佐田の沈下橋

 土佐くろしお鉄道中村線の中村駅で下車。清流四万十川で有名な四万十市の代表的な駅、四万十川や足摺岬への玄関口でもあるので立派な駅舎が出迎えてくれました。
150501 027

 さて、ここかはら列車の旅から少し離れてレンタカーでの旅へ繰り出すことにしましょう。以前までは乗り潰しにとらわれて、観光するというところまで意識がいきませんでしたが、あらかた乗り潰してしまった今ではこうしてその土地をゆっくりと廻りたいという思いが出てきています。
150501 028

 車で走ること約20分、最初の訪問地がこちら。佐田の沈下橋。正式な名称は今成橋といいます。
150501 030

 沈下橋というのは、川が増水したときに水没することを前提に作られた橋のこと。通常の橋は、増水時を考慮して両サイドに一段高い堤防を作り、そこから橋を架けますが、沈下橋は河川敷とほぼ同じ高さに位置します。橋が水没した際に流木などで橋が破壊されることを防ぐために欄干がありません。
150501 033

 全景を見るとこんな感じ。すごいですねぇ。四万十川にはこういう沈下橋がたくさん架けられています。佐田の沈下橋はその中で一番下流にあって最長の距離を誇るそうです。
150501 051

 町から近いこともあって観光客も多いです。
150501 035

 しかし、この橋は観光用の橋では無くて生活用道路なのでこうして車も普通に通行します。訪問時は、観光客の車やタクシーばかりでしたけど。
150501 037

 この橋は一部道幅が広くなっているところがあり、すれ違いはそこで行うみたいです。って、無理無理。
150501 042

 清流四万十川の景色。素晴らしいですね。
150501 039

 屋形船もあって完全に観光地化されていますね。
150501 048

 四万十川を代表する風景。これは一見の価値ありだと思います。
150501 064

撮影日:2015年5月1日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ねじまき : 2015/06/16 (火) 08:28:48

ここ、中学生の頃に中村駅からレンタサイクルで来たことあります。
自転車で走るとまあまあ遠かった記憶が…。

予土線の江川崎と中村の間を片道自転車利用して巡ることも可能みたいですよ。
沈下橋が何本かありますし、途中廃校を活用した宿泊施設もあり、
一度やってみたいと思っています。

それにしても相変わらずの好天てますか。
自分の時はやっぱり曇天だったので、昔から天気運はなかったようです(笑)

PoW⇒ねじまきさん : 2015/06/16 (火) 22:42:55

はい、晴れ男のPoWです。
もし晴天の時に訪問したい地がありましたらお呼びください(笑)。

中村駅からのレンタサイクルだとちょっと遠いですね。
まぁ、行けない距離ではないとは思いますけど。

予土線はサイクルトレインという自転車持ち込み列車を運行させていますね。
沈下橋巡りはやってみたい気がします。

管理人のみ通知 :

トラックバック