岩泉線 岩泉駅

JRバス 龍泉洞前 16:00 ~ 岩泉駅口 16:07

 龍泉洞観光も終え、次の目的地へと移動します。龍泉洞前からはJRバスが出ていて盛岡までを結んでいます。本数も1日4往復あるので龍泉洞観光の主要な交通機関となっています。このまま乗っていれば盛岡まで帰れるんですが、僕は数分で途中下車。もうお分かりですね。
130914 101.jpg

 実は龍泉洞観光はついでで、こちらがメインでした。岩泉線岩泉駅〜!!
130914 103.jpg

 2010年7月に発生した土砂崩れによる脱線事故から全線運休状態が続いていた岩泉線。今年の11月8日に正式に廃線が決まってしまいました。正式な廃止日は2014年4月1日となるようですが、実質鉄道は走っていませんのでお別れをすることも出来ません。

 それでも一度はこの風景を見ておきたいと思い、今回訪問したのでした。がんばれ!岩泉線の旗が悲しい。
130914 107.jpg

 運休状態が続く前から大きな赤字路線だった岩泉線、輸送密度は全国最下位だったそうです。そんな赤字路線には似つかわしくない大きな駅舎。
130914 106.jpg

 意外にも窓口は開いていて、委託の駅員さんまでおられました。
130914 109.jpg

 ホームへの扉も開けられていたので、ちょっとお邪魔させて頂きました。
130914 111.jpg

 もう二度と列車が来ることは無いホーム。すでに線路上には雑草が生い茂っていて、森が駅を飲み込もうとしているようでした。
130914 113.jpg

 線路もさび付いています。見た目はすっかり廃線跡になってしまっています。
130914 115.jpg

 鉄道でこの地に訪れ、歓迎されたかったなぁ。寂しいねぇ。
130914 110.jpg

 今でこそこうして残っている岩泉駅の駅舎ですが、JRの手を離れてしまったらどうなるか分からないので、しっかりと記憶に焼き付けておこうと思います。
130914 119.jpg

130914 122.jpg

 そういえば、駅の隣が消防署というのもなかなかない組み合わせだと思いました。
130914 126.jpg

岩泉線代行バス 岩泉 17:01 ~ 茂市 18:20

 さて、岩泉からの脱出は一応岩泉線の代行バスを利用。
130914 120.jpg

 やってきたのは小型のマイクロバスでした。このバスも今後どうなるでしょうね。鉄道路線の代行バスと、廃線後のバス転換では同じように見えて実際はだいぶ違いますしね。鉄道路線の廃止にはいろいろと手続きが必要ですが、バス路線は簡単に廃止出来てしまうので、この先が心配です。一応、JRが補填をしてくれることになっているようですが。
130914 127.jpg

 代行バスでの岩泉線の旅は、山道を進んでいくなかなか面白いものでしたが、日も暮れてしまって写真を撮っても映り込みが激しいので写真を撮るのは諦めました。かなり細い山道を進んでいくので、特に冬場は大変だろうなぁと思いましたね。乗客は自分以外は、全て地元の学生さんで地元の足としては必要な路線だと思います。

 廃線が決まってしまって本当に残念です。年末になるとこんな話題ばっかりでイヤになりますね・・・。

 旅の初日はこれにて終了。この後、茂市駅から山田線で盛岡まで戻り。東北新幹線で一ノ関まで移動、2日目に備えました。

撮影日:2013年9月14日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ダイヤモンド☆トナカイ : 2013/11/12 (火) 20:38:02

行かれましたか、岩泉線。私は1983年8月に訪問してますが、来年の1月にレンタカーで「その後」の確認をしてみようと企ててます。ただ、季節柄「雪景色」になってしまいレールが埋もれているかも知れないのが若干気になりますが。
お写真拝見しますとなかなか良い「保存状態」ですね。

立派な駅舎は、ここ岩泉を「龍泉洞の拠点」としようとしていたのが伺えますが、私が訪問した1983年当時も列車本数的に全く機能してなかったようです。本当にこの時代まで岩泉線が残っていたことは奇跡に近いですが、やはり消えていくのも寂しいですね。

PoW⇒ダイヤモンド★トナカイさん : 2013/11/13 (水) 01:34:04

1月に行かれるんですか。
雪深くなると思われるので、お気を付けて。
駅舎などは、今でも代行バスの待合室として使われているので言い保存状態だと思います。
押角駅にも行ってみたかったんですが、確か立ち入り禁止になったみたいですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック