大船渡線BRT 気仙沼駅〜陸前高田駅

大船渡線BRT 気仙沼 13:29 ~ 陸前高田 14:02

 気仙沼線BRTの次は大船渡線のBRTで更に北上します。気仙沼線BRTは新しくホームが出来ていましたが、大船渡線BRTは1年前と同じく駅前のターミナルからの出発でした。
140813 095.jpg

 今回もかぶりつき席に座って出発進行。
140813 096.jpg

 大船渡線BRTは営業キロ43.7キロに対して専用道の運用が始まっている区間は13.7キロとまだ多くの区間を一般道を走ります。
140813 097.jpg

 また、上鹿折駅・陸前矢作駅・竹駒駅は内陸部に存在する駅ですが気仙沼駅から盛駅まで直行するBRTは沿岸部の国道を通るため直行便はこれらの駅には行かなくなりました。それぞれ区間運行のバスが運行されているので駅自体には到達出来ますが、きちんと乗り潰しするならそれぞれの便にも乗らないと行けないかなと思ってしまいますね。
 自分のルールでは一番ユルく直行便でOKということにしているんですが、いずれ機会を見てそれぞれの駅にも訪問してみたいです。

 この辺りは鹿折唐桑付近だったかな。確かこの近くに大型漁船が打ち上げられたんですよね。1年前はその姿をみることが出来ましたが、いまでは完全に撤去されたみたいです。
140813 098.jpg

 ふと左手を見ると大船渡線の線路が。右手は更地が広がっていたのでこの辺りが津波の被害を受けた境界線なのでしょうか。
140813 099.jpg

 そしてしばらく進むと、津波の被害が一番大きかった陸前高田を進んでいきます。といっても跡形がありません。逆にたくさんのベルトコンベアが立てられていました。
140813 101.jpg

 どうやら高台を切り崩してその土砂で盛り土をして、最大10メートルのかさ上げをした後に市街地を再建する計画なのだそうです。
140813 103.jpg

 この辺り一体かさ上げされて、その上に街が作られるということなのか。壮大な計画ですね。現状からは完成図が想像出来ませんが、ここに街が再び蘇るなら凄いことです。
140813 104.jpg

 街の復興を待つように現在の陸前高田駅は高台に設置されています。僕の乗車したBRTはここまでなのでここで一旦下車。
140813 108.jpg

 色んなバスのバス停が並ぶ陸前高田駅。バス停の名前が全部違うのもちょっと面白いです。
140813 109.jpg

 仮駅舎ですがみどりの窓口もしっかりあるのです。
140813 113.jpg

撮影日:2014年8月13日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック