BRT気仙沼線 気仙沼〜本吉

BRT気仙沼線 気仙沼 15:55 ~ 柳津 17:51

 盛駅からBRT大船渡線で引き返し、再び気仙沼駅。次はBRT気仙沼線に乗車します。気仙沼線は、気仙沼から前谷地を結ぶ路線ですが、気仙沼 - 柳津間がBRTでの復旧となっています。
130915 097.jpg

 BRT大船渡線は、ほとんどの区間が普通の道路でしたが、こちらは専用道路の整備が進んでいるようです。
130915 099.jpg

 専用道路での列車交換(バス交換?)は、こうして片方が待避スペースに停車して行います。対向のバスが接近してきたときに運転手さんのアラームが鳴っていたような気がしたので、無線かなんかでお互いの位置をやりとりしているのかもしれませんね。
130915 100.jpg

 専用道を走るバス、かつての踏切のところは、これまでと逆にバス側に遮断機があります。一般の車の進入を防ぐためもあるんですが、こちらの方が一旦停止を余儀なくされるとはね。やっぱりこれは鉄道ではないんだな。
130915 102.jpg

 場所によっては、専用道がまだ整備されていないところもあるので、一般道へ戻ったり専用道に入ったりを繰り返します。あそこはまだ線路が残っていますね。
130915 104.jpg

 再び専用道に戻って見えてきたのは、かつての鉄道駅の面影を残す駅。跨線橋と右側に駅舎も残っているのでしょうか? そこまで確認できませんでしたが、やはりショックな光景です。
130915 108.jpg

 ここがホームの跡ですね。よくみると駅標も残っています。構造から想像するに列車交換が可能な駅だったんでしょう。BRTでの復旧が、合理的であることは分かりますがこの光景はなかなか受け容れがたいものがあります。
130915 109.jpg

 本当に鉄道での復旧はもうないのでしょうか。
130915 111.jpg

 線路は剥がされても、駅としての形を残す姿を見ると諦めがつきません。なんとかならないものか・・・。
130915 112.jpg

撮影日:2013年9月15日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ダイヤモンド☆トナカイ : 2013/12/09 (月) 21:09:18

中国遠征からお帰りなさいませ!

早速ですが、やはり気仙沼線他三陸の被災地の画像を見ると胸が痛みますね。確かにBRTでの復旧は痛々しいですが、おそらくこのまま将来的にも進行すると思われます。しかしながら、たとえBRTでも地元の方の足として活躍していただけたら嬉しいですね。
そして私たちは「鉄道の歴史」がそこに存在していたのを確認できるだけでも、ある意味幸せなのかもしれません。

- : 2013/12/10 (火) 17:17:38

このコメントは管理人のみ閲覧できます

PoW⇒ダイヤモンド★トナカイさん : 2013/12/12 (木) 00:35:23

ダイヤモンド★トナカイさん、返事が遅くなってすいません。
お帰り、ありがとうございます。

実は、BRTになって運行本数は鉄道の頃より増えたみたいですね。
鉄道ファンは、BRTで悲しんでいますが、地元の方に取っては一刻も早く公共交通機関の復旧を望んでいたでしょうから、良かったんだと思います。

それでも、鉄道での復旧が果たせて、完全復興と呼べるのじゃ無いかなと思っています。
がんばれJR!!

管理人のみ通知 :

トラックバック