わたらせ渓谷鉄道 通洞駅と足尾銅山観光

わたらせ渓谷鉄道 神戸 12:59 ~ 通洞 13:29

 わたらせ渓谷鉄道の旅も後半線、通洞駅までやってきました。
131103 130.jpg

 屋根が印象的な通洞駅の駅舎。足尾銅山観光や足尾歴史館等の最寄駅でもあるため、観光客で賑わう駅の一つです。
131103 131.jpg

 駅舎の全景を撮るために人が少なくなるのを待つのにだいぶ時間がかかりました(苦笑)。
131103 134.jpg

 駅舎を記録した後は、僕も他の観光客と同様に足尾銅山観光へ。足尾銅山観光は400年にわたり栄えた足尾銅山の歴史を伝える観光施設。どんなものか興味があったので訪問してみることにしたのでした。
131103 139.jpg

 入場券を購入したらトロッコに乗車して坑内見学・・・のはずなんですが、乗車してすぐに降ろされてしまいました。
131103 140.jpg

 本来ならば、あの坑内までトロッコで行くんですが、3連休で観光客も多いこともあってトロッコは途中まで、坑内は歩いて見学してくださいとのことでした。
131103 142.jpg

 いきなり肩すかしをくらった感じですが、歩いて坑内散策。まぁ、これはこれでゆっくり見れるからいいか。
131103 145.jpg

 しばらく歩いて駅みたいな所に到着。通常ならトロッコはここまで来るんですね、といっても歩いてもすぐの距離だったんでアトラクションとしては物足りないかもしれません。
131103 151.jpg

 トロッコ終点の向こう側は立ち入り禁止。坑道の総延長は1,234キロとのことですので、迷子になったら一巻の終わりですね。そうならないように観光で立ち入れる箇所はルートが決まっているので、迷うことはありません。
131103 152.jpg

 気合いの入った造りの人形が、当時の作業の様子を伝えてくれます。
131103 156.jpg

 先に進むほど時代が進んでいくようで、作業が近代的になる様子がよく分かりました。
131103 158.jpg

 見れるところはそれほど多くなくて、回ってみるとあれ、もう終わり?って感じでしたが、駅巡りの気分転換には良かったかなと思いました。
131103 159.jpg

 足尾銅山の歴史を学ぶには、足尾歴史館という施設もあるようなのでそちらにも立ち寄ってみるといいかもしれません。銅もありがとうございました。
131103 164.jpg

撮影日:2013年11月3日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM #1-4,13
+FA 31mm F1.8AL Limited #5-12


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック