ニッカウヰスキー余市蒸留所

北海道中央バス 小樽駅前 12:00 ~ 余市十字街 12:35

 小樽駅からはバス移動でやって来たのはこちら。ニッカウヰスキー余市蒸留所。
160430 038

 乗り鉄や駅巡りをしないでバリバリの観光地を巡るのは、自分の旅では珍しいことですが一度訪問したかった場所です。お酒は大好きですが、最近は日本酒に凝っているのでウィスキーはあまり飲まないですけどね。でもハイボールはよく飲むかな。
160430 043

 NHKの朝ドラ「マッサン」のおかげで訪問客も増えたんじゃないでしょうか。ここは基本無料で見学できますが、予約をするとガイド付きの見学ツアーに参加することが出来ます。これも無料です。せっかくなのでこのツアーに申し込んでいました。
160430 039

 現役で稼働している建物なのにこの雰囲気は素晴らしいですね。
160430 040

 いろいろな施設を見学することが出来ます。
160430 045

 樽の中に原酒を入れて熟成させるそうです。樽の中のお酒は木目を通して呼吸し、熟成を進めがら同時に蒸発してくそうです。20年熟成させると樽の中のお酒は約半分になってしまうのだとか。なんだかもったいないような(笑)。
160430 050

 この建物が創立時に立てられた第1号貯蔵庫。現在では26棟もの貯蔵庫があるのだとか。
160430 051

 ところで知ってました? ニッカウヰスキーの前身が大日本果汁株式会社という名前だったということを。ウィスキーは熟成させる期間が必要なので製造から出荷まで時間がかかるため、創業当時はリンゴを原料にジュースなどを販売していたそうです。その時の社名の略称が「日果(にっか)」。ウィスキーの販売を開始するときには、そこからニッカという名前を取ったそうです。
160430 057

 ガイドツアーの最後には試飲もすることが出来、大満足の見学となりました。無料でここまでしてもらったので、感謝の意味も込めてお土産にウィスキーを購入。お酒好きなら訪問してみて損はないスポットだと思います。
160430 061

撮影日:2016年4月30日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック