平成筑豊鉄道 油須原駅

■2013年5月4日(土)

 いつまでGWの旅の話をしてるんだーっとつっこみが来そうですが、後2日分お付き合いください。GWの九州旅、8日目。この日は北九州の私鉄を中心に回ります。

日豊本線 小倉 9:05 ~ 行橋 9:38

 まずは日豊本線を南下して行橋駅。ここからの路線が本日最初のターゲット、平成筑豊鉄道に乗り入れます。平成筑豊鉄道はJR九州から路線を引き継いだ、いわゆる第3セクターの会社です。
130504 001.jpg

 1989年(平成元年)に設立したこの会社、もともとは違う社名を考えていたそうですが、社名決定日の1989年(昭和64年)1月7日に年号が「平成」へと変わったことで急遽、平成筑豊鉄道株式会社に決定したそうです。
130504 005.jpg

平成筑豊鉄道田川線 行橋 9:54 ~ 油須原 10:21

 社名に平成なんて入っていると新しい感じがしますが、車窓や駅は昭和時代を感じるモノばかり。古い物好きにはたまらない路線だと思います。そんな路線の駅巡り、最初は油須原駅で下車しました。
130504 007.jpg

 国鉄よりも前、豊州鉄道の駅として開業した油須原駅。駅舎はその時代のモノだそうです。社名に平成が入った路線の駅舎が明治時代に建てられた物というのも面白いです。
130504 008.jpg

 駅前には大きな木もあって、これも歴史を感じさせます。
130504 015.jpg

 赤い丸ポストもいいですね。
130504 025.jpg

 待合室は広々。
130504 017.jpg

 ホーム側から見ても立派な駅舎だったことが分かりますね。
130504 029.jpg

 枕木オーナーもやってるみたいでこんなのもありました。映画「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の舞台にも使われたみたいです。この映画見たことありませんが・・・。
130504 026.jpg

 構内踏切もあって、僕の好きな物が詰まっている駅だと思いました。
130504 030.jpg

 それでは、次の駅に参りましょう。
130504 033.jpg

撮影日:2013年5月4日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ダイヤモンド★トナカイ : 2013/07/27 (土) 20:48:53

油須原と聞くと、私は「油須原線」なる未成線を思い浮かべます。国鉄時代の漆生線・漆生から添田線・大任を通り油須原にたどり着く、いわば「炭鉱路線」でした。もちろん現在もそのような路線は無く、面影もあるわけないのですが、本当にかつての石炭時代はものすごく栄えていたと思います。
添田線と言えば、かつては美幸線と並び「赤字ワースト1」として名高かったですが、私が物心ついたころは既にこの「油須原線」の開通は完全に「夢」となっていました。いわば「接続駅」となっていたであろうこの油須原駅に訪問できたPOWさんは素敵ですね。私は「通った」だけですから。

PoW⇒ダイヤモンド★トナカイさん : 2013/07/28 (日) 01:30:03

ダイヤモンド★トナカイさん、こんばんわ。

油須原線なんて計画があったのですね。
炭鉱が栄えてた頃の北九州の鉄道網は本当に凄かったのでしょうね。
今では、わずかにその面影を追えるだけですが、その頃にタイムスリップして旅をしてみたいです。

油須原駅は良い駅でしたよ。
今度はぜひ訪問されてみてはどうでしょう?

管理人のみ通知 :

トラックバック