留萌本線 朱文別駅

 舎熊駅からは国道231号線に沿って歩きます。前日の宗谷本線駅巡りや午前中の沿岸バス路線では雨でしたが、ここに来て晴れてくれました。やはり晴れ男の称号は伊達では無い(笑)。
150921 067

 渋い建物の美容院。
150921 068

 北海道らしい家々。駅だけで無くこういう町を歩くのも旅の醍醐味です。
150921 070

 そしてやってきたのは、朱文別駅。仮乗降場を起源とする板張りの乗り場があるだけの駅。
150921 074

 これで駅だというのだから北海道は奥が深い。こういう風景がどんどん無くなっていくのは正直勿体ないです。
150921 078

 一応、駅舎(?)もあります。
150921 082

 中はなんと砂利がひいてありました。湿気もこもっていて夏場はちょっと居られない感じでしたね。それでも冬の間は立派な防寒を果たしてくれていることでしょう。
150921 083

 留萌本線、廃止の報を受け訪問客は増えましたが、途中駅の訪問客はほとんど無いですね。列車の本数が少なすぎるというのもあるのでしょうけど。沿岸バスと徒歩を利用すれば、廃止前の喧噪から離れて駅巡りが出来るかなと思っています。今年はどうなっているのか分かりませんけどね。
150921 081

撮影日:2015年9月21日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック