屋島ケーブル廃線跡 屋島山上を目指して

 また、しばらく更新が途絶えてしまってすいません。6/1(月)が会社の創立記念日で休日だったので5/30(土)から旅に出ていました。遅ればせながら北陸新幹線が開業した北陸への旅。JRから三セクへ移管した鉄道を中心に廻ってきました。その模様はいずれまた。

 話はGWの四国旅に戻って、屋島ケーブルの廃線跡屋島登山口駅を訪問したところから。麓の駅を見た後は、山頂の駅も見たくなるのが心情ってものですよね(笑)。さすがに、ケーブル跡を徒歩で登るわけには行かないので公共交通機関を使います。

屋島山上シャトルバス ことでん屋島 8:45 ~ 屋島山上 8:55

 ちょうど駅前からシャトルバスが出ているのです。屋島ケーブル廃止に伴って出来た交通手段だと思われます。本数は1時間に1〜2本。ケーブルカーのときよりは少ないと思いますが、利用者数的にはちょうどいいのかなと思います。
150430 049

 料金はたったの100円。屋島ケーブルが片道700円もしたことを考えると破格の安さですね。このバスは屋島ドライブウェイを走ります。屋島ドライブウェイといえば上り坂なのに目の錯覚で下り坂に見えるという、屋島ミステリー坂というものが存在します。水曜どうでしょうでも取り上げられてましたね。でも、バスからはよく分かりませんでした。
150430 050

 10分ほどで屋島山上に到着。駐車場はけっこう広々。
150430 054

 さて、ここからが問題。僕は屋島ケーブルの屋島山上駅に向かいたいんですが、この駐車場からは少し離れた場所にあります。しかも、すでに廃止された駅とあってどこにも案内がないんです。google mapで調べようにも繋がらないSoftBankのお陰で調べられず。しょうがないので人気のなさそうなこの道を進むことにしました。
150430 055

 しばらく進んでいくと巨大な建造物が現れました。これ旅館みたいなんですが、完全に廃墟と化していました。
150430 056

 かつての屋島の繁栄を示すかのような大きな旅館。当時は相当な数の観光客が訪れていたのでしょうね。一般の旅行客だけでなく会社の研修旅行なんかにも使われてそうな感じがしました。だいたいそういう旅館がどんどん潰れていってるような気がします。
150430 065

 もの凄く見晴らしのいい立地です。まさにバブリー。
150430 066

 いやほんとに素晴らしい見晴らしです。ですが、今の時代にここに一泊するっていうのはやっぱりないですね。2002年閉鎖ということらしいので屋島ケーブルの廃止より一足早く潰れてしまったということになります。
150430 072

 さて、廃旅館から更に進んでいくとへんろ道の案内が、この道はどうやら屋島寺から八栗寺へのへんろ道だったみたいです。
150430 067

 この先は道無き道を進めということらしいです。お遍路さんも本当に徒歩で廻ると大変ですね。
150430 068

 さらに進んでいくとT字路に出くわしました。手前が今来た道、右手側は屋島寺などがある観光スポット、そして左手側が今回の目的のものがある方向だと思われます。奥に看板がありますが、左手側の案内はなにもなしでした。
150430 073

 それにしても、ここまでそこそこ歩いています。屋島ケーブルは屋島観光の交通の足でしたが、観光スポットからはちょっと離れすぎなのかなぁとも思いました。ようやくお目当ての物件が見えてきましたよ。
150430 074

撮影日:2015年4月30日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

とんぼ : 2015/06/03 (水) 22:02:17

昔 観光旅行で訪れた時 カワラケ投げをしたんですが 今もありましたか?
屋島の上から見下ろす景色は良かったです。

PoW⇒とんぼさん : 2015/06/05 (金) 00:39:52

カワラケ投げがあったかどうかは分かりません。
屋島ではこの廃駅と屋島寺を訪問しただけで時間切れになったので、ちゃんとした観光地はほとんど行かなかったんですよね(苦笑)。

管理人のみ通知 :

トラックバック