三陸鉄道北リアス線 田老駅

さんりく北リアス号 一の渡 12:49 ~ 田老 12:57

 さて次の駅へと進むのですが、珍しい列車がやってきました。この列車はさんりく北リアス号。JR山田線と三陸鉄道とを結ぶ観光列車で、夏の間だけ運行されていました。先ほどの回送列車は、この列車を通すために行き違いが出来るこの駅まで来たということだったのでしょう。

 この車両はJR東日本のキハ58“Kenji”というらしいです。"Kenji"とうのは宮沢賢治に因んでのもののようですね。
140814 004.jpg

 せっかくの観光列車で乗り心地も良かったんですが、わずか2駅で下車。4つ目の訪問駅は田老駅です。
140814 015.jpg

 ここまで内陸部を走ってきた三陸鉄道ですが、ここで一旦沿岸にでるので津波の被害の跡を見ることになります。震災前の姿を知りませんが、きっと街が広がっていたのだと思います。
140814 010.jpg

 以前は物産センターを兼ねた駅舎も存在したようですが津波の被害により無くなってしまったようです。
140814 021.jpg

 更地が広がる。ここに街が蘇る日は来るのでしょうか。
140814 022.jpg

 田老駅は震災後の象徴的な存在になったので多くの観光客がやってきます。僕の訪問時も観光バスでツアー客がやってきてました。
140814 025.jpg

 改めて津波の恐ろしさが分かる光景。
140814 030.jpg

 高台にあって津波の難を逃れた方々だけが田老駅の周辺に住んでいるような状況でした。もう一度、沿岸部に街を再建するかどうかの判断は難しいところです。
140814 031.jpg

 田老駅周辺の復興が今後どうなるのか・・・、注目して見ていきたいと思います。
140814 026.jpg

撮影日:2014年8月14日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 17-70mm F4 AL[IF] SDM #1-3,6,9
+ DA 12-24mm F4 ED AL [IF] #4,5
+ DA 55-300mm F4-5.8 ED #7,8


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック