黒部宇奈月温泉駅と新黒部駅

■2015年6月1日(月)

 北陸旅3日目、カレンダー上は平日ですが会社の創立記念日で休みのため旅が続けられます。普段平日に旅することはほとんど出来ないので、この機会を利用して休日には行きづらい路線を攻めたいと思います。

北陸新幹線はくたか554号 富山 7:46 ~ 黒部宇奈月温泉 7:59

 まずは新幹線でワープ。なんだかんだで使ってしまいます新幹線。古い乗り物はもちろん好きですが、新しい乗り物も好きなんですよ。
150601 001

 わずか13分で黒部宇奈月温泉駅に到着。ここは宇奈月温泉へのアクセスのために作られた、観光の拠点となる駅ですね。この駅から富山地方鉄道へと乗り換えて宇奈月温泉駅へと向かうことになります。
150601 004

 新幹線との乗り換えのために、富山地方鉄道側にも新黒部駅という駅が新設されました。これにより富山から宇奈月温泉へのアクセスが便利になったような気がします。これまで富山地方鉄道経由だと特急列車で約1時間10分、普通列車だと1時間50分ほど掛かっていたものが、新幹線を経由すると乗り換え時間を考慮しても50分ほどで着くことが出来ます。料金も350円アップするだけで済みますしね。
150601 007

 富山地方鉄道の特急はそれほど頻繁に運転されないので、新幹線ルートがこれからのメインルートになりそうです。富山地方鉄道としてはなにか手を打たないと厳しい状況に追いやられることになりますね。
150601 009

 新幹線からの乗り換えのために新設されたこの新黒部駅も新幹線からの観光客を受け容れるには貧弱な駅のように感じました。僕の訪問時は平日の朝なので、観光客はまばらでしたが休日のときは観光客を裁ききれるのかどうか。基本無人駅で切符売り場もないのもどうなのかなという感じがします。一応、時間帯によってはアテンダントさんが常駐するようですが。
150601 008

富山地方鉄道本線 新黒部 8:31 ~ 宇奈月温泉 9:01

 富山地方鉄道は大好きな路線の一つなのでこれを一つの契機として頑張って欲しいです。それでは宇奈月温泉に向けて出発。
150601 012

 と、乗ったそばからトラブル発生。車両故障が発生したため次の舌山駅で降りてくださいとのこと。おいおいマジかと。壊れたのはエアコンだったみたいですが、この車両特急に使われる車両なんですよね。
150601 013

 代わりの列車は宇奈月温泉側から来るということで、待っている間に舌山駅の駅舎を拝むことが出来ました。富山地方鉄道は木造駅舎の宝庫で、まだ回れていない駅もたくさん残っているので近いうちに駅巡りをしたいなぁと思っています。
150601 017

 良い駅舎だなぁと自分はのんびりしている奥で、運転士さんとアテンダントさんが慌ただしく連絡を取り合っていました。
150601 018

 代わりの列車も無事到着し、目的地の宇奈月温泉へ。切符を買っていなかったので車内で精算。この切符は味がありすぎですね。いい物が見られてうれしくなりました。
150601 020

撮影日:2015年6月1日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

風旅記 : 2015/09/20 (日) 23:32:09

こんばんは。
富山地鉄の郊外電車にはまだ乗ったことがなく、電鉄富山駅の改札の外から少し眺めたことがあるだけなのですが、いつかゆっくりと乗ってみたいと思っています。
新幹線の開通が、この鉄道にプラスに働けば良いのですが、実際のところはどうなのでしょうね。新幹線からの乗り換え客を新駅で拾って、収入につながる状況になっていれば良いですね。
たくさんの木造駅舎が残っているうちに訪ねて、微力ながらにこの私鉄を応援したいものです。
いつも楽しませて頂いております。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

PoW⇒風旅記さん : 2015/09/24 (木) 00:27:07

富山地鉄の風景は本当に素晴らしいものばかりなので是非とも訪問されてください。
新幹線開通による需要増と既存客の新幹線への流出による収入減とどちらが多いのかが気になるところです。
富山地鉄はアルペンルートの玄関口でもありますので、そちらの方の収入と合わせて頑張って貰いたいですね。
雪国での木造駅舎は補修などが大変だと思いますので、早めの訪問が吉だと思います。
僕もそろそろ再訪しようかと思っています。

管理人のみ通知 :

トラックバック