長崎さるく 大浦中央市場/蓬莱市場の今

長崎バス 小菅町 11:48 ~ グラバー園入口 11:52

 長崎さるく、バスでグラバー園入口まで戻ってきて市電の石橋電停方面へと歩きます。後ろの急斜面の所にもびっしりと住宅が建ち並んでいるこの風景は長崎らしいなって思います。
140503 047.jpg

 次のターゲットはこの石橋電停の付近になります。ここはグラバー園の最寄り駅でもあるので、駅周辺は観光客でいっぱいなんですが。
140503 048.jpg

 ちょっと路地に向かうとこのような寂れた姿が現れます。
140503 051.jpg

 実はこの寂れた空間がお目当ての場所でした。3年前に当blogとも相互リンクをさせて頂いているねじまきさんの懐かしい風景を求めてで紹介されていた風景をどうしても自分の目でも見たくて今回訪問したのでした。しかしあれから3年も月日が経っているので当時の状況よりも更に寂れたものになっていました。

 この界隈には2つの市場があるんですが、その1つの蓬莱市場。残念ながら入口は完全にシャッターで閉ざされていて中に入ることは出来ませんでした。リンク先のねじまきさん訪問時もかなりの廃れっぷりでしたが、もう完全に死んでしまったのでしょうか。
140503 052.jpg

 その隣にある大浦中央市場は辛うじて生きているようです。
140503 053.jpg

 しかし、僕が訪問した時に開いていたお店は入口にある鮮魚店だけであとはシャッターが下ろされていました。
140503 055.jpg

 薄暗いシャッター通りを歩く。通り抜けすることは出来ますが、もう市場としての役割は果たして無い気がします。
140503 003.jpg

 消費税を3%に戻せという張り紙がまだ残っていることから、ここはもう時代から置いて行かれたんだなぁと実感してしまいました。
140503 001.jpg

 大浦中央市場の反対側の出口はこんな感じ。ちょうどこの記事の3枚目の写真の位置に出るんですが、シャッターが半分しか開けられてない状態で、知らない人が見ればここが市場だなんて思わないですね。
140503 004.jpg

 付近にはまだやっているお店もあるにはあるんですが、思ったよりも衰退がすすんでいて残念な気持ちになりましたね。
140503 014.jpg

 もう少し早くに訪問出来れば良かったなぁ。
140503 016.jpg

撮影日:2014年5月3日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 55-300mm F4-5.8 ED #1
+ DA 17-70mm F4 AL[IF] SDM #2,4-11
+ DA 12-24mm F4 ED AL [IF] #3


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ねじまき : 2014/09/03 (水) 12:54:24

拙ブログへリンク頂いて有難う御座いました。
蓬莱市場は完全に死に絶えてしまったんですね…。
そして大浦中央市場も風前の灯ですか。
この夏にも長崎に行ったのですが泊まっただけで、町はスルーしてしまいました。
が、駅近くの大黒市場と恵比須市場が全て解体され、
ただの川になっていたのは見ました。ビックリしました。
(市場は暗渠の上に建っていました)

とんぼ : 2014/09/04 (木) 15:46:19

佐世保のトンネル横丁も昭和の香りがします。
中に 防空壕の跡を利用した食堂があります。
TVでも紹介されたのかタレントさんの色紙が沢山ありました。

PoW⇒ねじまきさん : 2014/09/06 (土) 15:57:23

ねじまきさん、返信が遅くなってすいません。

そうなんですよ、もう市場は風前の灯でした(悲)。
本当は大黒市場や恵比寿市場も見たかったんですが・・・。
こういう市場の役目はもう終わってしまったんでしょうねぇ。

PoW⇒とんぼさん : 2014/09/06 (土) 15:59:10

とんぼさん、返信遅くなってしまってすいません。

それ行ってみたいですね。
まだまだ健在の横丁なんでしょうか。
今度佐世保に行くことがあったら寄ってみたいと思います。

管理人のみ通知 :

トラックバック