秋の乗り放題パス・三江線の旅 リンク集

・2016年10月8日(土)
#01 秋の乗り放題パスの旅 2016
#02 三江線 江津本町駅
#03 三江線 川戸駅
#04 三江線 川平駅
#05 三江線 田津駅
#06 三江線 石見川越駅
#07 三江線 因原駅

・2016年10月9日(日)
#08 石見銀山
#09 三江線 石見川本駅
#10 三江線 乙原駅
#11 徒歩連絡 乙原駅〜石見簗瀬駅
#12 三江線 石見簗瀬駅
#13 三江線 明塚駅

・2016年10月10日(月)
#14 三江線 宇都井駅
#15 三江線 長谷駅
#16 三江線 粟屋駅

blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

旅の乗車記録Vo.61

・秋の乗り放題パス・三江線の旅

日時:2016年10月7日(金)~ 10月10日(月)

◎旅の行程
・2016年10月7日(金)
JAL168 秋田空港 20:50 - 羽田空港 22:00
京浜急行空港線快特 羽田空港国内線ターミナル 22:45 - 京急蒲田 22:53

・2016年10月8日(土)
京急空港線 京急蒲田 6:14 - 羽田空港国内線ターミナル 6:25
JAL277 羽田空港 7:10 - 出雲空港 8:35
出雲空港線 出雲空港 8:45 - 出雲市駅 9:10
アクアライナー 出雲市 9:45 - 江津 10:50
(徒歩 江津→江津本町)
三江線 江津本町 12:36 - 川戸 13:03
三江線 川戸 14:20 - 川平 14:33
三江線 川平 15:33 - 田津 15:58
(徒歩 田津→石見川越)
三江線 石見川越 17:26 - 因原 17:39
三江線 因原 17:54 - 江津 18:54
山陰本線 江津 19:23 - 浜田 19:59

・2016年10月9日(日)
アクアライナー 浜田 8:28 - 大田市 9:26
石見交通 大田市駅 9:37 - 世界遺産センター 10:10
石見交通 世界遺産センター 11:00 - 大森 11:05
石見交通 大森代官所跡 12:38 - 石見川本 13:23
三江線 石見川本 14:00 - 乙原 14:15
(徒歩 乙原→石見簗瀬→明塚)
三江線 明塚 16:52 - 三次 18:47

・2016年10月10日(月)
三江線 三次 5:44 - 宇津井 7:15
三江線 宇津井 8:17 - 長谷 9:06
(徒歩 長谷→粟屋→三次)
芸備線 三次 12:03 - 狩留家 13:17
芸備線 狩留家 13:19 - 広島 13:58
広島空港線 広島駅新幹線口 15:05 - 広島空港 15:50
JAL262 広島空港 16:40 - 羽田空港 18:00
JAL167 羽田空港 19:00 - 秋田空港 20:05

blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 粟屋駅

 三江線の旅も終盤。長谷駅より徒歩で三次駅を目指します。線路に沿うように続く県道112号を歩きました。江の川の対岸に国道が走っているので、こちら側は車の往来も少なく歩きやすかったです。
161010 073

 長谷駅を出発して30分ほど、隣の粟屋駅が見えてきました。
161010 074

 のどかな風景が広がる。
161010 075

 周辺には数軒の民家が見えますが、粟屋町の中心地は芸備線の西三次駅の方が近いそうです。
161010 092

 タイミング良く石見川本駅行きの列車がやって来ました。この列車は先の長谷駅は通過しますが、こうして徒歩連絡を利用すると江津方面にも抜けられますね。
161010 089

 また乗りたいけど、秋田に帰らないといけいないのでお見送り。
161010 090

 さぁ、もうひとがんばり。三次駅へ歩き始めます。
161010 097

 大好物のとまれみよ。
161010 099

 線路は一足早く江の川を渡ります。人が渡れる橋はもう少し先。
161010 100

 そろそろ三次発の列車の時間も気になるところ。三次駅12:03発の芸備線に乗る予定です。実は粟屋駅の次には尾関山駅があるんですが、そこは橋を渡って左手に戻る必要があります。三次駅は右手側。時間的にギリギリだったのとさすがにここまで歩いてきて疲れていたので尾関山駅は諦めることにしました。
161010 101

 やっと見えてきた三次駅。さすがに3駅分を歩いたので疲れましたね。時間にして約2時間の移動でした。それでも三江線の旅らしいのんびりとした旅をすることが出来ました。この旅はこれまでの中でも特に印象深い物の一つになりました。
161010 104

 ラストは芸備線で広島まで。広島からは飛行機で秋田へと帰りました。
161010 105

 今回の旅で起終点駅を含めて16駅を訪問することが出来ました。三江線の駅は全部で35駅。どうせなら全駅訪問もしてみたい。時間はあと1年余りしか残されていませんが機会があれば実行に移したいという思いを胸に。ここまでお付き合いありがとうございました。

撮影日:2016年10月10日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 長谷駅

三江線 宇津井 8:17 ~ 長谷 9:06

 宇都井駅から三次方面へと戻って長谷駅で下車しました。
161010 045

 もともとは仮乗降場だったという長谷駅。北海道に比べると立派ですが、仮乗降場をルーツに持つ駅はどこか独特の雰囲気があります。
161010 046

 途中ホームが分断されています。あちらは廃駅みたいな雰囲気ですね。数年後にはこちらもあんな感じになるのでしょうか。
161010 049

 こんな駅ですが、以外にも立派な待合室があります。それも木造というのがいいですね。
161010 055

 この雰囲気、とても気に入りました。
161010 056

 このようにとても素敵な駅ですが、訪問はかなり難儀する駅です。列車の時刻が上下線でかなり偏っているんですよね。三次方面は先ほど僕が乗ってきた列車が最終列車。そして、江津方面は14時台が始発という偏りっぷりです。この時間帯以外の列車は当駅を通過します。実はこのあと5時間以上も列車は来ないという状況です。
161010 057

 こんな偏ったダイヤになっているのは、この付近に住む子供達が三次方面の学校へ通うための駅だったからだそうです。現在ではその利用ももう無くなってしまったみたいです。
161010 060

 何はともあれ、ここで待っていても列車は当分来ません。三次方面へと行く列車は隣の駅へ行っても16時までありませんので、ここから三次駅までの7.4キロを歩くことになります。
161010 063

 この旅でも最も長い徒歩移動ですが、これだけ天気がいいので気持ちよく歩けそうです。
161010 067

 ずっと線路に沿いながら歩いていきます。
161010 071

撮影日:2016年10月10日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 宇都井駅

■2016年10月10日(月)

 秋の乗り放題パスを使った三江線の旅、3日目はまだ夜が明けていない三次駅からスタートします。
161010 002

 始発列車に乗って一度訪問したかったあの駅へ。こんな時間だというのに車内は座席が全て埋まって立ち客もでるほどの盛況ぶりでした。
161010 003

三江線 三次 5:44 ~ 宇津井 7:15

 幸いにも僕は席にありつけたのでずっとウトウト、いつの間にか夜が明けていました。この列車は口羽駅で30分ほど停車します。
161010 005

 口羽駅から2駅進むとお目当ての駅に到着、宇都井駅です。
161010 007

 もはや説明は不要だとは思いますが、ここ宇都井駅は地上20mの位置にある高架駅。その高さは日本一なのだとか。山間部にあるこの駅は両サイドをトンネルに挟まれていてこういう構造にせざるを得なかったという経緯があります。山陰本線の餘部駅にも似てるかな。
161010 011

 地上へは116段の階段で繋がっています。エレベーターなんてものはありません。
161010 012

 まぁ降りる方は苦では無いですけどね。下から見上げるとなんとも存在感のある建物です。
161010 014

 少し歩いて全体を見渡せるポイントに。こうしてみるとただの高架にしか見えないですね。ここに駅があるとは知らないと気付かないでしょう。
161010 019

 反対側からも見て見ましょう。こちらからは駅名標が見えるのでかろうじて駅だと分かるかな。それにしても手前の家と比較するとかなりの高さに駅があることがよく分かります。5階建てビルの高さに相当するみたいです。
161010 023

 駅前にはバス停がありました。これを使えば口羽駅に抜けることが出来るのか。ただ運行が金曜日だけですけど。けんこう号ということで、この集落の方の週に一度の通院のためのバスなのでしょうね。過疎地と呼ばれる処に訪れると、こうした週に一度のバス路線はよく見かけます。
161010 028

 ただやはり、鉄道が無くなると移動の自由度が無くなり地元の方は不都合するでしょう。本数が少ないとは言え、毎日ある公共の交通機関の存在というのは大きいと思います。
161010 029

 路線廃止後の地域の足はどうなるのでしょうか。これだけ距離がある路線かつ、全線通して利用する客は鉄道ファン以外にほぼいない状況では通しでの代替バスは設定されないかもしれませんね。通しでの代替バスが設定されれば乗りに来たいと思っているので、ヨソ者が来る余地を残しておいて欲しいです。
161010 034

 この風景が見られるのもあと一年余り。
161010 036

 もう一度、訪問出来るといいな。
161010 044

撮影日:2016年10月10日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 明塚駅

 石見簗瀬駅から歩くこと45分、明塚駅が見えてきました。周辺には民家が数軒あるだけ、平均利用者数もここ何年も一桁を記録している駅です。
161009 135

 そのおかげかいい雰囲気です。
161009 139

 駅前は農地でしょうか。右手の農地の先には江の川も流れています。
161009 143

 待合室は吹きさらしタイプ。雨が降ったり冬の時はツライ構造ですね。
161009 144

 スタンドバイミーしたくなる線路です。(やってはいけません)
161009 147

三江線 明塚 16:52 ~ 三次 18:47

 約2時間半振りに列車がやって来ました。でもそれほどの長さは感じなかったですね。この列車は江津駅から三次駅を結ぶ列車とあって車内は大混雑でした。終点の三次駅までずっと立ちっぱなし。せめて2両編成で来て欲しかった。
161009 154

 途中、口羽駅で小休止。ね、なかなかの盛況ぶりでしょう。
161009 156

 口羽駅の駅舎もなかなか。
161009 157

 終点の三次駅に到着。やはりずっと立っていたので疲れましたね。途中からは暗くなって景色も楽しむことが出来ませんでしたし。三江線の旅2日目はこれで終了です。ラスト一日、もう少し三江線を巡ります。
161009 163

撮影日:2016年10月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 石見簗瀬駅

 乙原駅より歩くこと約50分、石見簗瀬駅に到着しました。50分と聞くと結構な時間のように感じますが、実際歩いてみるとそれほどの長さは感じませんでした。
161009 106

 いい感じの駅舎がお出迎え。なんだかんだ言っても木造駅舎はやはりいいものです。
161009 107

 そこそこ大きめの駅舎ですが、待合室はこれだけのスペース。せ、狭い。。。
161009 110

 駅務室の方はもう使われてないんですかねぇ。
161009 112

 ホームの方も見て見ましょう。
161009 111

 元々は列車交換が出来る構造になっていましたが、今は1面1線。駅舎側の方は線路が撤去されています。三江線ではもうお馴染みの光景ですが、このわずかな線路カットでもコストカットに繋がるのでしょうか。
161009 114

 この光景が見られるのもあと1年足らずということか。やはり寂しいですね。
161009 117

 さて、当初の予定ではこの駅で次の列車を待つつもりでしたがまだ次の列車まで1時間以上ある状況。Googleさんで調べてみると次の駅まで歩いても行けそうなので更に一駅歩いてみることにしました。
161009 124

 なにげにこの徒歩連絡が一番楽しい時間だったかもしれません。
161009 131

撮影日:2016年10月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

徒歩連絡 乙原駅〜石見簗瀬駅

 乙原駅からは徒歩で隣の石見簗瀬駅へと向かいます。徒歩連絡はこの旅3回目ですね。昨晩は雨が降っていましたが、晴れてくれて本当に良かった。
161009 079

 乙原駅にはバスもあるみたい。調べてみると粕淵駅 - 石見簗瀬駅 - 乙原駅 - 竹駅(一部石見川本駅)を巡回するコミュニティバスのようです。元々スクールバスのようなので平日運行が主のようですが。
161009 080

 今思うと空しい思いがする乗って残そうキャンペーン。かつて乗って残そうで残った路線は無い。路線を残すためには税金を投入して3セクとして生き残るしかないのが現実。厳しいですが地元の本気度が問われる問題です。
161009 082

 廃止が決まってから騒いでも遅い問題なのですよね。
161009 083

 こんな趣味人のために残すには費用がかかりすぎますからね。地元の方がそれほど必要としないのなら我々は廃止を受け容れるしか無いでしょう。
161009 085

 まぁしかし、三江線はこうして線路の傍を歩くことが出来るので徒歩連絡が楽しいです。この間に列車でも来てくれるとうれしいんですが、そもそも列車が来るなら徒歩連絡はしていないわけで(笑)。
161009 087

