予讃線 高松〜伊予西条

■2014年4月27日(日)

 GWの旅2日目は、高松駅からスタートします。この日使った切符は「四国再発見早トクきっぷ」。1日だけJR四国の普通列車が乗り放題になるフリーきっぷです。四国版の18切符みたいなものですね。
IMG_4544.jpg

南風リレー号 高松 8:57 ~ 多度津 9:47

 一番ランナーは南風リレー号。何がリレー号なのかというと宇多津駅で岡山方面から来る特急南風号と連絡しているからなんです。特別に表示があるわけでも無く、ぱっと見はただの普通列車なんですがね。
140427 003.jpg

予讃線 多度津 9:51 ~ 伊予西条 11:41

 このリレー号は多度津駅からは土讃線に入り琴平方面へと向かうので、僕は乗り換え。このまま予讃線を進みます。
140427 004.jpg

 JR四国の路線は既に全て完乗していますが、以前予讃線の多度津〜松山区間を乗車したときは、夜に特急で駆け抜けただけでしたので、実質車窓を頼みながら乗車するのは今回が初めてでした。
140427 005.jpg

 予讃線はJR四国の中で唯一電化区間を持つ路線で特急列車もバンバン走っていますが、多度津から西の区間はローカル色が強くなりますね。
140427 008.jpg

 路線も単線になるので特急の通過待ちや列車交換などで長時間停車することが多いです。
140427 009.jpg

 それがちょうどいい休憩にもなるので旅人にとっては良いアクセントになります。観音寺駅では14分の停車時間があったので外まで出てみました。
140427 003.jpg

 向こうに見えているのが今乗車中の列車。自動改札じゃ無い改札を見ると旅している気分になります。
140427 005.jpg

 どんどんと西へ進む。瀬戸内海は穏やかでいいですね。
140427 008.jpg

 伊予西条駅で乗り換えです。
140427 002.jpg

撮影日:2014年4月27日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

burning s : 2014/06/03 (火) 05:49:19

前回の四国訪問から5年経ちますが今年はもしかすると行こうかと考えてます。

四国エリアは自動改札が最も少なく北陸本線や山陰本線みたいに有人ラッチが残ってるので楽しい旅が出来そうですね。

瀬戸内海の海は僕がイメージした穏やかな雰囲気そのままかなと思います。

PoW⇒burning sさん : 2014/06/04 (水) 01:42:31

四国は非電化の区間が多いこともローカル色が強くなる所以ですね。
高松付近はICOCAが使えるようになったりと近代化が進んできましたが、他のエリアはまだまだ有人改札だったりするので良い雰囲気が味わえますね。

いつも荒れた日本海の海をみているので、瀬戸内海の穏やかさにはびっくりします。

管理人のみ通知 :

トラックバック