9:37 ~ 世界遺産センター 10:10

 大田市駅からバスに乗りやってきたのは、世界遺産でもある石見銀山。一度訪問したことはありますが、前回は坑道に当たる間歩と町並みしか見られなかったので、今回は石見銀山の歴史を学びにやって来ました。こういう歴史的な遺産は、その背景を知らないと本当の意味で楽しめないですよね。この地を訪れた際は、まず世界遺産センターで歴史を学んだ上で各遺産を巡ることをお勧めします。
161009 012

 遺産センターに長居をしたので間歩に行く時間は無くなってしまいました。石見銀山、それぞれのポイントが結構距離があるのでしっかり楽しもうとすると一日掛ける必要がありますね。僕は残りの時間を古い町並みを散策する時間に充てました。
161009 013

 石見銀山を管理していた武士やそこで商売をしていた商人などの屋敷が連なっています。世界遺産に指定されている割には人で溢れている訳では無いので雰囲気を壊されること無く楽しめる場所ではないでしょうか。
161009 025

 この瓦屋根は山陰地方らしい。
161009 028

 落ち着いた町並み、やはり好きですね。
161009 031

 一般では見ることの出来ない限定の間歩ツアーなどもあるみたいなので、今度は一日掛けて訪れてみたいですね。世界遺産となるとちょっと敬遠したくなるんですが、ここは何度も訪問したいと思わせる場所でした。
161009 035

 さて、そろそろ三江線へと戻る時間なんですが、実はここから直接三江線へとアプローチが出来るバスがあります。岩見交通の石見川本行き。実はこのバスでのショートカットがしてみたかったのも石見銀山を訪問した理由の一つでした。12:38発のバスに乗り込み三江線石見川本駅へと向かいます。
161009 038

撮影日:2016年10月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ねじまき : 2017/02/15 (水) 07:42:03

石見銀山の町並みは素晴らしいですね。
一度に大方見ようとすれば、やっぱり一日要りますか。
しばらくは変わらないまま居てくれると期待して、
訪問は後回しにしてますが、そろそろ考えなければ。

石見川本へのバス利用もgoodですね。
意外と便数も多いのが嬉しいところ。
PoWさんは粕淵あたりで三江線に復帰でしょうか…。

PoW⇒ねじまきさん : 2017/02/17 (金) 00:34:07

ねじまきさんこんばんわ。

石見銀山いいですよね。
世界遺産センターで銀山の歴史を学び、間歩を見学して古い町並みを歩く。
王道コースでいくと一日がかりになるでしょうね。

バスも良かったです。
三江線への復帰はベタに石見川本駅でしたけど(笑)。
粕淵までのバスがあるのは現地で知りました。

管理人のみ通知 :

トラックバック