近鉄田原本線

近鉄田原本線 新王寺 12:35 ~ 西田原本 12:57

 次の路線は田原本線、近鉄の路線では唯一他の路線から孤立している路線です。駅も生駒線の王寺駅のすぐ横にあるにも関わらず新王寺駅。あと悲しいかなスルッとKANSAIフリーチケットの対象外路線なので乗車には乗車券を購入する必要があります。
150505 058

 元々は大和鉄道によって開業した路線で、古い地元の方は今でもこの路線のことを「やまてつ」と呼ぶのだとか。近鉄はたくさんの鉄道会社を合併してきた鉄道会社なんですね。一つ一つの路線のルーツを調べていくと、また、違ったおもしろさが出てきます。
150505 062

 全線単線で路線距離は10.1キロ、駅数8駅。
150505 065

 眼下にJR関西本線と和歌山線との分岐点を眺めつつ、出発進行!
150505 067

 途中、箸尾駅で列車交換。単線だからこういう待ち時間ができますね。こののんびり進んでいく感じがいいです。
150505 072

 都会の大量輸送と地方のローカル線の2つの顔を持つ近鉄電車。
150505 075

 終点の西田原本駅に到着。こちらも行き止まりの駅。実際は、この手前に橿原線との連絡線が敷かれており完全な孤立路線ではないんですね。
150505 077

 田原本線の西田原本駅と橿原線の田原本駅。乗り継ぎのお客さんにしたらちょっとめんどくさいですが、大和鉄道に思い入れのある方からすればこうして別路線として残っている姿はうれしいんじゃないでしょうか。
150505 081

 田原本線は大和鉄道開業から含めるともうすぐ100周年を迎えるそう。こういう歴史ある路線が地元の足として活躍し続けているという光景はやはりいいもんだなと思いました。
150505 086

撮影日:2015年5月5日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック