浜寺公園駅

 南海電鉄は歴史が長いこともあり古い木造駅舎がけっこう残っています。その中でも一番有名なのがここ浜寺公園駅の木造平屋建ての洋風駅舎じゃないでしょうか。
P9204724.jpg

 立派な佇まいですねぇ。
P9204729.jpg

 この柱も芸術的です。
P9204731.jpg

 これだけの駅舎ですから自分以外にも駅舎を目当てに来られている方が結構居られました。駅舎の絵を描かれているおじさん、うますぎ。
RIMG1096.jpg

南海本線 浜寺公園 12:52 ~ 岸里玉出 13:18

 さて、南海電鉄もラストスパート。
RIMG1100.jpg

 最後はあちらの路線、汐見橋線へ。正式には高野線なんですが、岸里玉出から汐見橋駅までの間に汐見橋線の愛称が付けられています。
RIMG1102.jpg

南海汐見橋線 岸里玉出 13:25 ~ 汐見橋 13:34

 この路線で南海電鉄の乗りつぶしが完了します。この路線は都市部を走る割にはなかなかのローカル線な雰囲気を醸し出してました。
RIMG1105.jpg

 駅名標も古い感じで良いですね。途中駅にも立ち寄ってみたかったんですが、今回は終点まで一気に行きました。
RIMG1106.jpg

 今回の旅ももうすぐ終わりですよ。
RIMG1108.jpg

支線をもう一つ

南海本線 みさき公園 11:28 ~ 泉佐野 11:51

 みさき公園からは、南海本線を北上していきます。
RIMG1078.jpg

南海本線空港急行 泉佐野 11:54 ~ 羽衣 12:16

 ここからは関空からの列車も加わって列車の本数も種類も豊富になってきます。
RIMG1080.jpg

南海高師浜線 羽衣 12:20 ~ 高師浜 12:23

 ここでまたまた支線の乗りつぶし。今度は高師浜線です。
RIMG1083.jpg

 終点の高師浜駅の駅舎はステンドグラスがはめ込まれているのが印象的です。
RIMG1087.jpg

 この駅舎は路線の高架化の際に取り壊される予定だったそうですが、地元の懇願により残されたということだそうです。
RIMG1089.jpg

南海高師浜線 高師浜 12:32 ~ 羽衣 12:35

 こういう歴史ある駅舎はなるべく残していってもらいたいものですので、取り壊されなくてよかったなぁと思いました。さて、戻ります。
RIMG1085.jpg

南海本線 羽衣 12:36 ~ 浜寺公園 12:38

 さて、お次も有名な駅舎がある駅で途中下車してみます。
RIMG1091.jpg

南海支線巡り

■2010年9月20日(月)

 スルッとKANSAI [3dayチケット]の旅3日目は、南海電鉄和歌山市駅よりスタートです。
RIMG1055.jpg

 まずは和歌山市駅より一駅のところにある和歌山港駅へ。たった一駅ですが和歌山港線の名前が付いています。かつては途中に3駅ほどあったようですが、利用者が少ないということで廃止になったようです。

南海特急サザン9号 和歌山市 10:10 ~ 和歌山港 10:14

 ダイヤも連絡するフェリーに合わせたものになっているため本数が極端に少なくなっています。
RIMG1058.jpg

 わずかな時間で到着、和歌山港。
RIMG1063.jpg

 駅からはフェリーも見える、和歌山港駅
RIMG1064.jpg

南海特急サザン20号 和歌山港 10:23 ~ みさき公園 10:41

 次の支線に乗るためみさき公園駅へ。
RIMG1068.jpg

南海多奈川線 みさき公園 11:05 ~ 多奈川 11:11

 お次は多奈川線です。
RIMG1069.jpg

 取り立てて目立つところは何も無い終着駅です。でも、こんな風景が好きなんです。
RIMG1073.jpg

南海多奈川線 多奈川 11:20 ~ みさき公園 11:26

 支線巡りはまだまだ続きます。
RIMG1077.jpg

下ります、下ります。

南海高野山ケーブル 高野山 16:20 ~ 極楽橋 16:25

 さて、天空の街高野山から下界へと参りましょう(笑)。
P9194702.jpg

 約5分の下り旅を動画で撮ってみました。


 極楽橋で次の列車までちょっと時間があったので周辺をうろうろしてみます。
P9194708.jpg

 辺りは山と川しか見られず、駅以外の建物が見られませんでした。
P9194709.jpg

 これから乗る列車は、左の普通列車。
P9194713.jpg

南海高野線 極楽橋 16:42 ~ 橋本 17:26
P9194718.jpg

JR和歌山線 橋本 17:34 ~ 和歌山 18:40

JR紀勢本線 和歌山 18:40 ~ 和歌山市 18:47

 ここで再びJRで移動、南海電鉄の残りを乗りつぶすために和歌山までやってきました。
RIMG1047.jpg

南海加太線 和歌山市 20:51 ~ 加太 21:20

 南海は和歌山周辺に支線がいくつかあるので乗りつぶしにはちょっとめんどくさい感じです。とりあえず、この日は一本だけ乗りつぶしました。
RIMG1052.jpg

高野山ケーブル

南海高野山ケーブル 極楽橋 13:39 ~ 高野山 13:44

 極楽橋から高野山まではケーブルカーで上まで目指します。
P9194658.jpg

 なかなかの急勾配です。極楽橋から高野山までの高低差は約330メートル。最大の勾配は568.2‰(パーミル)にもなるそうです。
P9194660.jpg

 正に壁を登っているよう。
P9194659.jpg

 ここですれ違い。
P9194662.jpg

 最後にカーブして頂上に到着します。
P9194664.jpg

 標高867メートルの高野山へ到着。かなり高いところまで来ましたね。
P9194701.jpg

 駅舎もなかなかいい感じ。約5分のケーブル乗車、楽しかったです。
P9194698.jpg

南海高野線に乗車

 さて、難波からはこちら南海電車に乗り入れます。
P9194651.jpg

 まずは南海電車の列車をパチリ。まずは南海の代表車両50000系「ラピート」。
P9194644.jpg

 いつ見ても奇抜な車体です。
P9194648.jpg

 区間急行の1000系。
P9194645.jpg

 こちらは高野線の特急「りんかん」の11000系。
P9194650.jpg

南海高野線急行 南海難波 12:02 ~ 橋本 12:52

 自分も高野山を目指し、急行で橋本まで向かいます。自分の使っているスルッとKANSAI [3dayチケット]では南海の特急は特急料金が必要になるので急行に乗りました。
P9194652.jpg

南海高野線 橋本 12:56 ~ 極楽橋 13:35

 橋本からはいよいよ山岳地帯に入ります。
P9194654.jpg

 標高がどんどん上がっていきます。この辺の路線はほんとに山の中にあるので、ゆっくりと登っていきます。簡単に山岳路線が堪能できる南海電車いいですね。
P9194656.jpg

 そして終点極楽橋へ到着です。
P9194657.jpg