全線復旧の日は来るか? 常磐線の不通区間を行く。

常磐線 仙台 14:36 ~ 亘理 15:05

 はやぶさを仙台駅で下車したのは、常磐線の未乗車区間を乗車するため。岩沼駅からいわき駅までが未乗車区間として残っていました。震災以後、未だ全線復旧の道は見えていませんが代行バスで繋がったので今回乗り潰すことにしたのでした。
160502 021

 まずは鉄道で亘理駅まで。鉄道としては隣の浜吉田駅まで復旧していますが、浜吉田駅での代行バスのバス停が駅から離れているので、代行バスへの乗り換えは亘理駅でするように案内されています。
160502 024

常磐線代行バス 亘理 15:15 ~ 相馬 16:16

 一つ目の代行バス区間。駅前に止まっているバスに乗り込みます。2人がけの席が1人ずつ埋まるくらいの乗車率だったでしょうか。
160502 025

 この区間は復旧工事が進んでいるようでした。
160502 027

 予定では、2016年12月10日運転再開。
160502 028

 復旧したらまた乗りに来ないとね。
160502 030

常磐線 相馬 16:26 ~ 原ノ町 16:44

 そしてここからは再び鉄道区間。相馬駅から原ノ町駅までのたった4駅の区間ですが鉄道で繋がっています。
160502 031

 調べてみると7月12日に更に2駅復旧区間が伸びて、現在では小高駅まで鉄道で運行されているようです。少しずつですが復旧区間が伸びていっているのはうれしいことです。
160502 032

常磐線代行バス 原ノ町 16:55 ~ 竜田 18:20

 そして、原ノ町駅からは二つ目の代行バス区間。この区間は、福島第一原子力発電所事故による帰宅困難地域を含むので途中の駅には止まらずにノンストップで竜田駅へと進みます。運行は朝と夕の1日2往復のみ。
160502 048

 1回の乗車毎にもれなく1.2μSv被爆することが出来ます。たいした数値ではありませんが、気になる方は行かない方がいいでしょう。
160502 035

 帰宅困難地域は主要な道路を通過することだけが認められているので街には人が居ません。これほどまでに街が死んでいると感じた場所はありませんでした。
160502 038

 交差点の左右の道はこうしてバリケードで全て塞がれています。
160502 039

 どんなに小さな道も全て。話では聞いていましたが、こうして目の当たりにするとさすがにショックな光景でした。
160502 040

 鉄道の方は復旧する道筋が描けているようですが、ここに人が住める日は来るのだろうか。
160502 042

 鉄道は復旧したけど沿線には誰も住んでいない。そうならないことを願います。
160502 046

常磐線 竜田 18:33 ~ いわき 19:04

 ラストの区間は鉄道で。これで乗り潰し的には懸案だった常磐線を完乗することが出来ました。全線復旧の暁には再訪したいと思います。
160502 055

撮影日:2016年5月2日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

小海線

■2015年8月13日(木)

中央本線 甲府 9:32 ~ 小淵沢 10:13

 夏の青春18きっぷの旅、2日目。中央本線の甲府駅よりスタートします。
150813 001

 小淵沢駅で乗り換え。今回の旅ではほとんど無い未乗車路線に入ります。それは小海線、山梨の小淵沢駅から長野の小諸駅を結ぶ路線です。路線の途中には、1,375mのJR最高地点があります。
150813 005

八ヶ岳高原列車3号 小淵沢 10:56 ~ 野辺山 11:29

 まず乗車したのは、JR最高駅である野辺山駅までの臨時列車、八ヶ岳高原列車。
150813 007

 一気にJR最高駅の野辺山駅に到着。真夏の訪問でしたが、標高が1,000mを超えているということで涼しかったのを覚えています。
150813 009

 JR最高地点はここから少し離れたところにあります。訪問しようか迷いましたが、今回は先に進むことにしました。もうちょっと青空が広がっていれば散策することにしたかもしれません。
150813 014

小海線 野辺山 11:56 ~ 小諸 13:35

 滞在時間は30分もなくJR最高駅を後にする。
150813 021

 しばらくはいつものように最後尾に陣取り、流れゆく車窓を楽しんでいました。
150813 022

 途中下車してみたい駅もちらほらと。今回は一気に乗り通しましたが、この辺りは次への宿題ですかねぇ。
150813 025

 路線名にもなっている小海駅。
150813 034

 終点の小諸駅に到着。これにて小海線を完乗です。ちょっと手抜き記事ですいません・・・。
150813 038

撮影日:2015年8月13日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

大日影トンネル遊歩道を歩く

中央本線 初狩 12:18 ~ 勝沼ぶどう郷 12:35

 次に訪れたのは勝沼ぶどう郷駅。大日影信号場として設置、その後、勝沼駅として駅に昇格。現在は、勝沼ぶどう郷駅と改称されています。この駅も元々はスイッチバックの駅でした。
150812 109

 現在は、本線上にホームがありますが、スイッチバック時代のホームも残っています。
150812 133

 旧ホームの上に現在のホームが少し見えていますね。
150812 135

 さて、ここでの目的はこれではなくてこちら、大日影トンネル。かつての中央本線大日影トンネルの廃線跡を利用して遊歩道が整備されています。線路も残っているところがいいですよね。
150812 114

 お隣には現役のトンネルも。ちょうど良いタイミングで特急あずさが駆け抜けて行きました。
150812 117

 全長1,367.8メートルと少々距離がありますが歩いてみましょう。
150812 115

 夏の暑い日の訪問だったので、トンネル内はひんやりとしていて歩くにはちょうど良い気温。
150812 120

 途中、トンネルの待避所?では、オブジェがあったりこのトンネルの歴史が書かれた資料が展示されていたりと、訪問者を飽きさせない工夫が見られました。
150812 121

 自分的にはこういう遺構を見れるだけで全然飽きませんけどね(笑)。
150812 125

 歩くこと30分ほど、出口付近にはこんなものが。これでトンネル内を走破したいなぁ。
150812 126

 大日影トンネル出口、すぐにもう1つのトンネルが見えます。
150812 127

 このトンネルは、ワインの貯蔵庫となっているようです。トンネルの気温はワインの保管にはもってこいなのでしょうか。ここで熟成させたワインを楽しむというのもなかなかお洒落ですね。
150812 130

 廃線跡大好き人間としては、かなり楽しめるスポットでした。来て良かった。
150812 128

撮影日:2015年8月12日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

中央本線 初狩駅

中央本線 鳥沢 11:37 ~ 初狩 11:51

 中央本線を西へと進んでいます。3駅目の訪問は初狩駅
150812 085

 もちろん木造駅舎が残る駅ですが、ここにはもうひとつスイッチバックも残っている駅なのです。かつて中央本線にはスイッチバック構造を持つ駅が多数存在しましたが、今では全て解消されています。スイッチバックの遺構もわずかしか残っていない駅が多いですが、ここはまだ使える状態で残っているんですね。
150812 093

 もちろん旅客としての役割は終えていて、工事列車などの発着に使われているだけのようです。
150812 095

 駅舎の方はスイッチバックのホームが合ったところにあるので、現在の本線上にあるホームからは少し離れています。
150812 094

 初狩駅の駅舎。良い雰囲気です。
150812 097

 無人駅ですが、無人化されたのは今年の4月ということでつい最近までは駅員さんがいる駅だったのですね。Suica対応駅なので駅員さんも必要なくなったのかもしれません。
150812 100

 この箱に切符入ってるかな?
150812 101

 お迎えが来たので次の駅へと参りましょうか。
150812 106

撮影日:2015年8月12日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

中央本線 四方津駅・鳥沢駅

 長年旅を続けていると未乗車区間というのはほとんど無くなってきますが、ただ乗っただけという区間は結構多かったりします。中央本線の東パート(東京 - 塩尻間)もその一つで、完乗こそしていますが途中駅にはほとんど寄ったことが無いという。ということで、旅の初日は中央本線の駅をいくつか回ってみることにします。

