糸魚川駅で再会 キハ52

日本海ひすいライン 直江津 18:00 ~ 糸魚川 18:41

 乗り潰しは完了しましたが、もう一駅だけ訪問するため日本海ひすいラインへ。
150531 218

 それがここ糸魚川駅。北陸本線からえちごトキめき鉄道へと移管され北陸新幹線の駅もある駅ですが、JR大糸線だけはJRとして残っています。
150531 220

 大糸線の左側、現在の新幹線ホームがある場所には、かつて立派なレンガ作りの車庫がありました。糸魚川駅のシンボル的存在だったレンガ車庫。新幹線の工事に伴い、取り壊されたときは悲しい思いをしたものです。

 そのレンガ車庫ですが、新しい新幹線の駅舎の前に一部だけ復元されてモニュメントとして保存されることになりました。それがこちら。
150531 246

 多少ハリボテ感がぬぐえませんが・・・・。どうでしょうね。奥にはかつて大糸線で活躍していたキハ52の姿が見えます。こちらの方は久しぶりに会えてうれしい。
150531 248

 キハ52の方は、新幹線駅舎内に作られた糸魚川ジオステーション内に静態保存されていて中を見学できるようになっていました。
150531 227

 大糸線で活躍していたキハ52は3両あって、1両はいすみ鉄道へ譲渡されて現在急行として運行中、1両はこちらで静態保存されています。さて、もう1両はどこに行ったんでしたっけね。
150531 230

 大糸線で現役のキハ52に乗ったのは一度だけ。これでもっと旅が出来れば良かったのにな。
150531 234

 こういう味のある車両はもう二度と生まれてこないでしょうね。
150531 235

 昭和の時代を活躍した名列車たちを今こうして愛でるように、将来、今現役で走っている車両を愛でるようになる日がくるのかなぁ。あんまり想像できないけど。

 ただ、キハ52が全国各地でバリバリに現役で走っていた頃は、鉄道ファンはキハには目もくれず廃止されそうなSLばかりを追いかけていたと聞くのできっとそういうものなのでしょうね。
150531 238

北陸新幹線はくたか571号 糸魚川 19:30 ~ 富山 19:57

 それではこの日も宿は富山なので、新幹線で一気にワープ。在来線だと1時間15分もかかるこの区間が新幹線だと30分以内に着いてしまうとあればやはり便利なことに変わりは無いなと実感したのでした。
150531 254

撮影日:2015年5月31日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

キハ52-125 : 2015/09/13 (日) 21:33:40

こんばんは。

後の1両(キハ52-115)は、岡山県の津山扇形機関車庫で保存展示されています。
ご安心ください。

burning s : 2015/09/14 (月) 04:41:30

2月に糸魚川駅訪問しましたが僕が知ってる駅でなくなり
新幹線が開業が迫ってるのがひしひしと感じました。
新幹線の為に取り壊された煉瓦造りの車庫の一部が残ってますが
在りし日のキハ52と一緒だった時を思い出します。

大糸線がJRで残ってるものの在来線ホームにはくたかや北越といった
名優的特急列車がいないのは本当に寂しいです・・。

PoW⇒キハ52-125さん : 2015/09/15 (火) 23:56:44

キハ52-125さん、情報ありがとうございます。
岡山にいるんですね。
津山ですか、会いに行こうかな。

PoW⇒burning sさん : 2015/09/16 (水) 00:09:32

キハ52にレンガ車庫、糸魚川駅は昭和を代表するすばらしい駅でした。
長大な駅に1両編成の列車が止まるだけとなってしまったのは寂しい限りです。
3セクが力を合わせて特急列車を走らせられるようになるといいなと思っているんですが。

管理人のみ通知 :

トラックバック