FC2ブログ

電源車カニさんの内部公開

 小坂鉄道レールパークであけぼの車両の体験乗車と合わせて電源車カニの内部公開も行われていました。電源車の内部が見られるのはなかなか貴重だと思います。
150606 033

 早速中へ。ちなみにここは荷物スペース。車両形式を表す「カニ」の「二」の部分が荷物車を表すんですね。
150606 034

 そしてこれが発電をするための発電機。2機搭載されていました。この二つの発電機で全ての車両の電源をまかなっていたのですね。
150606 036

 稼働中はすごく暑いんでしょうねぇ。あけぼの車両が宿泊施設として稼働する際には、この電源車から電源を供給するのでしょうか。
150606 048

 外とのやりとりはこれでやるんでしょうね。アナログで良い感じ。
150606 049

 最後尾には座席スペースも。
150606 045

 夏場はものすごい暑さになったでしょうね。
150606 042

 最後尾からの景色はこんなだったんですね。そういえば寝台での最後尾からの車窓って今まで一度も見たことがないなとふと思いました。最後尾が電源車であることが多いのでなかなか見る機会が無かったんでしょうね。
150606 040

 電源車の内部公開は、今回だけで今後はないとのことらしいので、貴重な経験が出来これだけでも訪問した甲斐があったなと思いました。
150606 046

撮影日:2015年6月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

風旅記 : 2018/08/27 (月) 14:11:08

こんにちは。
稼働中はエンジン音と熱気で車内は大変な状況になりそうですね。
揺れている車内では危なくて移動も大変そうですが、荷物の担当など車掌氏が乗ることもあったのだろうと思います。
今ではなくなってしまいましたが、上野の地下ホームにブルートレインが入ってくると、機関車のブロワー音だけでなく、電源装置の低い重低音が響いていたのを思い出します。発車した後には排気の匂い。駅で見送った者にも旅情を感じさせてくれた時代でした。
このような車内を見学できるのは素晴らしいですね。普段は公開されていないとのこと、羨ましく思います。
興味深く拝見させて頂きました。

熊本電鉄の記事へのお返事ありがとうございました。
踏切の扱いとは驚きです(o_o)
あくまでも法令上の扱いというだけなのでしょうが…

風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

PoW⇒風旅記さん : 2018/09/09 (日) 21:48:48

風旅起さん、こんばんわ。

今では小坂鉄道のあけぼの号の宿泊施設として活躍しているのでしょうね。
ブルトレで旅をすることはもう出来なくなってしまったので、1度泊まってみたいなと思っています。

管理人のみ通知 :

トラックバック