中央本線 高尾 9:54 ~ 四方津 10:15

 まず最初の訪問駅は四方津駅
150812 046

 訪問の目的はもちろんこの木造駅舎。
150812 050

 これといって大きな特徴があるわけではないですが、安心感を感じる木造駅舎です。
150812 052

 周辺は開発が進んでいるのか、丘の上にはニュータウンが広がっているようです。写真は、駅前とニュータウンを結ぶエスカレーターと斜行エレベーターからなるコモアブリッジ。ニュータウンの名前がコモアしおつというようです。バブルの時代に作られたニュータウンみたいですね。
150812 048

 ちょっと気になったので斜行エレベーターに乗ってみました。実はこのエレベーター思っていたよりスピードが遅く、往復に結構時間を費やしたので、予定していた次の列車に乗り遅れるという失態をすることになりました(苦笑)。
150812 058

 比較的運転本数のある区間なので大事には至りませんでしたけどね。
150812 069

中央本線 四方津 10:59 ~ 鳥沢 11:07

 2駅目の訪問は、四方津駅から2駅進んで鳥沢駅。ここも古い木造駅舎が残っています。
150812 079

 あとで知りましたが、駅周辺には中山道の宿場町として栄えた鳥沢宿があったようです。古い町並み、散策してみたかったですが今回は先に進むことになります。
150812 083

撮影日:2015年8月12日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

夏の青春18きっぷの旅 2015

 しばらく放置状態が続いてすいませんでした。なかなかblogを更新する気分にならなくてしばらくblogから離れていました。ぼちぼち復帰いたしますので、またよろしくお願いします。

■2015年8月12日(水)

 すっかり寒くなって冬になってしまった秋田ですが、ここからは真夏の旅をお送りしたいと思います。夏の旅と言えば、18きっぷは外せないですよね。とうことで、今年も青春18きっぷのお世話になろうと思います。旅の出発点は東京駅
150812 009

 駅舎のリニューアル以降、ちゃんと見てなかったなぁということで写真に収めておこうと。
150812 004

 ただ、駅前の工事はまだ続いているんですよね。フェンスが多くて写真を撮るのに苦労しました。もう、ずーーーと工事している印象がありますね。一体いつ完成するんでしょう。
150812 007

 一番列車は中央本線から。ここから西へと進みます。
150812 020

中央本線快速 東京 8:31 ~ 高尾 9:41

 中央本線快速で一気に高尾まで。
150812 022

 かぶりつきで前面展望でも楽しみましょうかね。
150812 024

 都心部は車窓を楽しむという感じではありませんが、複雑に入り組んだ短絡線や頻繁にすれ違う列車など前面展望はかなり楽しいです。
150812 028

 しっかしよくこんな複雑な鉄道網を引いたものだなぁと感心してみたり。
150812 033

 4台の列車が同時にすれ違う光景にテンションあがってみたり。
150812 034

 そんな感じで楽しんでいたので、あっという間に高尾駅に着いた印象でした。ここからはのんびりと進みたいと思います。それでは新シリーズ、よろしくお願いします。
150812 042

撮影日:2015年8月12日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR #1-5,10
+DA 55-300mm F4-5.8 ED #6-9


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

津軽線 大平駅

 中小国駅から1駅北上して、次の訪問駅は大平駅
150607 078

 新中小国信号所を超えて、青函トンネルへと繋がる海峡線と別れたこの区間は、特急列車も貨物列車も走らない完全なローカル線の区間となります。
150607 076

 利用客は少なそうですが、ちゃんと駅舎があります。周りは何も無いような場所なので冬季に寒さをしのげる場所があるのは助かりますね。
150607 075

 駅舎の前にやたらと広い空間があるなぁと思いましたが、どうやら昔は交換設備を有する1面2線の島式ホームだったようです。今は線路が途中で切れています。
150607 081

