リゾートしらかみで五能線を行く

 東能代駅で方向転換、五能線へと入ります。五能線は多くの区間で日本海の海岸線を走る車窓の素晴らしい路線。しかしその代償として、特に冬の季節は強風や高波などで遅延や運休が多い路線でもあります。運転本数が絶望的に少ないというのも残念なところです。
141220 021.jpg

 列車は程なくして能代駅へ。能代市の中心地に位置する駅ですが、何故か奥羽本線からは外れて五能線に所属しています。時間の早い便だとここで数分間の停車時間があり、ホーム内にあるバスケットコートでフリースローチャレンジのイベントがあります。残念ながらこの便はすぐの出発。
141220 022.jpg

 五能線は多くの駅があり、駅巡りをしたい路線の一つなんですが運転本数を考えると難しいですね。何度か乗車している区間ですが、だいたいリゾートしらかみで駆け抜けるばかりになってしまいます。
141220 026.jpg

 単線非電化のローカル線のお手本のような風景。
141220 029.jpg

 五能線のハイライト、日本海が見れる区間にさしかかってきました。
141220 031.jpg

 列車も車窓のいい区間では速度を落として運行してくれます。
141220 033.jpg

 この日は荒れ狂う日本海というよりは穏やかな日本海でした。まぁ荒れ狂う日本海になってる場合は列車そのものが運休になってしまうのですが(笑)。
141220 042.jpg

 冬の東北は日が暮れるのが早い。ウェスパ椿山駅に到着した当たりから、車窓を撮るのは辛くなってくる明るさに。時刻的にはまだ16時過ぎたくらいなんですけどね。
141220 044.jpg

 深浦駅では対向のリゾートしらかみと列車交換するため数分間の停車。ブルーモーメントの時間帯、この時ばかりは三脚が欲しかったですね。
141220 045.jpg

 青い車体のリゾートしらかみ、こうして撮るとなんだかブルートレインみたいに見えます。
141220 047.jpg

 この先は日も完全に落ちて車窓は見れなくなったので、車販でアルコール類を調達して呑み鉄に勤しんでました(笑)。こういう旅が出来るのは観光列車ならではですね。

 五所川原駅で数分の停車時間があったので酔い冷まし。
141220 049.jpg

 五能線の終着駅、川部駅でも数分間の停車。ここはいい感じの木造駅舎が残っています。明るい時間帯に再訪したい。
141220 050.jpg

 終点の青森駅に到着しました。久しぶりのリゾートしらかみ・五能線でしたが、やはりいい路線です。いつかは五能線をメインに旅の行程を組んでみたいなと思った旅路でした。
141220 052.jpg

撮影日:2014年12月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック