西濃鉄道の貨物線を歩く

 さて、美濃赤坂駅ではすぐに折り返さずに周辺を散策してみることにしました。実は、美濃赤坂駅は旅客線としては終点なんですが、貨物線が続いているんです。

 美濃赤坂駅から先はJR貨物では無くて西濃鉄道という鉄道会社の路線。大垣市西北部にある金生山から産出される石灰石輸送を行っている貨物専用の鉄道会社です。その貨物線に沿って歩いてみることにしたのでした。
130922 035.jpg

 西濃鉄道の貨物線は、市橋線と昼飯線という2つの路線を有していたのですが、2006年に昼飯線の方は廃止されてしまいました。今でも廃線跡が残っているようなので、そちらにも足を伸ばしてみたいですね。

 今回は市橋線の方を歩きます。
130922 037.jpg

 民家の中を縫うように走る貨物線。お店の前が線路というところも。
130922 040.jpg

 散策している間に貨物でも通ってくれるとうれしいのになぁと思っていましたが、訪問した時間には運行は無いようです。うむむ、残念。
130922 044.jpg

 しばらく歩いていると面白い光景に出会えました。神社の境内の中を線路が横切っています。
130922 001.jpg

 境内の中を線路が走っている場所というのは、全国を旅しているとそこそこお目にかかるのですが、ここは貨物線というところが貴重です。ぜひとも貨物列車といっしょに撮りたかったなぁと思いました。
130922 003.jpg

撮影日:2013年9月22日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック