三江線 石見川本駅

■2013年8月15日(木)

 夏の青春18きっぷの旅も6日目。この日は、この旅で最も楽しみにしていた路線の三江線を巡ります。三江線は島根県の江津駅から広島県の三次駅を結ぶ全長108.1キロの超ローカル線。運転本数も極端に少なく、5時間以上運転されない時間帯もあるくらいです。

 そんなローカル色満点の三江線ですが、去る8月1日の大雨の影響により石見川本駅から浜原駅の間で運休になり、タクシーによる代行輸送が行われていました。僕が旅を始めた8月10日の段階でも代行輸送だったので、全線列車で乗り通すのは無理かなぁと諦めていましたが、訪問直前の8月12日に全線復旧。晴れて列車での全線走破が出来るようになりました。

*その後、8月24日の豪雨で今度は橋梁が流出するという大きな被害が発生し、再び江津駅〜浜原駅間で運休となってしまいました。山口線と並んで1日も早い復旧を祈ります。

 さて、それでは三江線を巡る旅をスタートさせましょう。この日の主題は三江線の駅巡り、しかし運転本数が極端に少ない路線なので列車での訪問はほとんど無理。ってことで、僕の旅では珍しくレンタカーを借りての駅巡りとなりました。浜田駅の駅前にあるトヨタレンタカー、三江線の起点である江津駅からは少し離れてますが高速を使えば30分くらいで到達できるので便利です。
IMG_2998_convert_20131012185552_20131012190720edb.jpg

 車を走らせ約1時間、最初に訪問したのは石見川本駅。ここから江津方面に戻りながら駅巡りをするというスタイルを取ります。
130815 010.jpg

 江津駅からは32.6キロ離れた石見川本駅
130815 026.jpg

 いきなり良い雰囲気の駅舎に興奮しますね。この手書きのへなちょこ文字の石見川本駅の駅標がまたいい。
130815 014.jpg

 運転本数や利用者を考えると、立派すぎる駅舎。待合室も広々ーー。
130815 009.jpg

 江津駅を出発してから、最初に列車交換が出来る駅。列車が留置できる側線もあったりして、運行上の重要な駅なんでしょうねぇ。
130815 017.jpg

 時間帯によっては駅員さんもおられるようです。
130815 007.jpg

 バスもあるよ。
130815 029.jpg

 駅前もTHE地方の町という感じ。ただ、営業されてるのかがちょっと微妙ですが・・・。
130815 022.jpg

 1駅目から期待を裏切らない三江線。時間の許す限りどんどん回りましょう。
130815 025.jpg

撮影日:2013年8月15日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

LM : 2013/10/15 (火) 02:21:34

こんばんは。

三江線に行かれましたか。
豪雨被害の間隙をぬっての見事な行程ですね。
とりあえず、三次~浜原は復旧していますが、残りはいつ復旧するやら・・・。
ただ、クレーン等を用いて作業自体は行われているようで、このままずるずる廃止というわけではなさそうなので、少しホッとしました。

PoW様がレンタカーとは、これまた珍しい!
しかし、正しい判断です(笑)。
まともに列車で各駅を訪問したら、いつになったら全部回れるか知れたものではありませんからねぇ(苦笑)。
今後の展開も楽しみにしております。

PoW⇒LMさん : 2013/10/17 (木) 01:31:51

全線復旧で喜んでいたのに、まさか自分が訪問した後にもっと大きな被害に遭うとは思ってもいませんでした。
復旧作業が行われていると聞いてうれしいです。
盲腸線じゃないので安易に廃止とはならないだろうとは思っていましたが、それでも分かりませんからね。
復旧は大変とは思いますが、JR西さんには頑張って貰いたいですね。

そして、レンタカー。
ほんとは列車で訪問したいんですが、さすがにこの本数ですので・・・。
でも、正解でした。良い駅にたくさん訪問することが出来ましたので。

管理人のみ通知 :

トラックバック