日田散策

 日田駅に到着、乗ってきた列車はここまで。ここから先への列車はしばらく時間があるので途中下車と行きましょう。
170504 040

 日田駅訪問は2度目ですが、駅舎がリニューアルされたようですね。駅前のモニュメントは"I"は抜けてますが、ここに立って写真を撮るということでしょうね。
170504 044

 それでは前回の訪問時と同じく日田の街を散策したいと思います。駅からは少し離れているので少々歩く必要がありますが、豆田町というところが古い町並みが残っている区画になります。
170504 050

 なかなかいい町並みが残っているんですよね。
170504 053

 ある程度は観光地化されてはいますが、それほど多くの人がいるわけでも無いのでゆっくり回ることが出来ます。観光客が多いことはいいことなんでしょうけど、どうしても風情を味わうことが出来なくなってしまうのが難点ですよね。
170504 057

 酒蔵なんかも見学できたりして。
170504 063

 前回の散策時にも訪れているんですが、当時よりも日本酒にはまってしまっているので今回の訪問の方がテンションが上がりましたね。
170504 066

 あと、蔵に保存されていた上皿天秤にもテンションあがりました 笑。懐かしすぎる。
170504 079

 こういう街を散策するのが旅の醍醐味の一つでもあります。
170504 084

 また機会があれば歩きたいと思います。
170504 086

撮影日:2017年5月4日
カメラ:PENTAX KP + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+ FA 31mm F1.8AL Limited


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

阿蘇応援旅 草千里ヶ浜

 阿蘇観光、3つ目の訪問地は草千里ヶ浜。阿蘇山の麓に位置し雄大な景色が堪能出来ます。昨年のGWの段階では、道路の復旧状態もまだまだで、阿蘇駅から阿蘇山上までの県道111号線が唯一の交通手段でした。この時期は南阿蘇の方へは抜けられなかったですが、今では復旧しているみたいです。
170503 101

 草千里ヶ浜はこんな感じで草原が広がっています。どこかモンゴルチック。
170503 061

 人がちっさい。本当に広くて歩き回るのはちょっと大変でしたね。あと風が強くて少し寒かったのを覚えています。
170503 076

 ただ、この景色を見られて僕は満足です。
170503 091

 中岳はまだ火山活動を続けて居るみたいですね。水蒸気がモクモクと上がっていました。火山の近くまではロープウェイを使って行くことが出来ますが、この時点ではまだ運休。現在も運休状態が続いていると思います。
170503 090

 馬に乗ることも出来るのでこういう楽しみ方も出来ます。
170503 097

 でも、僕はやはり向こう側に行ってみたいですね。
170503 104

 最後に衝撃的だったのは、帰りの途中で見た米塚という小さな火山。お椀を逆さまにしたようなきれいな形の火山でしたが、地震により真ん中に亀裂が入ってしまったようです。自然の素原らしさと合わせて自然の驚異も感じられる阿蘇訪問となりました。
170503 117

 そして、帰りは大渋滞。熊本方面へ繋がっている道が少ないことから県道111号線から国道57号に出たところからずっと渋滞で大変でした。結局、4時間かかってしまいレンタカーの返却時間を1時間オーバーしてしまいました。閉店時間を過ぎていたのに追加料金も取らないでいてくれたのが有り難かったですね。あれから1年近く経っているので状況は改善しているとは思いますが、訪問の際は気をつけてください。
170503 114

撮影日:2017年5月3日
カメラ:PENTAX KP + FA 31mm F1.8AL Limited
+ DA 12-24mm F4 ED AL [IF]
+ DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

阿蘇応援旅 大観峰

 阿蘇観光、2つめに訪問したのは大観峰。阿蘇外輪山の最高峰にあたり、阿蘇カルデラなどをはじめとする阿蘇の雄大な景色が一望できるスポットです。
170503 044

 ここの素晴らしさはもう見て貰った方が早いですね。こんな景色を見られるところが日本にもあるのかという感じです。
170503 026

 ブラタモリのおかげで地形に対する知識も少しずつ付いてきましたが、まだまだ素人。この辺の知識があればもっと楽しめそうな場所です。
170503 031

 でも、皆さん思い思いの楽しみ方をされていましたね。
170503 035

 ピクニックなんてのもいいと思います。
170503 059

 ただただ、自然の大きさに圧倒されるスポット。1度は訪問して損はない場所だと思います。
170503 043

撮影日:2017年5月3日
カメラ:PENTAX KP + FA 31mm F1.8AL Limited
+ DA 12-24mm F4 ED AL [IF]


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

阿蘇応援旅 鍋ヶ滝

■2017年5月3日(水)

 そろそろ通常更新を再開したいと思います。前回の更新からだいぶ日が空いてしまいましたが昨年のGWの九州旅、5日目より再スタートです。

 沖縄からスタートして鹿児島へ、そこから肥薩線を経由して熊本までやって来ました。この日は鉄道には乗らずレンタカーで旅する計画です。というのも震災以降、熊本の地を旅することが出来ていなかったので今回阿蘇地方の応援を兼ねて一日滞在することにしたのでした。

 最初に訪れたのは鍋ヶ滝。この滝の風景が美しいと言うことで訪問してみました。そして、今回の旅はトラベル三脚を持って行っていたのでここでやっと活躍の場が。
170503 001

 水のきれいな阿蘇地方、その中でもこのスポットはいいですね。マイナスイオンをたくさん浴びることが出来ました。そして、この地はかつて生茶のCM撮影にも使われたのだとか。
170503 006

 松嶋菜々子さんが出演されていたようです。YouTubeで見て見ましたが覚えてなかったですね(笑)。
170503 011

 その話は置いといて、この滝の見所はこうして滝の裏側に回れることです。
170503 014

 裏側から見る水のカーテンも素晴らしいものでした。
170503 017

撮影日:2017年5月3日
カメラ:PENTAX KP + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+ DA 12-24mm F4 ED AL [IF]
+ DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

球泉洞洞窟探検

■2017年5月2日(火)

九州産交バス 札の辻夫婦恵比寿神社前 9:16 ~ 球泉洞前 10:01

 GWの旅、沖縄・鹿児島と巡ってきまして4日目は熊本・人吉からスタートします。最初の移動はバスを使います。九州産交バスに乗車して球泉洞へとやってきました。
170502 002

 球泉洞は権現山の地下にある鍾乳洞、総延長は日本第6位、九州では最長だそうです。
170502 004

 コースは30分ほどで回れる一般コースと更に奥まで進む探検コースがあります。一般コースは個人で回れますが、探検コースはガイドさんの案内の下、回ります。今回時間があったので探検コースに申し込みました。探検コースは長靴・ヘルメット装着が必要、ちょっとしたブラタモリ気分。
170502 033

 最初は一般コースを回ります。
170502 007

 いろんな形の鍾乳石を見ることが出来ます。
170502 006

 一般コースでも十分探検気分を味わえますね。
170502 010

170502 016

 さて、ここからは探検コース。ガイドさんと合流して先に進みます。朝一の訪問と言うこともあり、今回の参加者は僕1人でした。
170502 018

 一般コースは歩きやすいように整備されていますが、探検コースは洞窟そのままを進んでいきます。これはワクワクしますねぇ。
170502 020

 垂直にかかるはしごを降りたり、なかなか大変な行程を進み最初のポイントはこちら。滝のスポットでした。
170502 022

 一旦戻って別のスポットへ。成長中の鍾乳石がありました。ちょっと卑猥な感じもしますね(笑)。一般コースの鍾乳石は乾燥してしまっていますが、探検コースの方はまだ成長中のものがたくさんあるそうです。
170502 027

 一般コースは営業中ずっとライトが付いていますが、こちらの方はこうしてお客さんが来るときだけライトを点灯させるので乾燥から守ることが出来るそうです。
170502 028

 川の中を歩いて最終到達ポイントへ。
170502 029

 球泉洞一番の見所はここですね。たくさんの氷柱のような鍾乳石が並んでいます。これは写真よりもぜひ自分の目で見て欲しいですね。ということで球泉洞訪問の際は、探検コースがオススメです。
170502 030

撮影日:2017年5月2日
カメラ:PENTAX KP + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+ FA 31mm F1.8AL Limited


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

人吉温泉と人吉城跡

 GWの旅、3日目の夜は人吉温泉で一泊。お世話になったのはあゆの里という温泉旅館でした。
170501 167

 このお宿はウェルカムドリンクなんてものがありました。温泉宿はこれまでにも何度か泊まったことがありましたが、ウェルカムドリンクを頂いたのは初めてでしたね。黒い入れ物に入っているのは地元の米焼酎。これをオレンジと合わせて飲むのが美味かったですね。
170501 168

 お部屋もいい感じです。
170501 170

 さて、夕食まではまだ時間があるのでもう一活動。人吉散策ということで人吉城跡を訪れてみることにしました。この旅では、首里城・座喜味城跡・今帰仁城跡に続く4つ目の城訪問です(笑)。
170501 179

 人吉城は鎌倉時代からのお城ですが、江戸時代に火事により全焼。その後、一部が再建されたようですが明治時代に廃城となっています。今では城壁だけが残る城跡です。
170501 183

 これだけでも何かワクワクするものがあります。
170501 185

 これまで沖縄で見たきた琉球王国の城跡とはまた違い、直線・直角が多い構造。あぁ、日本のお城だなぁと実感した瞬間でした。
170501 191

 山の上にあるので天空の城感がありましたね。山城って好きだなぁ。
170501 209

 この木々は廃城になってから育ったものなのでしょうかね。
170501 197

 人工物が自然にのみ込まれていく姿を見ているようです。ラピュタ的な。
170501 205

 現存する城もいいですが、廃城を訪問する方が楽しかったりするのは何故でしょうね。
170501 206

 素敵な城跡でした。それでは4日目へ。。。
170501 213

撮影日:2017年5月1日
カメラ:PENTAX KP + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

鹿児島散策 名山町商店街

■2017年5月1日(月)

 GWの旅3日目は鹿児島からスタート。ここからは九州を回ろうと思います。午前中は鹿児島市内をぶらぶら、観光地もいいですがここは古い町並みを見ようと市電に乗り朝日通電停へやって来ました。
170501 003

 鹿児島市役所の目の前にそれはあります、「名山町商店街」。
170501 044

 入口は金物屋さん。こういうお店に意外といいものがあったりするんですけど、ここはどうでしょうね。
170501 019

 狭い通路に店が並ぶ。
170501 022

 市役所前という比較的街の中心部に位置する場所に、このような商店街が残っているとはね。
170501 026

 古い中にも新しそうな場所もありました。
170501 030

 商店街の一角を利用した美術館(?)。
170501 031

 異国の雰囲気もあったりして。古いけどこの商店街は活きています。
170501 034

 ここはオススメの町並みです。
170501 038

 昭和が活きている。
170501 037

撮影日:2017年5月1日
カメラ:PENTAX KP + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

沖縄散策 沖縄美ら海水族館

 沖縄観光ラストの訪問地は、沖縄美ら海水族館。最後に一番ベタな観光地にきてしまいました(笑)。
170430 103

 混んでるかなぁと思いましたが、午後の訪問だったこともありそれほどの混雑はありませんでしたね。水族館っていつ以来だろ。
170430 105

 以後、ぺたぺたと写真を貼っていきます。
170430 107

170430 113

170430 119

170430 123

 う〜ん、手抜き記事ですね。美ら海水族館のメインといえばジンベイザメですよね。
170430 129

 美ら海水族館には2匹のジンベイザメがいます。
170430 136

 結構楽しめたので良かったです。沖縄散策はこれにて終了。この日の最終便で次の訪問地へと移動しました。その後のお話は次回へ。
170430 138

撮影日:2017年4月30日
カメラ:PENTAX KP + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

沖縄散策 今帰仁城跡

 沖縄散策を続けます。次に訪問したのもグスクの一つ、今帰仁城跡。今帰仁城跡は沖縄本島北部から東シナ海に突き出した本部半島に位置します。美ら海水族館の近くといった方が分かりやすいでしょうか。もちろん世界遺産にも登録されていて、県内最大級のグスクとなっています。
170430 057

 那覇市から車で1時間半くらいかかるところにあるのがちょっと難点ですかね。路線バスもあるようですが、ここはレンタカーの方が便利でいいでしょう。本門である平郎門をくぐって中を見学。ここは見学料が必要で確か400円だったかな。
170430 058

 ここの見所はここかな。やはり曲線が美しい城壁。この場所は大隅(ウーシミ)といって兵馬を訓練した場所らしいです。
170430 065

 例によって建物は残っていないんですが、どこか引き込まれるものがあります。
170430 068

 ここも城から海が見える。まぁ島だから当たり前と言えば当たり前ですがね。
170430 075

 海と反対側に目をやるとこんな光景。ここには城主に仕えた身近な人々が住んだと考えられているそうです。丸太で囲まれた部分はかつて建物があったところでしょうね。
170430 080

 ぐるっと回ってきてさきほど俯瞰で見た場所へ。山城だけあって斜面が多い。良くこんな所に城を作ったなぁと思います。
170430 090

 ここまでいろいろ回ってくると、琉球王国の歴史にも興味が湧いてきましたね。
170430 096

 グスクは他にも残っているのでまた機会があれば回ってみたいです。
170430 088

 最後にこのお城の城主にご挨拶(笑)。人なつこいにゃんこでした。
170430 102

撮影日:2017年4月30日
カメラ:PENTAX KP + DA 12-24mm F4 ED AL [IF]
+ DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

沖縄散策 万座毛

 座喜味城跡から更に北上して次に訪問したのはガチガチの観光地、万座毛。やっぱり沖縄の海は見ておきたいなぁと思って訪問しました。象の鼻の岩が有名なポイントですよね。
170430 037

 それにしても凄い青い海です。この色の海の傍で暮らしていたらおおらかな性格になりますよね。
170430 041

 ここも中国系の観光客が多かったですねぇ。僕も写真を撮ってあげたりしてました。この日、日本人より中国人の観光客に声かけられる方が多かったです(笑)。いろいろマナーが問題とか言われてますが、個人出来ている方はそんなこと全然無いんですけどね。
170430 042

 高校の修学旅行で沖縄に来た際は万座に泊まった気がするんですが、まさかあそこじゃないよな。海が近かったような記憶だけあるんですけどね。まぁ、あそこは一人旅で泊まるホテルではないですね。
170430 045

 面白い形の岩。海面の部分は大分浸食されてますね。
170430 047

 ベタな観光地を織り交ぜながら、沖縄散策は続きます。
170430 050

撮影日:2017年4月30日
カメラ:PENTAX KP + FA 31mm F1.8AL Limited
+ DA 55-300mm F4.5-6.3 ED PLM WR RE


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

| NEXT≫