内陸線完乗

 内陸線も後半戦、青空が気持ちいい。
P7166947.jpg

 内陸線ですが、全ての列車ではないと思いますがアテンダントさんが乗車されていて車窓の案内や飲み物やグッズの販売をされていました。これは、プレゼントだそうで。なかは爪楊枝でした。
P7166961.jpg

 最近は、若い人も乗りに来てくれるようになったと言ってました。乗り鉄さんが増えてきたんでしょうね。この日も列車の半数以上は乗り鉄さんでしたね。

 全線乗り通すと2時間20分ほどの旅ですが、とっても楽しめました。みなさんにもお勧めしますよ。
P7166962.jpg

 長旅お疲れさまのAN8800形気動車。
P7166964.jpg

 JR鷹ノ巣駅の横に内陸線のホームがあります。
P7166968.jpg

 駅舎は2つあってちゃんと内陸線の駅舎もありました。また、来ようと思います内陸線。
P7166969.jpg

奥羽本線 鷹ノ巣 11:39 ~ 大館 11:59

奥羽本線 大館 12:13 ~ 弘前 12:56

 さて、次の路線に向けて、移動移動。弘前へっていうことで次は弘南鉄道ですね。

撮影日:2011年7月16日
カメラ:OLYMPUS EP-1+OLYMPUS M.9-18mm F4.0-5.6 #1
+OLYMPUS M.17mm F2.8 #2
+OLYMPUS M.14-150mm F4.0-5.6 #3-6

内陸線の車窓

 秋田縦貫内陸鉄道の旅は続きます。内陸線の駅は、こんな感じの簡易的な駅が多いです。
P7166921.jpg

 ところどころに民家が見えますが、これだと利用者は少なくてもしょうがないですねぇ。
P7166923.jpg

 こんなところに駅があるか?っていうところに駅があって旅する者にとっては楽しいんですが。
P7166924.jpg

 マタギの里、阿仁町。
P7166932.jpg

 比立内駅ですれ違ったのは、急行もりよし。観光列車の意味合いが強い急行列車で、乗車には別途急行券が必要になります。
P7166938.jpg

 珍しい駅名の笑内駅。由来はアイヌ語の「オ・カシ・ナイ」(川下に小屋のある川)から来ているそうです。
P7166941.jpg

 内陸線は、山間を進んでいくことから鉄橋やトンネルがたくさんあります。鉄橋から見る景色もなかなかよいものです。
P7166943.jpg

 ここで中間点、内陸線の中では一番大きな駅阿仁合駅。巨大な三角屋根の駅舎が特徴的です。中には食堂なども入っていてなんと馬肉を食べることが出来るようです。今回は途中下車しなかったんですが、次来たときは挑戦してみようかな。
P7166946.jpg

撮影日:2011年7月16日
カメラ:OLYMPUS EP-1+OLYMPUS M.9-18mm F4.0-5.6 #1,2,5-8
+OLYMPUS M.14-150mm F4.0-5.6 #3,4

東北ローカル線紀行

 さて、本日より新シリーズ。夏の山陰旅をさっそくお送りしたいところですが、現在旅のストックが3つあります。ここは時系列にしたがって7/16~18の3連休に行った旅の模様からお送りしたいと思います。

■2011年7月16日(土)

 今回のターゲットは、ずばり東北ローカル線。使用した切符はこちらの東北ローカル線パスです。この切符、東北6県のJR線に加えて11の鉄道会社の路線も乗り放題になるすてきな切符で3日で6,000円と料金も格安です。ただ一点不満があるとすれば津軽鉄道が入っていないんですよね。一番人気のある路線だと思うんですがねぇ。
P7166889.jpg

 そこで、今回の旅のターゲットですが、東北のJR線での未乗車区間の多くは震災の被害を受けたところ。なので主に3セクを中心としたローカル私鉄を中心に回ることにしました。これを見て、よし東北にでも行ってみるかと思ってもらえたらうれしいですね。

羽越本線快速 羽後本荘 7:19 ~ 秋田 7:56

 まずは最寄駅から北へ向けて出発。この区間では珍しい快速列車です。
P7166890.jpg

こまち158号 秋田 8:02 ~ 角館 8:45

 秋田駅からは、こまちに乗ってショートカット。ローカル線パスでは、特急・新幹線に乗ることは出来ないのでここは別料金です。全部ローカル線でいければいいんですが後々のことも考えて時間を買いました。
P7166891.jpg

 つなげよう、日本! うん、つながってますよ。
P7166892.jpg

 角館までやってきて最初のターゲットはこちら。秋田内陸縦貫鉄道です。
P7166894.jpg

 秋田内陸縦貫鉄道とは、その名の通り秋田の内陸を縦に結ぶ路線で角館から奥羽本線の走る鷹巣までを結ぶ全長94.2キロの鉄道です。もともとは旧国鉄の阿仁合線と角館線を引き継いだ3セクターで、移管当初は南北は繋がっていませんでしたが、1989年に両線を結ぶ新線が開業してやっと南北が繋がったという経緯を持つ路線なのです。

 でもやっぱり赤字路線。経営は切実なようで魂の叫びが聞こえてきます。
P7166895.jpg

秋田内陸縦貫鉄道 角館 8:53 ~ 鷹巣 11:15

 そこまで言われたら乗るしかないでしょう。
P7166896.jpg

 角館を出発してすぐのところに田んぼアートがあるということでカメラを構えていたんですが、思ったより近くにあってはみ出してしまいました(汗)。
P7166899.jpg

 角館からしばらくはこんな感じの田んぼの車窓が続きます。のどかでいいですなぁ。
P7166903.jpg

 今回は一気に乗り通しただけだったんですが、どこかで途中下車したかったなぁ。
P7166906.jpg

 特にここが見どころっていうのは無いんですけどなんだかいいなぁって感じる路線です。一度乗り通しただけなんですが、思っていたよりすてきな車窓で一気にお気に入りの路線になっちゃいましたね。

撮影日:2011年7月16日
カメラ:OLYMPUS EP-1+OLYMPUS M.17mm F2.8 #1
+OLYMPUS M.14-150mm F4.0-5.6 #2-10