 隣には寄り添うように江の川。
161009 089

 乙原駅でみかけたコミュニティバスのバス停も何度か見かけました。もしかしたら歩いてきた道と同じ行程なのかな。
161009 097

 一つの路線にこれだけ長く寄り添っていくのはこれまで無かったことなので、いろいろな発見があって楽しい旅になっています。
161009 098

 もうすぐ目的の駅です。
161009 104

撮影日:2016年10月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 乙原駅

 乙原駅で下車。木路原駅から一緒になった方もここで下車されました。同じ駅で一緒になるのはこれで3度目(笑)。
161009 062

 前日訪れた田津駅と同じように駅舎は無く小さな待合室があるだけの無人駅。でもこれがなかなかいい雰囲気なんですよね。これまで木造駅舎のある駅を中心に訪問していましたが、三江線は実はこういう駅の方が魅力的に感じてきました。
161009 067

 近くに集落はありますが、平均利用者数は3人を切るとことまできているみたいです。
161009 070

 利用者は少なくとも花壇があったりと駅の手入れはしっかりとされています。
161009 071

 平均利用者数3人分の自転車でしょうか。
161009 075

 ホームは一段高いところにあります。もともと江の川に沿って走っていることもあるのか高いところに駅があるケースが多いような気がしますね。
161009 073

 いい駅でした。
161009 077

 さて、列車はこの後2時間以上やってきません。ということでここからは当然徒歩移動です。僕は三次方面に進み石見簗瀬駅へ、もう1人の旅人は江津方面へ戻り竹駅へ。二手に分かれることになりましたが思い思いの三江線の旅を続けます。
161009 076

撮影日:2016年10月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 石見川本駅

石見交通 大森代官所跡 12:38 ~ 石見川本 13:23

 石見銀山から石見交通を利用して三江線石見川本駅へとやって来ました。所要時間は約45分と意外と近いです。ただ、銀山を越えてから終点の石見川本まで乗客は自分1人だけでしたね。ちょっと先行きが不安なバス路線です。まぁ、肝心の三江線が廃止されてしまっては使い道が無くなってしまうんですけど。
161009 040

 石見川本駅三江線の途中駅としては大きな部類に入る駅でしょうか。ここから江津方面では最後の列車交換が出来る駅となっています。列車交換が出来る設備をことごとく廃止したことで閉塞区間が長くり、運行本数を増やすことが出来なくなったことも不便な路線となった要因でしょうね。
161009 041

 ホームに入ってみるとびっくり。凄い数の人が列車に乗り込もうとしています。昨日はそれほど多くなかったですが、連休の中日とあってこの日は多くの人が訪れてました。この列車は三次駅9:57発の列車なので乗り通すには一番いい時間帯の列車です。当駅で一旦留置となるので改めての乗車のタイミングでした。
161009 042

 まだ、廃止まで1年以上ある時期でこの状況ですか。もうゆっくり乗ることは叶わないんですかね。
161009 044

 僕はこの列車には乗らずにお見送り。
161009 045

 落ち着きを取り戻した石見川本駅
161009 048

 僕が乗るのはこちらの列車。14:00発浜原駅行き。
161009 049

三江線 石見川本 14:00 ~ 乙原 14:15

 こちらも出発です。
161009 051

 この列車は浜原駅止まりで、その先の三次駅への連絡はないので車内はこんな感じ。これこれ、三江線ってこんな感じですよ。まぁ、そのおかげで廃止になってしまうんですが。。。廃止にはして欲しくないけど、人で溢れても欲しくない。ほんと、鉄道ファンってワガママですよね。
161009 054

 雰囲気の良さそうな木路原駅。ここで昨日何度か一緒になった方とまた合流しました。実は、石見川本に向かうバスの中から歩いているところを見かけたんですよね。どうやら石見川本駅から徒歩移動をしていたようです。考えることはみな同じですね(笑)。
161009 056

 次の竹駅もいい雰囲気。三江線は駅舎が無くても訪問してみたいと思わせるいい駅が多いです。
161009 059

 そんな中でも僕が選んだのは乙原駅。ここで途中下車です。
161009 061

撮影日:2016年10月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

石見銀山

■2016年10月9日(日)

アクアライナー 浜田 8:28 ~ 大田市 9:26

 秋の乗り放題パスの旅2日目。この日も三江線を巡る予定ですが、午前中は少し寄り道を。山陰本線アクアライナーに乗車して江津駅を超えて東へ、大田市駅で下車しました。
161009 002

石見交通 大田市駅 9:37 ~ 世界遺産センター 10:10

 大田市駅からバスに乗りやってきたのは、世界遺産でもある石見銀山。一度訪問したことはありますが、前回は坑道に当たる間歩と町並みしか見られなかったので、今回は石見銀山の歴史を学びにやって来ました。こういう歴史的な遺産は、その背景を知らないと本当の意味で楽しめないですよね。この地を訪れた際は、まず世界遺産センターで歴史を学んだ上で各遺産を巡ることをお勧めします。
161009 012

 遺産センターに長居をしたので間歩に行く時間は無くなってしまいました。石見銀山、それぞれのポイントが結構距離があるのでしっかり楽しもうとすると一日掛ける必要がありますね。僕は残りの時間を古い町並みを散策する時間に充てました。
161009 013

 石見銀山を管理していた武士やそこで商売をしていた商人などの屋敷が連なっています。世界遺産に指定されている割には人で溢れている訳では無いので雰囲気を壊されること無く楽しめる場所ではないでしょうか。
161009 025

 この瓦屋根は山陰地方らしい。
161009 028

 落ち着いた町並み、やはり好きですね。
161009 031

 一般では見ることの出来ない限定の間歩ツアーなどもあるみたいなので、今度は一日掛けて訪れてみたいですね。世界遺産となるとちょっと敬遠したくなるんですが、ここは何度も訪問したいと思わせる場所でした。
161009 035

 さて、そろそろ三江線へと戻る時間なんですが、実はここから直接三江線へとアプローチが出来るバスがあります。岩見交通の石見川本行き。実はこのバスでのショートカットがしてみたかったのも石見銀山を訪問した理由の一つでした。12:38発のバスに乗り込み三江線石見川本駅へと向かいます。
161009 038

撮影日:2016年10月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 因原駅

三江線 石見川越 17:26 ~ 因原 17:39

 この日最後の訪問駅、因原駅で下車。ちなみに石見川越駅で一緒だった方は、この一つ手前の鹿賀駅で下車されていきました。また、折り返しの列車で一緒になるんですけどね。強かった雨はここでは小降りに。雨雲を列車で追い抜いたのかもしれません。
161008 194

 因原駅は素晴らしい木造駅舎が残っています。その駅舎の旧駅事務室の部分は運送会社の営業所として利用されています。
161008 197

 駅の横には倉庫もあり、訪問した時もトラックへの荷積みなどで慌ただしい雰囲気。ちょっと落ち着いて駅舎の写真を撮れる雰囲気では無かったです。
161008 199

 待合室側もすでに運送会社の荷物置きに。。。路線廃止後はこの駅舎は完全に運送会社のものとなりそうです。取り壊されることが無いだけでもよしとするべきか。
161008 203

 すでに駅としての役目は終え、第二の人生を歩んでいるかのような因原駅でした。
161008 207

 さようなら因原駅
161008 209

三江線 因原 17:54 ~ 江津 18:54

 それではこの日の駅巡りはここまで。一旦江津駅へと戻ります。
161008 212

山陰本線 江津 19:23 ~ 浜田 19:59

 江津駅からは山陰本線で浜田駅へ。江津で宿が取れなかったので浜田駅まで足を伸ばしました。初日はここまで、明日も三江線を巡ります。
161008 213

撮影日:2016年10月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 石見川越駅

 徒歩で到達、やってきたのは石見川越駅。この駅は前回車で訪問しているので2度目の訪問となります。
161008 159

 平均利用者数は9人(2014年度)のこちらも閉散とした駅。1931年、この駅が開業したときはここが終着駅だったようです。
161008 162

 今は1面1線の単式ホーム。終着駅だったという面影はありませんね。かつては相対式2面2線であったみたいですが、遠くの方で線路が不自然に曲がっているのがその名残でしょうか。ちょっと分かりづらいですが。
161008 166

 この駅では、川戸駅で出会った方とまた一緒になりました。僕は川戸⇒川平⇒田津⇒石見川越という行程、その方は川戸⇒千金⇒石見川越という行程でここでまた一緒になったという訳です。
161008 180

 運行本数がこんなかんじですから、同じように駅巡りをしていると一緒になることも多くなりますよね。
161008 185

 駅に到着した頃は16時45分くらいでまだ明るかったですが、30分が経過し日も暮れてきました。駅舎の中もライトがともりました。
161008 187

 写真を撮るにはキツい時間帯ですが、雰囲気は更によくなりますね。
161008 188

 一段高いホームから駅舎を見下ろすこの光景が、この駅での一番のお気に入り。
161008 189

 そろそろ列車の到着時間といったところで、突然強い雨が降ってきました。雨雲レーダーを見る感じだとこの後夜にかけて降り続けるような感じ。夜の間に雨雲が通り過ぎてくれれば良いのですが。こんな状況ですが、もう一駅訪問します。
161008 193

撮影日:2016年10月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 田津駅

三江線 川平 15:33 ~ 田津 15:58

 三江線の駅巡り、次に訪問したのは田津駅。ここまで訪問してきた駅は、以前に訪問歴がありましたが田津駅は初めての訪問です。
161008 133

 1面1線の単式ホーム。1日の平均利用者数は7人(2014年度)。この人数は、三江線的には多い部類に入るのか少ない部類なのか。ただ、駅前に民家を見ることができるので秘境駅というわけではないようです。駅の雰囲気は十分、秘境感がありますけどね。
161008 140

 ホーム上には駅舎と言って良いのか、簡易的な待合室があります。
161008 143

 一番気に入ったのは、このホームの状態ですね。
161008 139

 駅は道路からは一段高いところにあります。
161008 148

 道路からのアプローチ。線路が見えないので知らないでいると駅と気付かないかもしれません。
161008 146

 駅そばにはこんな場所も。勝手踏切というやつでしょうか。安全な道路・踏切を通行くださいといわれてもココしか渡るところが無い状態ではどうしようもない気が。。。これからも出てきますが、三江線ではこのような場所がたくさんありました。
161008 136

 さて、ここからは徒歩連絡。隣の石見川越駅まで歩きます。距離としては2.8キロ。さきほど歩いた距離よりは長いですが、なんとかなる距離。どちらにしても次の列車は1時間以上来ないですしね。
161008 150

 写真では分かりづらいですが、途中小雨の降る中での移動でした。
161008 152

 また見つけた勝手踏切。それにしてもどういう経緯であんなところに家を建てたのだろうか。
161008 157

 歩き始めて40分ほど、目的の駅が見えてきました。
161008 158

撮影日:2016年10月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 川平駅

三江線 川戸 14:20 ~ 川平 14:33

 川戸駅から1駅戻って下車したのは川平駅
161008 105

 三江線に残る木造駅舎の中では一番のお気に入りです。
161008 109

 木の温もりを感じられる駅。すばらしい。
161008 106

 何もしない。ただ時が過ぎるのに身を任せる。贅沢な時間。
161008 117

 時間に追われること無く旅しようとローカル線を訪れても、駅巡りを主体にしてしまうと時間に追われる行程になることがままありますが、その点三江線は大丈夫。どんなに効率的に行程を組んでも1時間以上の駅滞在の時間を取れます。
161008 123

 列車の来ない時間を如何に楽しむか。三江線の旅は奥が深い。
161008 130

 無くしてしまうには惜しい路線ですが。
161008 121

 滞在時間1時間、列車がやって来ました。次の駅へと参りましょう。
161008 132

撮影日:2016年10月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 川戸駅

三江線 江津本町 12:36 ~ 川戸 13:03

 江津本町駅から三江線へ乗車。廃止の報があったことから混雑していることを覚悟していましたが、思ったほどの乗車率では無かった印象。まだこの時期は、廃止が間近に迫った留萌本線の方が盛り上がっていましたね。
161008 067

 三江線は江の川に沿って進みます。この車窓が三江線の魅力でもありますが、このことで速達性を失い、陰陽連絡線としての役目が果たせなかった要因でもありました。
161008 070

 次の訪問駅は川戸駅。かつては列車交換が出来る駅でしたが、対向のホームは自然に帰りつつあります。
161008 073

 立派な木造駅舎。しかし、以前訪問した時には無かった中央しんきんのATMが目立ちます(笑)。
161008 088

 もう1つ変わったことと言えば、駅舎を利用した図書館が出来ていました。残念ながら、訪問した日は休館日でしたけど。
161008 077

 駅の窓口も本の返却口が追加。
161008 096

 その他にも地域の集会所みたいにもなっていたので、路線廃止後もこの駅舎は残っていきそうな感じがしました。
161008 087

 それでもホーム側のこの風景は失われてしまう。しっかりと記録・記憶をしていきたい。
161008 090

 そういえば、この駅では出会いがありました。僕と同じようにこの連休に三江線の駅巡りをしようとしている方。行程を聞くとこの後も一緒になりそうな感じ。実際、何度も一緒になりましたね。こういう経験は今までに無かったので、そこも楽しい旅でした。
161008 084

