折尾駅定点観測

■2016年5月7日(土)

 GWの旅9日目、最終日。この日の模様はダイジェスト版でお送りしたいと思います。阪九フェリーで新門司港に到着後、小倉駅へ。最終日は福岡辺りをブラブラ。
160507 001

 がっつり駅巡りをしようにもあまり時間が無いのでこんな船に乗ってみたり。思えばこの旅ではいろんな乗り物に乗りました。
160507 004

 やはり旅は楽しい。
160507 011

 九州を訪れたときは必ず訪問している折尾駅。かつての素晴らしい木造駅舎は既に無く、新しい駅に生まれ変わるべき絶賛工事中です。
160507 025

 新しい駅ではこの立体交差も無くなってしまいますが、完成はいつになることでしょうか。
160507 026

 この味のある1番ホームが無くなってしまうのは残念ですね。
160507 024

 木造駅舎があったのはこの東口。かつてはここが駅の玄関の役割を果たしていましたが、今ではその役割は北口へと移されています。駅前は駐車場になっていました。
160507 029

 カオスな折尾駅を象徴する離れにある6、7番のりばはまだ健在。いつまで使われるかしら。
160507 030

 仮設感がぬぐいきれない北口駅舎。バス停などは全てこちらへ集約されました。一応、今の折尾駅のメインの玄関口ということになりますね。
160507 033

 昔のままの所も。
160507 034

 新しい駅舎が完成するまで、その過程を今後も追っていきたいと思います。
160507 035

 最後に乗り潰しを。福岡地下鉄七隈線。福岡地下鉄でここだけ乗り残していたのでここで乗り潰しました。これで九州の鉄道はラクテンチケーブルと沖縄のゆいレールを残すだけとなりました。
160507 038

 それでは北海道から始まった今回の旅。北から南まで一気に南下するのは、これまでの旅とは異なり新鮮で楽しかったです。ただ、駅巡りなどの寄り道ポイントが少なかったので記事としてはイマイチになってしまいました。それではまた次の旅で。
160507 044

撮影日:2016年5月7日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

A列車で行こう

 三角西港の散策を経て三角駅へと戻ってきました。まだ13時を過ぎたくらいですが、そろそろ帰路へ着かないと行けない時間です。なんたって熊本から秋田までの大移動ですからね。
150720 152

 ということで三角駅からの離脱に選んだ列車は、特急A列車で行こう。観光列車はあまり好きではありませんが、この列車は一度乗ってみたいと思っていました。やはり人気のある列車で満席でしたね。
150720 156

 特急A列車で行こうは、三角線三角駅と熊本駅とを結ぶ観光特急列車。その特徴は、車内のBGMにジャズが流れていたり、車内にカウンターバーが設けられていてハイボールやオリジナルのカクテルなどが提供される大人の空間だということです。
150720 160

特急A列車で行こう4号 三角 13:53 ~ 熊本 14:30

 高級感が漂う外観、落ち着いた雰囲気でいいですね。もちろん車両デザインは水戸岡鋭治さんです。
150720 161

 この列車のコンセプトはバーでお酒を飲みながら三角線の車窓を楽しむことだと思いますが、満席のお客さんのほとんどがバーに並んでいてすぐには買えそうも無い状況でした。しょうが無いのでノンアルコールで車窓を楽しむ。
150720 165

 午前中には完全に海の中に沈んでいた海床路も少しだけ顔を見せていました。
150720 176

 出発してだいたい20分ほど、ようやく列が短くなってきたのでバーで何か買おうと並んでみる。
150720 183

 揺れる車内でテキパキと仕事をこなすバーテンダーさん。
150720 184

 ようやく買えたAハイボール。これうまかったです。ただ買えたときには既に三角線パートは終わっていたという・・・・。
150720 187

 この列車、とてもいいと思うんですが乗車時間が約35分と短いのが難点ですね。せめて1時間くらいは乗っていたいと思う列車でした。気分的にはこのまま豊肥本線に入ってしまいたいくらいでしたね。
150720 189

 ということで7月の3連休の旅はここまで。熊本からは羽田空港を経由して秋田へと帰還しました。それではまた次の旅でお会いしましょう。ありがとうございました。
150720 191

撮影日:2015年7月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

三角線 網田駅

 長部田海床路よりバスで移動してきて三角線網田駅。ここには素晴らしい木造駅舎が残っています。国の登録有形文化財にも登録されているようです。
150720 035

 熊本県内に現存する駅舎としては最古のものであり、九州としてみても最古級の駅舎ということみたいです。この駅舎は宇土市がJR九州から購入して、地域活性化の拠点として活用されています。
150720 045

 委託とは言え駅員さんも駐在。古き良き時代の駅の姿を今に残しています。
150720 038

 滞在時間が短くて入りませんでしたが、駅カフェなんかもあったり。列車に乗らなくても憩いの場として駅に人が集まる工夫がされています。最近、駅や路線の廃止の話題が多いですが、なんでもかんでも鉄道会社に丸投げしていればそうなってしまうのは仕方がないことですよね。残して欲しければそれなりの活動、もっと言うと、身銭を切る覚悟が必要なのかなって思います。
150720 040

 駅員さんから切符を買って街に遊びに行く子供たち。この子たちにとっては普通の事なのでしょうけど、今では貴重な光景となりましたね。
150720 041

 熊本方面へと向かう列車がやってきました。網田駅は列車交換をする駅でもあるので、自分の乗る三角行きをここで待ちます。
150720 050

三角線 網田 10:37 ~ 三角 10:54

 三角行きも到着。これに乗って終点の三角駅まで。
150720 056

 終点の三角駅、以前来たときから駅舎が改装されてきれいになりました。ここからは三角線を少し離れてあるスポットへと向かいましょう。
150720 066

撮影日:2015年7月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

再訪、三角線

■2015年7月20日(月)

 7月の3連休の旅、3日目は熊本駅から三角線へと乗車します。三角線は2011年以来の乗車、この時は往復乗り潰しただけだったので今度は途中下車もしてみようかなと再訪を決めました。
150720 002

三角線 熊本 9:05 ~ 住吉 9:32

 最後尾に陣取って出発進行。熊本駅も在来線の高架化工事が進められていますね。九州の主要駅でこのような駅前の再開発が盛んです。
150720 004

 あれは肥薩おれんじ鉄道の車両ですね。ここまで乗り入れてくるんですね。
150720 007

 三角線の列車は全て熊本駅から発着していますが、路線としては宇土駅からが三角線となります。ということでここで鹿児島本線とお別れ。
150720 008

 単線・非電化、正しいローカル線の姿。
150720 010

 住吉駅で下車してみます。この駅で列車交換が行われるようですね。
150720 012

 さて、ここで下車したのはあるスポットを見に行くため。駅からはちょっと離れているのでここから徒歩移動です。あまり時間の余裕が無いので急いで出発。
150720 015

撮影日:2015年7月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

折尾駅の周辺事情

 再開発中の折尾駅、周辺の様子はどうなっているんだろうと駅の周りを少し歩いてみることにしました。こちらは筑豊本線の踏切、左の線路が若松方面、右側は鹿児島本線へと合流する短絡線です。
150719 231

 新駅舎が完成するとこの短絡線もなくなるようです。このゴチャゴチャした感じが折尾駅の魅力だったんですが、普段の利用者にとっては分かりやすくなっていく方がいいのでしょうね。
150719 233

 踏切の先には味のある飲み屋街も。この辺りも再開発によってどうなるのでしょう。
150719 235

 道歩く人も思わず目がいく餃子兄弟(笑)。凄い名前のお店ですね。
150719 239

 そして、東口へと到着。いまでは仮設のような小さな入口があるだけですが、かつてはここに立派な木造駅舎が建っていました。
150719 245

 新しい折尾駅はどんな姿をみせてくれるのか。
150719 246

 筑豊本線と鹿児島本線との短絡線上にある6、7番ホーム。JR九州は完乗していることにしていますが、この短絡線には乗ったことありませんでした。自分ルールでは短絡線はあまり気にしないことにしてるんですが、無くなる前に一度乗っとかないとと思いました。
150719 250

 最後は北口へ。北口なんてあったかなぁと記憶を辿っていましたが、どうやら旧駅舎の取り壊し開始と同時に新設された出口のようです。バス乗り場などはこちらに移されています。
150719 251

 北口前にはまだこのような場所も。ここもいずれは解体されるのでしょうか。
150719 253

 最後は折尾駅で一番好きな1番線へ。ここから若松線へ乗るのが一番旅情をかき立てられますね。そんな旅が出来るのもあと数年でしょうか。今後も折尾駅の変化を注目して見ていきたいと思います。
150719 264

撮影日:2015年7月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

再開発が進む折尾駅

鹿児島本線 八幡 15:38 ~ 折尾 15:47

 八幡駅からは再び進路を西へ、ここを通るときには必ず立ち寄っている折尾駅に降り立ちました。折尾駅は素晴らしい木造駅舎と日本初の立体交差という名所を持っていましたが、駅周辺の再開発によりそれらを手放すことを決めてしまいました。非常に残念なことですが開発過渡期の折尾駅を見て見たいと思います。
150719 211

 まずは博多方面への3番線。この辺りはまだ昔の雰囲気を残しています。でも、こうしてみてみると老朽化は激しいですね。昔のままで残しておくというのは難しい状態かもしれません。
150719 214

 対面の4,5番ホームでは駅弁の立ち売りも健在でした。日常的に駅弁の立ち売りをしている駅って他に残ってるんでしょうかね。
150719 218

 この赤煉瓦の通路ももうすぐ無くなっちゃんですね。ただ工事の方は予定よりだいぶ遅れているみたいですけど。
150719 220

 次に訪れたのは1階の筑豊本線のホーム。
150719 225

 ここで一旦西口から外へと出ました。高架の工事が進んでいるようです。
150719 230

 外に出てきたのはもちろんアレがお目当て。かつては3番線ホームでも営業していた東筑軒。折尾駅に来てここのうどんを食べないわけにはいかないでしょう。
150719 227

 これこれ、かしわうどん。こしのあるうどんも好きですが、九州のこしのないうどんも大好き。むしろ、ふと食べたくなるのはこっちのタイプかなとも思います。
IMG_6251.jpg

 急速に変わっていく折尾駅ですが、このうどんの味は変わっていなくて一安心。さて、折尾駅探索後半戦に参りましょうか。

撮影日:2015年7月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR #1-7
+ iPhone5 #8


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

九州上陸 門司港駅

■2015年7月19日(日)

 阪九フェリーの旅は朝になり新門司港へと到着しています。出港の時は天気が良かったんですが、九州は曇り空。デッキが濡れていたので雨も降っていたようです。
150719 003

 到着は6時と朝早いですが、ゆっくりステイというサービスを利用すると7時半まで船内に滞在することが出来ます。追加料金は掛かりません。その間、レストランや大浴場も利用できるので急ぎの行程でない場合は是非利用したいサービスです。このサービスを受けるためには予め申し込みをしておく必要があります。また、7時半より前に下船することは出来ません。
150719 006

 というのも新門司港からは無料の送迎があるんですが、ゆっくりステイ選択者はタクシーやマイクロバスなど人数分を別途手配する必要があるからです。新門司港は駅から離れたところにあるので、これもありがたいサービスです。本当に至れり尽くせりの船旅でした。また利用したいと思います。これはオススメですよ。
150719 007

鹿児島本線 門司 7:57 ~ 門司港 8:05

 それでは鉄道の旅へと戻りましょうか。門司駅からは鹿児島本線の終着駅門司港駅へ。久しぶりの門司港駅、何年ぶりだったかな。
150719 011

 かつての九州の玄関口であり、鹿児島本線の起点。0キロポスト。
150719 019

 関門トンネルが開通するまではここから船に乗り換えて本州へと渡っていたんですね。こちらは僕が生まれるずっと前に廃止されているのでその頃を知る由もありません
150719 021

 門司港駅と言えば重要文化財にも指定されている立派な木造駅舎がありました。
150719 026

 ありましたというのは、保存修理工事のために現在は見ることができないんですよね。工事完了は2018年予定ということでまだだいぶ先です。
150719 028

 この部分だけが当時の駅舎が残る部分かな。もう一度、あの素晴らしい木造駅舎が見られることを願って2018年を待つことにしましょう。
150719 027

撮影日:2015年7月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

香椎線でJR九州完乗

 GWの長旅最後の未乗車区間は香椎線。そして、これがJR九州の最後の未乗車区間でもあります。

 香椎線は西戸崎駅から宇美駅までの全長25.4キロの路線。両方の終着駅が他の路線と連絡の無い盲腸線(?)の形をしているのでこうして途中駅から乗るしか無い乗り鉄泣かせの路線です。なのでこうして西鉄貝塚線と連絡している和白駅で下車したのでした。
140504 018.jpg

 西鉄に比べてJRの方の駅舎は簡素ですね。
140504 020.jpg

 両駅の関係はこんな感じ。左側がJRで右側が西鉄です。
140504 023.jpg

香椎線 和白 17:08 ~ 西戸崎 17:25

 まずは西戸崎に向けて出発。
140504 029.jpg

 香椎線は途中の区間に砂丘の中を走る区間があるんですが、写真撮ってませんでした。線路の両側を防砂壁が設けられているなどいろいろ防砂対策がされているため、砂丘の中を走っているっていう感じがしなかったからだと思います。。。

 というわけで終点の西戸崎駅。この駅舎は水戸岡鋭治さんのデザインだそうです。水戸岡さんデザインのものは見ただけですぐそれと分かるんですが、この駅舎はそんな感じがしなかったですね。
140504 001.jpg

 駅前には高層マンション建設予定地とありましたが、建設されそうな雰囲気はありませんね。
140504 002.jpg

香椎線 西戸崎 17:48 ~ 宇美 18:55

 途中省略で申し訳ないですが、反対側の終点宇美駅。これで晴れてJR九州完乗となりました。
140504 007.jpg

 宇美駅では駅前のUのオブジェが印象的でした。
140504 009.jpg

香椎線 宇美 19:10 ~ 長者原 19:24

篠栗線 長者原 19:37 ~ 博多 19:49

 折り返して博多駅に到着。これで9日目の旅の行程は終了です。
140504 011.jpg

 ラスト10日目は午前中の内に福岡空港から秋田へと帰ったのみだったので記事はここで終了になります。更新ペースが遅く、だらだらと時間がかかってしまいましたが、お付き合いありがとうございました。

 乗り潰し的には、今回の旅でJR九州を完乗。JR西日本管轄ですが博多南線と平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線・2つのケーブル線を残すのみとなりました。あと1回訪問すれば九州地区制覇となりそうです。

 それでは次の旅もよろしくお願いします。

撮影日:2014年5月4日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 17-70mm F4 AL[IF] SDM #1-8
+ DA 12-24mm F4 ED AL [IF] #9


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

指宿枕崎線 枕崎駅

指宿枕崎線 山川 11:46 ~ 枕崎 12:52

 山川駅に最初に到着してから約4時間、ようやく先に進めます。指宿枕崎線、終点の枕崎行き。
140501 097.jpg

 この列車は最南端の西大山駅で2分間程度停車するサービスをしてくれます。さすがにお昼は、賑わってましたね。
140501 100.jpg

 車窓から見る開聞岳も素晴らしい。現在、この区間は存廃の検討対象とされていますが、この車窓をなくさないで欲しいです。
140501 102.jpg

 終点の枕崎駅に到着。
140501 105.jpg

 以前訪問した時は1面1線のホームにこのゲートがあるだけの殺風景な駅でしたが・・・
140501 117.jpg

 新駅舎が完成していました。なんでも市民の寄付により建てられたのだとか。せっかくこんな立派な駅舎を建てたんだから安易に廃止するかもとか言わないでよね。
140501 114.jpg

 しかし、ちょっとモニュメントが多すぎるような。
140501 116.jpg

 ここに座って写真を撮ってくださいと、撮影スペースまで用意されていました。さすがにやりすぎ(笑)。
140501 118.jpg

 駅舎の看板は、大相撲の立行司第36代木村庄之助さんが書いたものだとか。ここ枕崎の出身なんだと駅で出会ったボランティアの方が教えてくれました。
140501 106.jpg

 1日6往復、しかも昼間の設定がほとんどない区間ですが、廃止されずに走り続けてくれることを祈ります。
140501 110.jpg

 さて、僕は折り返しの列車には乗らずに、列車をお見送り。次なる行程は・・・。
140501 124.jpg

撮影日:2014年5月1日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

JR最南端の駅 西大山駅

 GWの旅6日目は指宿枕崎線。開聞駅からやってきたのはJR最南端の駅、西大山駅。1960年の開業以来、長らく日本最南端の駅でしたが、沖縄ゆいレール開業に伴い日本最南端の地位を失い、現在ではJR最南端の駅を名乗っています。
140501 023.jpg

 2009年訪問時は、列車のわずかな停車時間を利用して降り立っただけだったので、今回念願叶って途中下車が出来ました。
140501 014.jpg

 東西南北最果ての駅は4つあるわけですが、ここ最南端の西大山駅が一番好きです。それはこの開聞岳が一望できるからですね。ほんと良い景色、お天気の神様ありがとう。
140501 016.jpg

 この素晴らしい景色のお陰もあって、ここは観光スポットにもなっているので休日ともなれば人で溢れます。ただ、この日はGW中とはいえ暦上は平日なのと朝早い訪問ということもあり、人は少なめでした。
140501 035.jpg

 ひどいときにはここに観光バスがやってきてツアー客で溢れかえるということもあるようで・・・。列車で、はるばるやって来てそんな場面に遭遇すればショックですよねぇ。
140501 024.jpg

 なんにせよ静かなときに訪問出来てほんとうに良かった。
140501 025.jpg

 こういうのどかな風景が西大山駅の真の姿なんでしょうね。それにしてもキャベツ1玉50円は安すぎ(笑)。
140501 036.jpg

指宿枕崎線 西大山 9:00 ~ 山川 9:10

 30分ほどの滞在でしたが、最南端の駅を十分に堪能することが出来ました。ちょっと名残惜しいけど指宿行きの列車が到着。列車だけで到達するのは難しい西大山駅ですが、バスを利用したこのルートはなかなかの発見だったと自画自賛しております(笑)。
140501 038.jpg

撮影日:2014年5月1日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA17-70mm F4 AL[IF] SDM #1-3,5,6,8
+DA12-24mm F4 ED AL[IF] #4,7


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

| NEXT≫