唐人駄馬 唐人石巨石群

 足摺岬での寄り道をもう1つ。松尾漁村までの道のりをホテルの方に聞いたときに、ここもオススメの場所だから時間があれば寄ってみてと言われたところを訪問しようと思います。
 そこは海岸線ではなく山の方にあるんですが、そこに向かう道がまた狭くて大変でした。某ディレクターに近道が見つかったぞーって言われて通る道のような(笑)。何メートルも離合不可能な道幅の道が続き、これが四国の道かぁと感慨深いものがありました。
150502 026

 やってきたのは唐人石巨石群。どうやってやったのかよく分かりませんが、小高い森の中に大量の巨石が集まった場所があります。
150502 064

 中に入っていくと突然現れる巨石群。
150502 028

 大小様々な形の巨石が積み上げられており、その中には亀石と呼ばれる亀の形をしたものも。これってやっぱり人の手によって作られたものですよね。周辺の遺跡からは縄文時代から弥生時代の石器や土器が出土しているとも。
150502 031

 向こうに見える平地の部分は唐人駄馬公園。前述の石器や土器はこの辺りから出土しているそうです。ここには世界最大とも言えるストーンサークルがあったそうなんですが、公園の整備のために全ての石を撤去してしまったみたいなんです。やってしまいましたね。。。
150502 033

 その代わりと言ってはなんですが、こちらの巨石群は昔の状態を保っているようですね。まぁ、ここの石を撤去するとなると大変ですし。
150502 044

 安全は自己責任ではありますが、ここでは巨石の上に立つことも出来ます。素晴らしい見晴らし、そして、こんな巨石をどこから持ってきたのか謎は深まります。
150502 045

 鬼の包丁石と呼ばれる先の尖った石。
150502 051

 親指を立ててグッド!っと言ってるような石も。
150502 060

 なかなか面白く、そして不思議な場所でした。
150502 034

撮影日:2015年5月2日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック