変わってゆく折尾駅

 日本初の立体交差駅で、立派な2階建ての木造駅舎が存在した折尾駅。僕も2年前に訪問していましたが、その後、駅周辺の再開発に伴い取り壊されてしまいました。再開発の計画では、筑豊本線も高架化されるということでこの立体交差もいずれ見れなくなってしまいます。
130503 026.jpg

 駅舎もそうですが、この歴史ある立体交差も無くなってしまうとは・・・。便利にするためとはいえ寂しいものです。
130503 031.jpg

 そして、これが今の仮駅舎。なんというか言葉が出ない・・・。
130503 036.jpg

 駅前には、取り壊される前の最後の日の写真が飾られていました。もうこの駅舎は無い。計画では、駅舎自体は移設されて保存されていくとのことでしたがどうなるのでしょう?
130503 038.jpg

 旧駅舎があったところは工事中で立ち入り禁止。
130503 040.jpg

 隙間から覗いてみると、見事にひっぺがされてます。
130503 042.jpg

 歩道橋もこの有り様。確かこの歩道橋から駅舎の写真を撮ったんだよなぁ。
130503 039.jpg

 もちろん予想はしてましたが、結構ショッキングな光景でした。
130503 044.jpg

 ずっと見てるとドンドン気落ちしてしまうので、気を取り直して旅を続けましょう。
130503 028.jpg

撮影日:2013年5月3日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

ねじまき : 2013/07/10 (水) 08:06:23

おはようございます。
なかなか衝撃的な光景ですね…。
あの名駅舎が現役のうちに訪問しておいて良かった、
と今は心から思います。
JR 九州で確か5番目に利用客が多い折尾、便利になるのは利用者からすれば大歓迎でしょうね。
立体交差がなくなった後、新駅舎がどんなになるか、
あまり期待しないようにしておきますか…。

PoW⇒ねじまきさん : 2013/07/11 (木) 00:48:04

分かっていたこととはいえ、いざ目の当たりにすると衝撃的でした。
完全撤去後なら諦めもつきますが、まだ一部面影が残っている状態というのがなんとも・・・・。
2年前に訪問しておいて良かったなぁと僕も心から思います。

地元の方にとっては使いづらい駅だったのかなぁと思ってましたが、最終日に多くの方が別れを惜しんでいたみたいでそこはうれしかったです。

新駅舎はどこにでもあるような高架駅になりそうであんまり期待は出来ないでしょうねぇ。

管理人のみ通知 :

トラックバック