神浦集落の町並み その2

 神浦集落の街巡り、今度は海岸沿いを歩いてみます。民宿なんかもあるんですねぇ。釣りでこの島を訪問する方が泊まることが多いみたいです。
170319 160

 それにしても素晴らしい港です。
170319 166

 再び町中を歩きます。
170319 172

 怪しげな無料体験会場(笑)。なんの体験が出来るのでしょうね。
170319 173

 町の電気屋さんも趣があります。看板だけがやけに新しいです。
170319 177

 期待以上の町並みが広がっていてわざわざ来た甲斐がありました。古い町並みが残るところは多いけど、ここまで広範囲に完璧な状態で残っているところは少ないと思います。
170319 178

 これは懐かしい風景ですね。子供の頃、学校が休みの日に上履きの洗濯してこうして干してましたね。
170319 179

 建設中のこの立派な建物は平戸市役所の大島支所。離島ですが、ここは平戸市の一部なのですね。それにしても立派な建物だこと。
170319 182

 最後に神社に参拝。
170319 191

 高台にある神社からの風景もまた良いものでした。
170319 190

大島村産業バス 天降神社前 15:50 ~ 的山桟橋 16:07

 再び、島内を巡るバスに乗り的山港へと戻ってきました。
170319 197

 港に着くと、ちょうどフェリーが入港してくる時間です。
170319 199

 離島の旅、なかなか面白かったですね。旅のターゲットを離島にまで広げるとまた行き先が無限に広がってしまいますけどね(笑)。
170319 200

撮影日:2017年3月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

神浦集落の町並み その1

 神浦集落の散策開始。スタートから期待が高まります。
170319 135

 こういう看板いいですよねぇ。
170319 136

 狭いとおりに住宅がぎっしり詰まっています。この地区は国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されているようです。
170319 138

 素晴らしい言葉です。幸せかどうかは自分次第。
170319 140

 古い町並みが残るところは多いけれど、ここまで統一されて昔の状態が残っているところは少ないんじゃ無いかな。また、ここが離島だということもポイントが高いです。その分訪問は大変なんですけど。
170319 143

 でも、頑張って訪問する価値はあると思います。
170319 147

 大晦日には除夜の鐘を鳴らすのでしょうね。この町なら鐘の音がうるさいと苦情を言う人はいないでしょう(笑)。
170319 146

 古い町並みではあるのですが、ボロさは感じません。修繕するところは修繕して大切に使う、そういうことが感じられる町並みでした。
170319 152

 どこを切り取っても絵になる風景がたくさん。
170319 156

 再び、海岸線に出てきました。散策の模様は次回も続きます。
170319 157

撮影日:2017年3月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR]


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

的山大島 神浦地区への道

 的山大島に到着しました。まずはこの島の概要をおさらい。この島の入口、的山港はこの地図の左側に位置します。が、古い町並みが残る神浦地区は右下の神浦港周辺にあるため距離があります。かつては神浦港にも寄港していたようですが、今では廃止されてしまったようです。
170319 074

大島村産業バス 的山桟橋 13:50 ~ 神浦桟橋 14:13

 ということでここからの移動は島内を走る路線バスを利用します。このバスは的山港に来るフェリーに合わせて、村内を走るバスです。主に的山港、大根坂漁港、神浦港と島内にある3つの港を結んでいます。
170319 117

 バスは港を出発してすぐに山道へと入ります。この島は海岸線ギリギリまで山がつきだしていおり、平地が少ないんですよね。平地は海岸線の一部しかないようで、島内の移動はこうして山道を進むことになります。
170319 118

 山の方にはたくさんの棚田がありました。
170319 119

 まだ、田植えが始まってない時期でしたが、田植えが終わるとすばらしい光景になること間違い無しです。
170319 121

 あちらに見えるのが大根坂漁港。漁港と言うことなので一般の利用は無いのかな。
170319 122

 そして、終点の神浦桟橋までやってきました。正面に見える古い木造建築がバス停にあたるよう。一応ベンチがありますね。この先にバスの営業所がありました。
170319 124

 神浦港はこんな感じ。かつてここにもフェリーが来ていたとは思えない雰囲気です。今ではここも漁船の利用しか無さそうです。
170319 126

 道の駅ならぬ海の駅。
170319 127

 いや〜、しかしいい雰囲気です。時間がのんびりと進んでいるよう。
170319 130

 どこから町歩きを始めるのがいいかなと港から歩いていると、さきほどのバスの一つ前のバス停、天降神社前へ。ここからスタートするのが良さそうです。
170319 134

 ちょうどここに周辺の地図がありました。この地図をインプットして神浦地区の町歩きをスタートしたいと思います。タイムリミットは帰りのバスの時間の15:50。約1時間半と時間はたっぷりあります。
170319 133

撮影日:2017年3月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR]


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

離島の旅

 お腹も満たされて次の行程は目の前に見えますフェリーに乗ります。あのフェリーは平戸島の北方にある的山大島(あづちおおしま)とを結ぶフェリーです。
170319 072

 この島には素晴らしい古い町並みが残っているということを、当blogと相互リンクさせて頂いているねじまきさんの記事で知り、僕も訪問してみたいと今回の行程に組み込みました。
(ねじまきさんの記事へのリンクはこちら→2014.7 西九州鉄道紀行 もくじ
170319 073

第二フェリー大島 平戸港 13:00 ~ 的山港 13:45

 的山大島への便は1日5往復。基本的に平戸港との往復ですが、的山港発の1便だけ田平港へ寄港します。ここから松浦鉄道を使って佐世保や伊万里方面へと行く方の便宜を図っているのでしょうね。
170319 075

 それでは出港! 乗客はそこそこあったように記憶しています。学生さんや買い物帰りの方など、島民にとって無くてはならない交通手段です。
170319 082

 平戸大橋を眺めながら約45分の船旅を楽しみます。
170319 083

 出港してすぐの小さな島に神社らしきものがありました。海の守り神でしょうか。船が無いと参拝できないところにありますが、地元の漁師さんが参拝に訪れるのでしょうね。
170319 085

 灯台の島では釣りをしている方がたくさんいましたね。
170319 089

 海にはこういうものがたくさん漂流してました。なんでしたっけこれ。神様へのお供え物的なものだった気がしますが。。。
170319 095

 漁船ともたくさんすれ違いました。
170319 099

 的山大島が見えてきました。この島はギリギリまで山になっていて海岸線は断崖絶壁になっています。
170319 111

 山頂の方に目をやると心躍る風景が。こういうところ好きですねぇ。
170319 112

 まもなく島へ上陸です。
170319 115

撮影日:2017年3月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+DA 55-300mm F4-5.8 ED


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

平戸の町並み散策

西肥バス 平戸口駅前 10:03 ~ 平戸新町 10:15

 西肥バスで平戸の町を目指します。このバスの終点の平戸桟橋バス停に平戸港があり、観光の拠点となっています。紛らわしいんですが、平戸口桟橋というバス停もありそちらにも田平港という港があります。こちらは九州本土側の港なので間違えて降りないように注意です。
170319 033

 平戸の町は、あの大きな平戸大橋を渡った先にあります。というか平戸が島だったと知りませんでした(汗)。地図で見ると繋がっているように見えるので半島だと思っていたんですよね。
170319 034

 と、無知をさらけ出してしまいましたが町歩きを始めます。終点の平戸桟橋までは行かないで橋を渡ってすぐの平戸新町バス停で下車しました。
170319 035

 ここから平戸港へと向かっていくプランです。最初に立ち寄ったのは幸橋、通称オランダ橋。さすが、オランダの文化が色濃く残る地域です。
170319 036

 地図を片手にどこを歩こうかとブラブラしていると気になる小道を発見。ブラタモリじゃないですが、高低差を見つけたら行かないわけにはいきませんよね(笑)。
170319 039

 建物が道路を跨いでいるぞ。坂の多い町らしい工夫ですねぇ。
170319 042

 坂道を更に登る。
170319 044

 坂の上からは港が一望できました。いい眺めです。
170319 046

 しばらく進んでいくとT字路に出たので更に上の方へと進みます。
170319 047

 見えてきたのは「寺院と教会の見える風景」。手前に瑞雲禅寺、奥に平戸ザビエル記念教会が見えます。
170319 067

 正に和洋折衷。この地ならではの風景ですよね。
170319 062

 そしててっぺんまで登ってきました。さきほど奥に見えていた平戸ザビエル記念教会。さっそくセーブしなきゃ(笑)。
170319 057

 セーブしたかったですが、協会内は礼拝中ということで立ち入り禁止でした。全滅したらどうしよう(まだ言うか)。
170319 059

 下界に降りてきたらうで湯というものがありました。これ結構気持ちよかったです。
170319 068

 そして、腹ごしらえということで平戸ちゃんぽんを頂きました。これも旨かったですね。写真見てたらまた食べたくなってきました(笑)。
170319 070

撮影日:2017年3月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+DA 12-24mm F4 ED AL [IF]


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

明治の遺産、三角西港

 三角駅から少し寄り道。明治時代の遺産が残る三角西港へと訪問しようと思います。実は三角駅の前にも三角港という港がありますが、目的の三角西港は駅から離れたところにあります。そこまではバスを利用。
150720 075

産交バス 三角産公 11:18 ~ 三角西港前 11:24

 このシャトル便はなかなか便利。
150720 076

 さて、三角西港。西洋風のモダンな建物が印象的、明治に完成したこの港は、明治の産業の発展を支える重要な港として活躍しました。今年にその歴史的価値が認められて世界文化遺産にも登録されましたね。
150720 093

 世界遺産に登録されたばかりの時期での訪問でしたが、それほど観光客はいませんでしたね(笑)。今回の登録は場所がいろいろ別れていて一つ一つは規模が小さいのであまり大きな集客力がなさそうな感じがします。
150720 084

 なんにせよ、落ち着いた雰囲気で散策できて良かった。
150720 097

 三角西港の見所と言えばこの石畳の埠頭でしょうか。この辺りは当時の姿のままで残っているんですね。
150720 138

 向こうに見える土蔵造りの海運倉庫も良い雰囲気です。今では内装をレストランに改造して使われています。
150720 137

 ちょうどお昼時だったので、ここで昼食を取りました。散策の一休みには良い場所だと思います。
150720 148

 1時間ほどあれば回れてしまうので、旅の寄り道には良い場所かなと思いました。ここをメインでってなるとちょっと辛いかな。
150720 099

 あと、映画るろうに剣心のロケ地にもなった処もあるので、そっちのファンの方も訪問してみては良いかもしれませんね。映画は見たんですが、どのシーンで使われた場所だったのかは分からなかったんですけどね(笑)。
150720 118

撮影日:2015年7月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

海の中を走る道 長部田海床路

 住吉駅より歩くこと20分、目的の地にやってきました。それがここ長部田海床路(ながべたかいしょうろ)。
150720 018

 海の中に電柱が並んでいますよ。ここ、どういう場所かというと海の中に道が沈んでいるんです。
150720 021

 ここの海岸は遠浅の海のため船を岸に付けることが出来ません。そこで、海の上に道を作り、干潮時に沖に停泊した船と港との間を行き来できるようにしたのがこの道の始まりです。満潮になると道が海の中に沈んでしまい、電柱だけが見えるという不思議な光景になるのです。
150720 023

 夜間は道が沈んだあとでも、船が座礁しないように街灯が付けられるとか。きっと幻想的な風景なのでしょうね。干潮時の道が現れている風景と合わせて見て見たいですが、今回はこの満潮の風景だけで我慢します。
150720 030

 公道じゃなさそうなので、一般人は入っちゃだめのようですね。歩きだったらいいのかな。
150720 028

産交バス 長部田 10:06 ~ 網田駅前 10:15

 ここからの脱出は、産交バスを利用。実は住吉駅からこのバスの時刻までが30分しかなかったので、結構慌てての訪問でした。もう少しゆっくり出来ると良かったんですけどね。
150720 034

撮影日:2015年7月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR #1,2
+ DA 55-300mm F4-5.8 ED #3-6


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

関門海峡、今度は船で渡る

 関門トンネルを渡り本州へ上陸した僕、このまま次の目的地へと行きたいところだったんですが、荷物を門司港駅に置いてきたので戻らなければなりません。さすがにまた徒歩で戻るのはいやだなぁと思い、スマホで調べたところ唐戸から門司港まで連絡船があるのとのこと。これだ!
150719 132

 ここ唐戸は門司港までの連絡船の他に、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の地で有名な巌流島への連絡船も発着しています。ちょっと気になるスポットではありますが、この後乗り潰さなければならない路線が控えているため今回はスルーしました。
150719 130

関門連絡船 下関(唐戸) 12:39 ~ 門司港 12:44

 料金は400円、所要時間は約5分。船内は普通の座席とカーペット席。
150719 134

 窓は曇っていてこんな感じ。
150719 133

 いざ出港すると水しぶきがすごい。さすがに小さい船なので揺れも凄かったです。それも面白かったですけど。あと、操縦士さんが女性の方ですごいかっこよかったです。
150719 139

 徒歩と船を使った門司港 - 下関往復達成。
150719 142

 再び門司港駅へと戻ってきました。午前に来たときにはしまっていた工事見学デッキが開いていたのでちょっと覗いてみることに。
150719 148

 基本的に外側を覆うように建屋が建っていて中を自由に見ることは出来ませんが、隙間から見た感じだとこういう状態。一度全部ばらしてから作り直すということなので、まだまだ先は長そうです。
150719 149

 テンポアップでお願いしますよ。
150719 153

鹿児島本線 門司港 13:18 ~ 八幡 13:45

 それでは列車の旅を再開。次のターゲットがある八幡駅まで移動してきました。さてさて。
150719 154

撮影日:2015年7月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

関門海峡を歩いて渡る

 関門海峡めかり駅の目の前には古い客車が保存されています。オハフ33形客車。
150719 110

 この客車を利用してカフェがオープンしていました。こういうカフェ好きですねぇ。
150719 101

 お昼には少し早い時間ですが、ここで燃料を投入(笑)。地ビールおいしかった。写真撮るのを忘れましたが、ジャンボウインナーも頼んで軽くお昼。
150719 105

 ビールを飲みながら列車で貰った門司港の観光マップをみて今後の予定を思案。現在地からすぐ傍に面白そうなスポットがあったのでそちらに行ってみることにします。
150719 102

 それがこちら、関門トンネル人道。その名の通り関門海峡の海面下に掘られた海底トンネルで、歩いて海を渡って本州へ渡ることが出来る場所です。
150719 114

 入口はエレベーターになっていて、これに乗って地下に降ります。
150719 115

 こちらが海底トンネル、トンネルの先が本州の下関です。人道の上には車道用のトンネルが有り2層構造になっています。この道路もれっきとした国道2号線の一部です。
150719 116

 海底を歩けるなんて面白いです、あんまり実感は無いですが。人道の全長は780m、ウォーキングやジョギングをしている方とたくさんすれ違いました。
150719 118

 ちょうど真ん中くらいに県境が。
150719 120

 汗だくになりながら関門トンネル制覇。九州の旅ですが、うっかり本州へ上陸してしまいました。
150719 124

 こうしてみると近そうに見える九州、歩くとなると結構大変なんですね。僕が運動不足なだけかもしれませんけど・・・。
150719 125

撮影日:2015年7月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

九州鉄道記念館

 阪九フェリーで九州へ上陸後、門司港へとやって来た理由はこの路線の乗り潰しのため。それは平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線。ですがこの路線、観光列車なので始発が10時と遅めの設定。まだ時間がだいぶあります。
150719 032

 というわけでやってきたのがこちら、九州鉄道記念館。こちらも訪問は2度目。9時の開館を待って入館しました。
150719 034

 入ってすぐに目に入るのが車両展示場。SLから国鉄時代の機関車・電車と古い車両が展示されています。
150719 037

 なかでも僕の琴線に触れた車両はこのキハ07 41号。
150719 039

 この列車、車と同じようにクラッチで変速する方式なんですよね。連結運転の時は双方の運転士さんが合図を送りながら走行していたのだとか。
150719 046

 内装も素敵です。乗ってみたかったし、走っている姿を見たかったな。
150719 051

 今は無き宮原(みやのはる)線で使用されていた車両だそうです。昭和44年に引退したようですが、その割には状態が凄く良いですね。きっと大切に保管されていたのでしょう。
150719 042

 ボンネット型の特急列車も見なくなってしまいましたね。
150719 053

 寝台電車特急「月光」。
150719 063

 昼間は座席特急列車、夜は寝台列車に早変わりと便利な車両でした。超豪華寝台列車はもういいので、サンライズみたいな寝台特急電車を作ってくれませんかねぇ、JR九州さん。
150719 067

 一通り展示車両を見た後は、本館の展示物を。常設展示は一度見たことがあるのでさっと見学。特別展示として、九州の古い路面電車の写真展がやっていてそれが非常に興味深かったです。残念ながら、撮影は禁止だったので写真はありませんが思わず見入ってしまいました。

 それではそろそろ時間なので鉄道記念館を後にします。

撮影日:2015年7月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

| NEXT≫