天空の車庫 追西川

 終点追西川バス停へ到着しました。「せいにしがわ」と読みます。なかなかの難読地名だと思います。
160505 050

 バスがここまで来るのは1日に2本。この折り返しのバスが最終バスになります。でも、これだけの山間部に公共の交通機関が毎日走っているだけでも凄いことですよね。
160505 049

 さて、この終点ではちょっとした見所があるんです。それがこちら。これ実は車庫なんです。終点の追西川で折り返すために道の端に作られたこのスペースにバックで進入して収まるのです。
160505 045

 下は崖になっていて、バスの一部は空中に位置しています。わずかな出っ張りの車止めが命綱です。
160505 055

 熟練の運転手さんは何の迷いも無くここに停車させていましたが、最初は怖かったでしょうねぇ。
160505 056

 少し離れた場所から見るとこんな感じ。この狭いスペースで折り返さなきゃいけないのでこういう形になったんでしょうね。かつてはこの先にも集落があってバスもそこまで行っていたようですがいまでは誰も住んでいないとのことでした。景色がすごくきれいだと運転手さんが教えてくれましたが、どうやって行けばいいのだろう・・・。
160505 052

 この道、これでも国道というのが驚きです。
160505 075

十津川村営バス西川線 追西川 13:15 ~ 昴の郷 14:27

 帰りも安全運転でよろしくお願いします。
160505 071

 帰りも地元の方が1人、登山をされているのかなとう方が1人、途中から乗車してきました。それなりに利用客がいるようですね。帰路は十津川温泉までは行かずに途中の昴の郷で下車しました。
160505 077

 この日は十津川温泉で一泊します。2度目のステイ「ホテル昴」。
160505 079

撮影日:2016年5月5日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

とんぼ : 2016/10/10 (月) 15:56:05

国道425号 酷道の見本ですね
訪問された五月頃は新緑で山々が笑っています。
ホテル昴 温泉もいいですが 温泉プールでゆったり泳ぐのもいいですよ。 

PoW⇒とんぼさん : 2016/10/11 (火) 22:58:43

確かに酷道ですが、バスが通れるだけまだマシな方かもしれませんね。
奈良は奥が深い土地です。
温泉プールですか・・・。
僕は泳ぐのが苦手なので温泉でのんびりするのがいいですね(笑)。

管理人のみ通知 :

トラックバック