北陸鉄道 廃止された駅を目指して

 北陸鉄道石川線、現在の終点は鶴来駅ですが2009年まではもう少し先まで列車が運行されていました。その終着駅、加賀一の宮駅には木造駅舎もあったということで今回徒歩で訪問してみることにしたのでした。
140913 100.jpg

 その加賀一の宮駅までの経路にある鶴来の町並みもいい感じでありました。
140913 102.jpg

 かつてはここが加賀の中心地だったようで、古い建物が続きます。
140913 103.jpg

 Googleマップの案内に従い歩いてきただけですが、思いがけずいい町並みに出会うことが出来て良かったです。
140913 107.jpg

 加賀一の宮駅周辺まで来ると架線の跡が見えてきました。線路は雑草で覆われていて見えませんが、これは廃線跡ですね。向こう側は鶴来駅方面です。
140913 108.jpg

 ということは、この反対側へ廃線跡にそって歩いて行けば駅まで到達出来るだろうと、廃線跡の横にあった小道を進んでいくことにします。
140913 109.jpg

 雑草の少ないところからは線路も見ることが出来ました。どうやら線路は剥がされずに残っているようですね。残されているというよりは、放置といった方が正しいのかもしれませんけど。
140913 110.jpg

 がんばれ石川線の看板が悲しい。「乗って守ろう」では守れないのが地方ローカル線の悲しい現実です。
140913 112.jpg

 お、駅舎跡が見えてきた。と思ったら裏側だった。どうしよう。
140913 113.jpg

 どこか渡れるところは無いかともう少し先に進んでみることにします。
140913 115.jpg

撮影日:2014年9月13日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック