伊勢神宮参拝

近鉄特急 松阪 13:23 ~ 伊勢市 13:36

 名松線の後はJRから少し離れて近鉄特急に乗り伊勢市駅へ。ちょっと寄り道です。
160504 046

 訪れたのは伊勢神宮。ちょうどサミットも開かれ注目を集めるスポットとなっていましたが、一度は参拝したい所だったんですよね。せっかく伊勢に来たのだからと行程に組み込みました。

 伊勢神宮は内宮と外宮と二つの正宮があります。参拝に当たっては、まず外宮からお参りし次に内宮へお参りするのが決まりなのだそうです。どちらも広大な敷地なので両方回るのは結構大変。でもここは慣例にならってお参りしたいと思います。
160504 047

 まずは外宮から。
160504 048

 正宮内は写真撮影禁止なので鳥居の外から。正宮では個人的なお願いをしないのが慣わしなのだそう。ここでは、神様に今までの事を報告し、感謝を捧げるのだそうです。また、お賽銭をしないというのも他と違うところでしょうか。
160504 050

 あと、伊勢神宮ならではの事柄としては式年遷宮でしょうか。これは20年毎に内宮・外宮の正宮を造り替えて神座を移動させるという大がかりな行事です。神様の引っ越しといったところでしょうか。ちょうど今の正宮の隣に広大なスペースが広がっていました。何年後かの式年遷宮で今度はこちら側に正宮が建てられるということなのでしょう。
160504 051

 奥が深い伊勢神宮です。
160504 054

 さて、次は内宮です。外宮と内宮は結構離れているのでバスで移動することになります。
160504 059

 気持ち内宮の方が人が多かったかなぁという印象です。バスツアーなどの観光客は内宮だけ参拝して行ってしまうケースが多いようです。
160504 062

 せっかくのお伊勢さんですから、できれば両方をじっくりと回りたいものですね。外宮と内宮を参拝して、少しだけ心が洗われたような気がしました(たぶん気のせいです)。
160504 067

(ワイドビュー)南紀83号 松阪 18:02 ~ 新宮 20:13

 お伊勢さん参拝の後は、特急南紀で紀勢本線を南下して新宮駅まで。ここで一泊となりました。
160504 074

撮影日:2016年5月4日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

西濃鉄道市橋線の終着駅

 西濃鉄道の貨物線を歩きはじめて約40分、見えてきたのは工場群。
130922 005.jpg

 ここらへんが貨物の積み出しを行っているところかな? と奥まで進んでみることに。
130922 006.jpg

 おっ、線路が見えてきた。
130922 008.jpg

 工場群ってだけでもワクワクしてしまうんですが、そこに線路が走っているとなるとワクワク度MAXです(笑)。
130922 021.jpg

 この辺りが現在の終着駅。以前はもう少し先まで線路が続いていたようです。
130922 010.jpg

 これは今はもう使われていない積み込み施設。現役で動いている姿も見てみたかったな。
130922 019.jpg

 そろそろ列車の時間もあるので戻ることに。あんまり工場の周りでウロウロしていると不審者ですからね。もうすでにだいぶ不審者だったんですが・・・。それにしても、この路線はいろいろな要素が詰まっていて散策していて楽しい路線でした。あとは、貨物が走っている姿を見れれば完璧だったんですけどね。
130922 023.jpg

撮影日:2013年9月22日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

西濃鉄道の貨物線を歩く

 さて、美濃赤坂駅ではすぐに折り返さずに周辺を散策してみることにしました。実は、美濃赤坂駅は旅客線としては終点なんですが、貨物線が続いているんです。

 美濃赤坂駅から先はJR貨物では無くて西濃鉄道という鉄道会社の路線。大垣市西北部にある金生山から産出される石灰石輸送を行っている貨物専用の鉄道会社です。その貨物線に沿って歩いてみることにしたのでした。
130922 035.jpg

 西濃鉄道の貨物線は、市橋線と昼飯線という2つの路線を有していたのですが、2006年に昼飯線の方は廃止されてしまいました。今でも廃線跡が残っているようなので、そちらにも足を伸ばしてみたいですね。

 今回は市橋線の方を歩きます。
130922 037.jpg

 民家の中を縫うように走る貨物線。お店の前が線路というところも。
130922 040.jpg

 散策している間に貨物でも通ってくれるとうれしいのになぁと思っていましたが、訪問した時間には運行は無いようです。うむむ、残念。
130922 044.jpg

 しばらく歩いていると面白い光景に出会えました。神社の境内の中を線路が横切っています。
130922 001.jpg

 境内の中を線路が走っている場所というのは、全国を旅しているとそこそこお目にかかるのですが、ここは貨物線というところが貴重です。ぜひとも貨物列車といっしょに撮りたかったなぁと思いました。
130922 003.jpg

撮影日:2013年9月22日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

馬籠宿

おんたけ交通 尾又橋 12:49 ~ 陣馬 13:15

 妻籠宿から再びバスに乗り込み、次の宿場町馬籠宿へ向かいます。ここは5年前は、訪問出来なかったので今回初訪問となります。
130921 065.jpg

 中山道43番目の宿場町、馬籠宿。石畳の敷かれた坂に沿う宿場で、町は大正時代の火災で一度消失してしまったようなんですが、その後復元されたものが現在残っています。
130921 067.jpg

 復元されたとはいえ、復元された時期が古いので趣は十分です。
130921 069.jpg

 観光客は妻籠宿より多い気がしました。
130921 075.jpg

 良い雰囲気の宿場町ですから人気があるのも納得です。
130921 077.jpg

 坂にあるので眼下を見下ろすと、屋根が連なって見えるのがここの見所の一つかなと思いました。
130921 078.jpg

 ここから見る景色は格別でしょうね。
130921 085.jpg

 妻籠宿に続いて、ここもお気に入りの宿場町となりました。天気が良い日もいいですが、雨で石畳が濡れたシーンも絵になるところかなと思いました。また、来ようと思います。
130921 093.jpg

撮影日:2013年9月21日
カメラ:PENTAX K-5IIs + FA 31mm F1.8AL Limited #1
+DA17-70mm F4 AL[IF] SDM #2-8


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

妻籠宿・桝形の跡

 江戸時代に作られた宿場町は、一種の城塞の役割も持たされていて、宿場の出入り口には枡形(ますがた)と呼ばれる、街道を2度直角に曲げて外敵が侵入しにくくする工夫が施されていました。写真では分かりづらいんですが、右手からやってきて直角に曲がって写真の奥の方へ進み、さらに左に直角に曲がっている構造をしています。
130921 044.jpg

 奥へと進んでいくと、貫禄のあるにゃんこが居座っていました。
130921 047.jpg

 枡形で外敵からの侵入がないかを見張っているにゃんこなんですかね。って眠そうにしてますが。
130921 049.jpg

 枡形の部分は宿場の中心部に比べると道幅も狭いですが、ここが一番当時の雰囲気を感じることが出来る場所でした。
130921 051.jpg

130921 056.jpg

 本日はここで一泊、とかあこがれますね。
130921 061.jpg

 旅人のための笠をつくってくれているお婆ちゃん。この笠を被って中山道を歩いたら、気分は江戸時代の侍さんでしょうね。
130921 062.jpg

 5年前はここで南木曽駅に戻ったんですが、今回は更に先まで進みたいと思います。
130921 063.jpg

撮影日:2013年9月21日
カメラ:PENTAX K-5IIs + FA 31mm F1.8AL Limited


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

中山道の宿場町・妻籠宿

おんたけ交通 南木曽駅 10:40 ~ 妻籠 10:47

 南木曽駅からはバスに乗り込み、目的地へと向かいます。
130921 007.jpg

 今回最初に訪問したのは、中山道42番目の宿場町である妻籠宿。実は5年前にも訪問していますが、そのときはバスは利用せずに中津川駅から2時間も掛けて徒歩で訪問していました。あの頃は若かった(笑)。
東京・大阪八の字往復の旅リンク集(4日目参照)

 今回はバスを使ってたった7分で到着。
130921 009.jpg

 基本的には観光地化されている妻籠宿ですが、ほどよい感じに保たれています。
130921 017.jpg

 水車なんかもあったりして。5年前とほとんど変わって無くて、その時の記憶が蘇ってきました。かつて訪れた地を、こうして再訪するのもいいもんですね。
130921 019.jpg

 それにしても一週間前は台風にたたられた旅でしたが、この週は気持ちいいくらいの快晴で、まさに散歩日和。
130921 035.jpg

 歴史ある木造建築物を見ると心が癒やされます。
130921 026.jpg

 かつては、ここでたくさんの旅人が一晩を過ごしていたのでしょうね。山深い中を歩く中山道にあって、この宿場町が見えてきたときの旅人の安堵感はたいへん大きなものだったでしょう。
130921 034.jpg

 秋らしい一面も見つけました。
130921 042.jpg

撮影日:2013年9月21日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM #1,2
+FA 31mm F1.8AL Limited #3-8


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

美濃橋

 うだつの上がる町並みを堪能し、そろそろ駅に戻ろうかと地図に目をやると、ちょっと歩いたところに美濃橋という現存する最古の近代つり橋があることに気付きました。もう「最古」とかいう言葉に弱いんですよね(笑)。こりゃ、見とかなあかんやろうということで長良川の方へテクテク。
IMGP3019

 川沿いに出て最初に目に飛び込んできたのは、この灯台。川の灯台なんて珍しい。
IMGP3031

 そして、この灯台を超えると見えてきましたあれが美濃橋。
IMGP3036

 吊橋を支える主塔は鉄筋コンクリート製で、床板が木製で出来ています。川の中には橋を支えるものはなく、主塔から伸びるロープのみで橋を支えているので正真正銘吊り橋ですね。
IMGP3050

 渡るところから見るとこんな感じ。ロープが手前にまで伸びています。
IMGP3053

 橋の直前には、恐怖をあおる看板が・・・。だ、大丈夫なのか?
IMGP3054

 とりあえず、周りには僕以外にこの橋を渡ろうとしている人はいないので(というか人がいない)意を決して渡ってみることに。
IMGP3055

 やはり吊り橋、歩くと橋が揺れているのが分かります。ちょっと怖い・・・。
IMGP3058

 ドキドキしながらも渡り切りました。
IMGP3065

 思いがけず、いいものに出会えました。
IMGP3066

 下から覗くとこんな感じ。
IMGP3073

 さて戻るぞともう一度ビクビクしながら渡っていると、颯爽と自転車で渡ってくる方がいました。さすが地元民はすごいなぁと感心してしまいました。うだつの上がる町並みと並んでここも美濃市のおすすめスポットですね。
IMGP3082

撮影日:2012年3月18日
カメラ:PENTAX K-5 + DA18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR

うだつの上がる町並み

 旧名鉄美濃駅を堪能した後は、美濃市の町をぶらぶら。ここ美濃市は、うだつの上がる町並みとして有名なところなんだそうです。うだつというのは、屋根の両端を一段高くし、火災の時の類焼を防ぐ防火壁のことで、後に装飾が施され富の象徴を表すものとなりました。
IMGP2969

 出世したり地位が上がったりしないことを「うだつが上がらない」といいますが、その語源と言われています。そんなうだつがこの町にはたくさん残っています。
IMGP2977

 うだつにもいろんな紋様があってみていて面白い。
IMGP2993

 なかでもこのうだつの背比べは面白かったですね。たぶん右の方が後に作ったんでしょうね。ほんのちょっとだけ高く作っているのが見栄なんでしょうね。
IMGP2997

 うだつだけじゃなくて町並みもすごくいい雰囲気。旅先でこういう町並みに出会えると本当にうれしくなります。
IMGP2974

IMGP2991

 駅からも近いので長良川鉄道を訪れた際は、ぜひとも立ち寄ってもらいたいポイントです。
IMGP3012

IMGP3013

撮影日:2012年3月18日
カメラ:PENTAX K-5 + DA18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR

まだまだ歩き回ります

 高山散策はまだまだ続きます。
P8284458.jpg

 小京都と呼ばれるところは全国各地にあるけれども、ここ高山が一番京都に近いかなぁと思います。むしろ今の京都よりも雰囲気はこちらの方があるかも。
P8284462.jpg

 こういう屈まないと入れない扉いいですねぇ。
P8284464.jpg

 つたのある家ってなんか好きなんですよね。
P8284466.jpg

 古い町並みがある箇所はそんなに広くはないんで、散策するにはちょうどいいと思います。いろいろとお店もあるんで楽しめると思います。
P8284468.jpg

P8284469.jpg

P8284475.jpg

 この日は8月の下旬とはいえそうとう暑かったと記憶しています。涼を取るために水撒きをしている方があちこちで見られました。こういう光景ってなんだかものすごく久しぶりに見た気がします。子供のころはこうやって家の前で水を撒く光景ってよく見られたなぁって懐かしくなりました。
P8284477.jpg

 高山には古い町並みだけでなく、生活の中にも昔ながらがまだ残っているんですね。
P8284480.jpg

高山散策

 高山本線乗り潰しは、高山駅で途中下車。
P8284436.jpg

 高山は、「飛騨の小京都」とも呼ばれていて古い町並みが残されています。
P8284497.jpg

 思わずカメラを向けたくなるモノがたくさんありましたね。
P8284444.jpg

P8284445.jpg

 映画のセットの中にいるみたい。高山は人気も高く観光客もたくさんいました。
P8284448.jpg

P8284449.jpg

P8284450.jpg

P8284452.jpg

P8284454.jpg

 歳をとればこういう旅館に泊まって旅をしてみたいなぁと思います。今はビジネスホテルで十分ですがね・・・。
P8284456.jpg

| NEXT≫