BRT大船渡線

BRT大船渡線 気仙沼 9:22 ~ 盛 10:45

 それでは先頭のかぶりつき席に陣取って、BRT大船渡線の旅が始まります。
130915 150.jpg

 かぶりつき席に座れてワクワクしていたんですが、それも一瞬で吹き飛ぶような光景。津波で座礁した大型漁獲船第18共徳丸。話では撤去されるとのことで、周辺はフェンスで覆われ近づけないようになっていました。
130915 152.jpg

 BRTは、基本的に元の大船渡線の駅を回っていきますが、この長部駅はBRTになってから新設された駅とのこと。鹿折唐桑駅から陸前高田駅間は、内陸の方に迂回して路線が引かれていたため、BRTは海岸沿いの国道45号線でショートカットする形になっています。
130915 156.jpg

 がれきの山はほとんど撤去されていましたが、まだまだこういう状態なんですねぇ・・・。
130915 159.jpg

 サイボーグ化された奇跡の一本松。BRT大船渡線は、ここの最寄りに臨時駅を設けているので訪問したい方には便利です。実際、数人の方がここで降りて行かれました。
130915 161.jpg

 陸前高田駅。元の駅とはだいぶ離れていて、高台にある陸前高田市役所仮庁舎前に設定されています。
130915 164.jpg

 やはり海岸近くの被害は甚大で、やっとがれきが撤去された状態。まだまだ人が住めるところまで復旧していません。
130915 168.jpg

 小友駅付近で初めてBRTらしい、専用道路が現れます。実はここまではずっと普通の道路を走っていたんですよね。専用道路が出来ているのは全体の数%だけなんですよね。
130915 170.jpg

 小友駅。昔の写真を見ると、僕好みの木造駅舎があったみたいです。

 ニュースだけでBRTで復旧と聞くと、バスでも復旧出来て良かったねって思いますが、こうして目の当たりにしてみると、鉄道での復旧では無い寂しさがこみ上げてきます。
130915 173.jpg

 小本駅を過ぎると、交差点を左に曲がり通常の道路へと戻っていきました。専用道路は出来ているのになんでルートから外れるのかなぁと思っていましたが、小本 - 大船渡間の専用ルートは完成したばかりで、運用は9/28からだったようです。
130915 175.jpg

 路線名にもなっている大船渡駅。僕の訪問時はここからラスト盛までの1区間が専用道路での運行でした。
130915 002.jpg

 かつての踏切はこんな感じで、遮断機はBRTの専用道路側についています。バスが近づくと遮断機が上がり、通常は一般の車の進入を防ぐために降りています。
130915 006.jpg

 しばらく走っていくと右手側に線路が見えてきます。なんだかホッとしますが、これは三陸鉄道南リアス線の線路。
130915 007.jpg

 BRT大船渡線は終着駅、盛駅に到着します。
130915 008.jpg

撮影日:2013年9月15日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

とんぼ : 2013/11/15 (金) 19:27:42

元の鉄路での 復活は無理でしょうね

街の形成自体が現状を反映した形に成るのでは。

PoW⇒とんぼさん : 2013/11/16 (土) 14:31:24

一度剥がしてしまった線路を元に戻すのは困難を極めるでしょう。

でも、人の流れが戻ったら・・・
そんなわずかな希望にすがりたい気持ちでもあります。

管理人のみ通知 :

トラックバック