再 熊野古道 小辺路を歩く

 さて宿には着きましたがまだ時間があります。ということでここに来たら必ず行きたいあのスポットへと参ります。そうです果無集落ですね。前回、十津川村を訪れたときも訪問していますが何度でも訪れたいと思う場所の一つです。ホテル昴からは歩いて行くことが出来ます。というか、歩き以外ではほぼ行くことが出来ませんけど。
160505 083

 車も通れる右側の舗装された緩やかな道か、熊野古道である左側の厳しい道か。人生は楽な方を選択しがちなので、旅の時くらいは厳しい道を選択しますか(笑)。
160505 084

 ということで汗だくになりながら山道を登ります。
160505 085

 なかなか厳しい山道ですが、途中の休憩スポットで絶景を拝むことが出来るのです。これが見たかったからこちらのルートを選んだと行っても過言では無い。
160505 086

 この景色は車で楽して上ろうとした人には見ることが出来ない、自分の足で苦労して登ってきたものだけが見れるものです。
160505 087

 昔の人は凄いところを旅していたんだなぁと。それが実感出来るのでこのルートはオススメです。本格的に熊野古道を走破するつもりならそれなりの覚悟が必要ですが、果無集落までであれば気楽に訪問しても大丈夫ですしね。
160505 090

 さて、果無集落へと入ります。
160505 092

撮影日:2016年5月5日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ねじまき : 2016/10/13 (木) 08:19:43

いやぁ、ここすごい高低差ですよね。
1度ならず2度までも登られるとは、恐れ入ります。
山々の若々しい新緑が印象的な季節ですね。
紀伊半島生まれとしては、外地のかたに気に入って貰えてとても嬉しく感じています。

PoW⇒ねじまきさん : 2016/10/23 (日) 23:42:14

返信遅くなりましてすいません。

果無集落への道、何度でも訪れたくなる場所です。
歩いているときはキツいんですけど(笑)。
紀伊半島はなかなか訪問する機会が取れませんが、ちょっと独特な雰囲気があって好きですね。
紀勢本線もいずれじっくり回ってみたいなと思っています。

管理人のみ通知 :

トラックバック