青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

■2015年6月9日(日)

 小坂鉄道レールパークを訪れていた前日、せっかく2時間半も掛けて出てきたのでそのまま帰るのは勿体ないと、勢いで青森まで出てきました。青森で一泊して、この日は津軽の駅巡りでもしようかと。その前に、以前から訪問したいと思っていた青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸に行ってみることにしました。
150607 001

 青函トンネル開業により廃止となった青函連絡船。これも一度は乗りたかった交通網の一つです。今ではこうして、博物館として歴史を現代に伝えてくれています。
150607 047

 訪問時は老朽化対策工事のため一部立ち入り禁止となっている展示スペースがあるとのことでした。この工事は現在も続いているようなので、訪問の際はご注意を。

 船内最初は、人形を使った展示スペース。昔の青森の様子を表現しています。
150607 007

 こういう資料は見入ってしまいます。
150607 006

 あとは当時の写真とかもずっと見ていられますね。
150607 010

 操舵室が見られるのもうれしいところ。
150607 018

 でも、鉄道ファンにとって一番の見所はやはりここでしょうね。
150607 027

 船の中に線路があるよ。そうなんですこの船、列車も運んでいたんですよね。これは凄いですね。
150607 037

 どうやって船に乗せていたかというと船の直前まで線路が引かれていたんですよね。ここから列車が船に乗るシーンなんかは見てみたかったですね。
150607 042

 函館側にも同じように青函連絡船だった摩周丸が公開されているようですのでそちらの方も訪問してみたいです。(ブラタモリで紹介されていましたね)
150607 049

撮影日:2015年6月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック