十津川村営バス西川線

 十津川村で気になっていたのがこの十津川村営バス。広大な十津川村を網羅するようにバスが運行されています。今回はこのバス路線に乗ってみたいなと思いやってきました。
160505 026

十津川村営バス西川線 十津川温泉 11:40 ~ 追西川 12:56

 いろいろある路線から僕が選んだのは十津川村営バス西川線。十津川温泉から追西川(せいにしがわ)までを結ぶ路線です。どういう路線かは追ってご紹介しましょう。
160505 028

 乗客は自分と地元の方を含めた2名。狭い山道を進んでいきます。ですが、このくらいは序の口です。
160505 030

 運転席の前にはなにやら小包が詰まれていました。
160505 031

 途中、荷物を置く場所があってそこに停車して運転手が小包をおろしていました。このバスは郵便配達の役割も果たしているのでしょうか。確かにこれは効率的だとは思います。
160505 035

 バスに積んでいた小包も無くなった頃、道はどんどん狭くなっていきます。
160505 037

 ついにはすれ違いが出来ないほどの狭さに。バスは一旦バックしてスペースに待避して、対向の車をやりすごしていました。
160505 040

 こんな山奥にも集落があって人が住んでいて公共の交通機関がある。日本って凄い国だなぁと思います。
160505 039

 この路線の終点、迫西川は十津川温泉から西より和歌山県との県境付近にあります。終点までもう少し。
160505 043

撮影日:2016年5月5日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック