階段国道を歩く

 青函トンネル記念館、竜飛崎灯台ときて次に訪れたスポットは国道339号線、通称階段国道と呼ばれている所です。
140816 148.jpg

 なんと国道なのに階段しか無く自動車が通ることが出来ません。完全に公園の遊歩道みたいな感じですが、これでも立派な国道なんです。こういう物珍しさもあって竜飛崎灯台と合わせて観光スポットになっています。
140816 150.jpg

 階段国道が誕生した由来はいろいろあるみたいですが、国道を指定した役人さんが地図を見ただけで国道に指定して、後から車の通れない道だと気付いたというのが一般的みたいですね。近くには車の通れる道も整備されているので、本来ならそちらに国道の称号を移すべきなんでしょうけどそのままになっています。
140816 154.jpg

 役人さんの頭が硬いんだか柔らかいんだか分からないような経緯で今に至っている階段国道ですが、こうして観光スポットとして有名になったんだから、その判断は成功だったと思いますね。
140816 155.jpg

 一番下まで降りてきました。
140816 162.jpg

 この階段国道、階段部分の所は有名ですが、実はこのような路地の部分もあるんです。この部分も国道なんですねぇ。
140816 164.jpg

 国道という称号が無ければただの路地ですが、国道と付くだけで観光スポットになる。国道に指定した役人さんグッジョブです(笑)。
140816 166.jpg

 車の走れる国道339号線の地点に合流しました。写真の手前から339号線が続いてきて、このまま奥の方へいかずに左手の路地に向かうのが339号線のルートになるんです。
140816 171.jpg

 三厩駅からのコミュニティバスで訪れる場合は竜飛漁港で降りると便利です。ただ、冬の間は階段国道は閉鎖されるようなので興味のある方は春になってからお越しくださいね。
140816 176.jpg

撮影日:2014年8月16日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

burning s : 2014/12/15 (月) 03:16:52

こんばんは。

津軽海峡の先っちょの竜飛崎や青函トンネル記念館は
学生の時に行きましたが記念館のケーブルカーには乗れませんでした(泣)

国道なのに階段があるのかと驚きましたが今となっては
観光名所としての地位があるからヨシでしょうね。
路地部分は民家があって生活感満点のスポットになってて
ここも国道だからすごい所にあるなと思い出しながら
行ったのを記憶してます。

三厩駅からバスで行かないと行けない場所だから
間違いなく1日はとられますが再訪したいです。

PoW⇒burning sさん : 2014/12/16 (火) 00:49:10

本当に面白いスポットですよね。
本州の先っぽにこれだけいろんな見所が詰まっているというのも。

竜飛海底駅が健在であれば、もう少し時間短縮できたんでしょうけど、今は一日がかりでの訪問になりますね。
でも、回るところはたくさんあるので一日掛ける価値はあると思いますよ。

ねじまき : 2014/12/16 (火) 08:28:52

酷道ファンでもある自分にとっては、階段国道は憧れの地です。
とか言いつつ、今夏の旅では三厩の町をちょっと歩いただけで折り返してしまったのですが…。
記事を拝見してると、長時間滞在でも退屈しないくらいに見所がありますね。
もっとアピールすれば良いのに…。
竜飛はいつか車で旅する機会に訪れてみたいですね。

PoW⇒ねじまきさん : 2014/12/19 (金) 01:50:04

おぉ、酷道ファンでもありましたか。
でも今回の三厩駅はすぐに折り返しだったのですね(^_^;)

確かに三厩の観光スポットってあまり知名度ありませんね。
個人的にはその方が落ち着いて訪問出来るのでいいんですけど、廃れて無くなってしまうよりはもっとアピールして賑わった方がいいですね。
新幹線開業後は更に津軽線の利用者が減るでしょうから、こういう観光需要を取り込む工夫をしないといけませんね。

管理人のみ通知 :

トラックバック