筑肥線 西相知駅

筑肥線 肥前長野 10:34 ~ 西相知 10:47

 筑肥線の駅巡り、少ない本数を駆使して次にやってきたのは西相知駅。
130502 250.jpg

 ここには古い木造駅舎などはないけれど、駅の雰囲気がとても良いと、いろんな方々のblogで評判だったので降りてみたいと思っていた駅でした。
130502 251.jpg

 かつては1面2線の島式ホームで木造駅舎も存在したという西相知駅。今ではその面影を少し残すだけとなってしまっています。
130502 253.jpg

 辺り一面に雑草が生い茂っているという。廃線跡だと言われても信じてしまいそうな風景。
130502 256.jpg

 おっ? あそこに踏切が見える。
130502 263.jpg

 踏切の先はどこに繋がっているんだろう。とても人が居そうな場所に繋がってるとは思えませんでしたが・・・。
130502 259.jpg

 こんな素晴らしい駅を独り占め、しかも、ものすごく天気の良い日で、とても贅沢な時間を過ごせました。
130502 252.jpg

 「何もない」を楽しめる人だけが幸せになれる駅。
130502 262.jpg

 また来るよ。
130502 248.jpg

撮影日:2013年5月2日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

この記事へのコメント

LM : 2013/06/28 (金) 01:37:05

こんばんは。

西相知駅、気に入っていただけたようで何よりです。
この駅は、確かに「何もない」ことを楽しめる人のための駅ですね。
本文中にありますとおり、西相知駅には元々木造駅舎がありました。
↓ 木造駅舎
http://blueribbon3737.blog87.fc2.com/blog-entry-179.html

その木造駅舎が亡くなった後も、待避線がなくなったり、電柱や駅名板が新しいものに変わったり、いろいろ変化しています。

確かに、この季節、草に覆われた駅は廃駅にしか見えませんね。
あの踏切の先は、さすがに私も怖くて行けません(笑)。

PoW⇒LMさん : 2013/06/30 (日) 01:31:14

LMさん、こんばんわ。

すっかり気に入ってしまいました。
LMさんのblogなどでその魅力は予習済みでしたが、期待に違わぬ駅でした。
木造駅舎が健在の時代から、今の廃駅みたいな時代(笑)まで、この駅の移り変わりをご存じなLMさんが羨ましいです。

あの踏切の先はすごく気になりますねぇ。
ぜひ探検お願いします(笑)。

管理人のみ通知 :

トラックバック