妙高はねうまライン 二本木駅

 二本木駅で途中下車。ここの見所は新潟県内では唯一となったスイッチバックの駅ということですね。乗車してきた列車がスイッチバックして発車してくる様子を見てみることにしましょう。
150531 168

 通常、スイッチバックする場合は運転士さんが進行方向の運転台に移動して運転するのが一般的だと思いますが、ここは運転士は位置を変えず文字通りバックして進みます。後方の安全確認は車掌さんが担います。この方式はJR時代と同じですね。
150531 174

 ホームを出た列車は本線から離れ、折り返すための側線へと入っていきます。
150531 177

 その後、再び進行方向を変えて左手の直江津方面へと進んでいきました。
150531 183

 列車が居なくなりひっそりとしたホーム。基本的にこういう構造の駅は山の中にあることが多いので、どうしても利用者は少なくなります。そこが良い雰囲気を醸し出してくれるともいえるのですが。
150531 186

 あと、スイッチバック駅には立派な木造駅舎があることが多いことも特徴でしょうか。
150531 198

 時間限定ではありますが、有人駅でありました。スイッチバックの駅の中では利用者の多い方へ分類出来る駅なのかもしれませんね。
150531 189

妙高はねうまライン 二本木 17:09 ~ 直江津 17:50

 それではラストスパートへ。
150531 200

 途中、脇野田駅改め上越妙高駅を通過。北陸新幹線の駅が作られたこの地ですが、JR時代は一日の平均利用者が200人に満たないこの場所に、果たして新幹線の駅が必要だったのかどうか。新幹線効果で開発が進むのか、無駄な駅として名を残すのか見物ではあります。
150531 214

 とりあえず、直江津に到着して北陸新幹線開業に伴う新規路線を全て走破いたしました。3セクに移管された区間も運用面の課題は多いですが、駅に関しては大きな変化も見られずひとまず安心したというところでした。今後、どうなるかは分からないところはありますけどね。
150531 217

撮影日:2015年5月31日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR #1,5-10
+DA 55-300mm F4-5.8 ED #2-4


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック