富山ライトレール 岩瀬浜駅からショートカット

富山ライトレール 東岩瀬 9:36 ~ 岩瀬浜 9:39

 終点の岩瀬浜駅に到着しました。
140913 018.jpg

 富山港線時代には木造駅舎もあったようですが、今ではスッキリとした駅構造になっています。
140913 024.jpg

 駅の前はロータリーが広がっていて、ホームの反対側にバス停が設置されており、列車の時間に合わせてフィーダーバスがやってきて周辺住民の足となっています。列車とバスをうまく使って利便性を高めているのも富山ライトレールが成功している一因ですね。
140913 026.jpg

 さて、富山ライトレールの旅はここまでで折り返しの列車を見送ります。
140913 025.jpg

 この後のルートが初日の目的。射水市コミュニティバスに乗ってショートカットを実行します。この射水市コミュニティバスは土日・祝日限定で運行されるバスでこれを利用すると富山ライトレールを戻ること無く万葉線へと接続することが出来ます。
140913 001.jpg

射水市コミュニティバス 岩瀬浜駅 10:05 ~ 新港東口 10:31

 万葉線初訪問の際にその存在を知ったルートですが、そのときは平日の訪問でこのバスの運行がなかったので諦めた行程でした。

 やって来たのは小さなマイクロバス。地方のコミュニティバスではこの手のタイプが多いですね。
140913 002.jpg

 バス乗車時の写真はないので一気に進んで新港東口で下車。このまま乗っていても万葉線の越ノ潟駅まで向かうことが出来ますがやっぱりこのルートでいかなくちゃ。ということでそれは次回へ。
140913 003.jpg

撮影日:2014年9月13日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

とんぼ : 2015/01/06 (火) 15:59:25

TVの ローカル路線バス乗り継ぎの旅 でも コミュニティバスが 路線をつなぐ
重要なバスとして よく登場します、
地域の日常の足として 必要とされていますね。

新幹線主体の今の鉄道事業では ますますローカル路線の鉄道は隅に追いやられて 消えていくでしょう 
自治体の運営するコミバスは益々 必要になるでしょう
でないと高齢者は引き籠りに成ってしまいます。

つくづく この国は 年寄に優しくない国だな と成らないで欲しいです。

年が明けて 安倍さんの話を聞いていて そんな事考えました。。

風旅記 : 2015/01/06 (火) 18:07:54

こんにちは。
富山はLRTの導入に積極的でこの先もどのように街が変わっていくのか見て行きたくなりますね。
富山ライトレールも、従前よりも利便性が上がり、地域にとって良い方向に変化したのではないでしょうか。
終点の岩瀬浜から先へも昔は線路が伸びていたと聞いたことがあります。往時の様子も振り返りながら、この路線の将来を応援したいと思っています。

もしよろしければ、相互リンクをご検討頂けませんでしょうか。
旅の様子を楽しく拝見しています。

今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

PoW⇒とんぼさん : 2015/01/08 (木) 01:20:45

 そもそも新幹線は地域の交通とセットで利用しないと、地方の活性化にはならないのに、並行在来線は三セク移行とかいう変な法律を作っておかしくなりましたね。
 これでは本来の目的を果たせずに、ただ新幹線を作りましたになってしまいます。

 新幹線 - 在来線 - 路面電車やコミュニティバスと連携した街造りが出来るといいのですけど。そういう意味では富山市はまだ期待できますね。

PoW⇒風旅記さん : 2015/01/08 (木) 01:25:48

富山は多種多様な鉄道が走っていて、しかもそれが、生活の足としてちゃんと機能している。
鉄道ファンとしてもかなり魅力的な都市だと思います。
これ以上新幹線が増えるのは否定的なんですが、富山の街がどのようになっていくのかは興味がありますね。

相互リンクの申し出ありがとうございます。
もちろんOKですよ。
こちらからもリンク張らせて頂きますね。

今後ともよろしくお願いします。

風旅記 : 2015/01/08 (木) 11:18:10

こんにちは。
早速のリンクのご掲載ありがとうございました。
当方も掲載させて頂きましたので、お暇がございましたらご確認頂ければ幸いです。

私も新幹線だけに偏った設備投資には否定的です。
鉄道は、全体の互換性が大事ですので、在来線、新幹線、リニア、新交通システムと、複数の企画が混在している時点で、パフォーマンスを損なっている側面があります。
今後、進化した鉄道貨物輸送や、東日本大震災後に貨物で見られたようなフレキシブルな運行をいかに実現していくかを考えたときに、日本は狭軌を進化させ、フリーゲージトレインを開発していくのが良いのではないかと思っています。
街を活かし、街に活きる鉄道をこれからも見ていきたいですね。

今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

PoW⇒風旅記さん : 2015/01/18 (日) 02:24:16

風旅記さんのblogを拝見させて頂きました。
すてきな写真が多いですね。

今後ともよろしくお願いします。

管理人のみ通知 :

トラックバック