 川戸駅での滞在時間は1時間20分。折り返しの列車がやってきたので次の駅へと向かいましょう。
161008 097

撮影日:2016年10月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三江線 江津本町駅

 今回の旅の目的は三江線の駅巡り。江津駅と三次駅を結ぶローカル線の一つで、陰陽を結ぶローカル線の中でも抜群のローカル度を誇る路線です。しかし、それが災いしてか2018年3月で廃止されることが決定してしまいました。総距離が100キロを超え、盲腸線でない路線の廃止は近年には無かったこと。これを機に、路線廃止の流れが加速しないことを祈ります。

 決まってしまったことはもうどうしようも無いので、残り少ない命となった三江線をきちんと記録していきたいと思います。三江線の出発地点は江津駅ですが、列車の時間まではしばらくあります。まずは駅近くの食堂で腹ごしらえ。
161008 027

 そして、徒歩移動開始です。前回はレンタカーを利用しての駅巡りでしたが、今回は車の利用は無し。出来るだけ多くの駅を訪問するためには、徒歩移動は必須なのです。
161008 030

 江津駅からお隣の江津本町駅までは徒歩だと1.4キロほど。駅間距離としては三江線の中では一番短いと思うので、徒歩連絡しやすい駅ではないかと思います。江の川に沿って歩きます。
161008 035

 途中、雰囲気のいい路地がありました。こういう発見も徒歩連絡の魅力の一つです。
161008 041

 いよいよ見えてきました、最初の訪問駅である江津本町駅
161008 043

 江津本町駅。1日の平均乗車人員は2006年度以降ゼロということらしいです。周辺に民家が全くないという訳ではないですが、もう駅の役目は果たしたということでしょうか。
161008 046

 雰囲気のとてもいい駅なんですけどね。
161008 047

 江の川のすぐ傍、この雰囲気最高ですよね。
161008 049

 愛のある駅ノート。地域の足、守りたかったです。
161008 060

 ここで突然の大雨。さっきまでの雰囲気が一変しました。でも、雨の景色もなかなかの物です。
161008 062

 幸いにも雨はすぐ止みました。それでは列車が来たので三江線の旅、始まりです。
161008 065

撮影日:2016年10月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

秋の乗り放題パスの旅 2016

 まただいぶ時間が空いてしまいました。本日より新しい旅の模様をお送りしたいと思います。今回お送りします旅は、昨年の秋、秋の乗り放題パスを利用して敢行した旅です。秋の乗り放題パスは、10月14日の鉄道の日を記念して発行される切符で、青春18きっぷの秋版とも呼べる切符ですね。青春18きっぷと違うところは連続3日間でしか使用できないところですが、自分は3連休でないと旅には出ないので特に不便は感じないかな。

■2016年10月8日(土)

 夏に旅したばかりでしたが、今回も山陰地方を旅します。出雲縁結び空港で山陰入りです。ちょっと恥ずかしい名前の空港が増えましたね(笑)。
161008 001

 空港からは連絡バスで出雲市駅へ。ここから列車の旅が始まります。
161008 002

アクアライナー 出雲市 9:45 ~ 江津 10:50

 山陰本線アクアライナーに乗車し今回の目的地へ。天気予報では3連休中ずっと雨でしたが、なんとか持ち堪えているみたい。今回の旅は、徒歩連絡もするつもりなのでなんとか雨は降らないで欲しいところ。
161008 004

 快速列車と言うこともあってかそれなりの乗車率だったので、かぶりつきで前面眺望を楽しむことにしました。
161008 006

 西出雲駅を超えたところに車両基地があります。山陰地方を走る多くの列車がここに所属しています。気動車がたくさんで見学してみたいですね。
161008 009

 西へ進むにつれて天気が回復してきました。さすが晴れ男。
161008 013

 日本海ちらり。
161008 017

 黒松駅で列車交換。
161008 020

 山陰地方の屋根瓦は特徴がありますね。赤瓦で統一されているイメージでしたが、実際は黒い瓦もあるのですね。
161008 022

 江津駅で下車。今回の旅の主題はここからです。
161008 026

撮影日:2016年10月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