 途中で切れている線路上には車庫が有り、おそらく冬季に使うラッセルなどの保線車両が格納されているのだと思われます。
150607 084

 この駅の傍には在来線の海峡線と北海道新幹線とが合流するポイントがあります。良くもまぁこんな巨大な建造物を営業中の線路の上に作ったなぁと感心します。
150607 087

 でも、あちらはどちらもJR北海道の線路。JR東日本の管轄である津軽線からすれば別に関係ないよと言っているような気がしました。
150607 082

撮影日:2015年6月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

津軽線 中小国駅

 さて、それでは駅巡りを開始しましょう。今回は車で来ているので普段なかなか降りることが出来ない駅を回ってみたいと思います。最初は青森駅から進路を北に、津軽線中小国駅
150607 058

 1面1線の単式ホームと簡易的な駅舎があるだけの駅。ただこの駅はJR東日本とJR北海道の境界駅でもあります。
150607 055

 ただ、JR北海道から来る列車は全てこの駅を通過するので隣の駅は津軽線の大平駅しか載ってませんね。津軽今別駅が載っていてもおかしくないと思うのですが。
150607 062

 ということでやってくるのは津軽線の普通列車のみ。本数もこんな感じなので列車での訪問だと行程を作るのに難儀しそうです。
150607 063

 停車する列車は少ないですが通過する列車は多いのでそれなりに楽しめるかもしれません。
150607 059

 こののどかな感じいいですね。
150607 066

 黄緑に塗られている駅舎はどうやら塗り直しされたようですね。古い写真をみると白い駅舎だったので。
150607 067

 そろそろ行こうかなと思ったら、ちょうど良く本数の少ない普通列車がやってきました。
150607 072

 単行のキハが走るのどかな風景。こういう風景がまだ残っている津軽線は大好きな路線の一つです。
150607 074

撮影日:2015年6月9日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

北陸新幹線開業後の北陸旅

 しばらく更新が途絶えましてすいません。夏休みを利用していつものごとく旅に出ていました。そして今回より新シリーズの開始。新シリーズは5/30 - 6/1に実施した旅の模様をお送りしたいと思います。カレンダー的には普通の土日の週ですが、6/1(月)が会社の創立記念日により休みとなり3連休が出来たので旅に出たのでした。

■2015年5月30日(土)

 今回の旅の出発地点は東京駅新幹線ホーム。タイトルにもあるように北陸新幹線開業後の北陸を旅するのが今回の目的です。2015年3月14日に長野 - 金沢間が開業した北陸新幹線。ずっとフィーバー状態が続いていましたが、そろそろ落ち着いたかなということで、北陸新幹線の乗り潰しをかねての訪問です。
150530 004

 もちろん、この開業に伴い並行在来線が3セクに移管されていますので、そちらの方も再乗車をすることも目的の一つです。

 新幹線ホームではまだまだ大人気のE7系・W7系。ホームに入線してくるなり多くの人に写真を撮られていました。って僕もその一人ですけど。
150530 002

Maxとき305号 東京 7:48 ~ 越後湯沢 9:08

 さっそくこの新幹線に乗って金沢まで!とはいかずに、あまのじゃくな気持ちが湧いてきて、これまでの北陸へのルート上越新幹線からのアプローチでまずは北陸入りしようと考えました。ほんの少し前まで、東京から北陸へのメインルートを担っていたMaxとき。すっかり隠居モードに入ってしまったかのようですが、この新幹線から旅をスタートさせます。
150530 005

撮影日:2015年5月30日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

リゾートしらかみで五能線を行く

 東能代駅で方向転換、五能線へと入ります。五能線は多くの区間で日本海の海岸線を走る車窓の素晴らしい路線。しかしその代償として、特に冬の季節は強風や高波などで遅延や運休が多い路線でもあります。運転本数が絶望的に少ないというのも残念なところです。
141220 021.jpg

 列車は程なくして能代駅へ。能代市の中心地に位置する駅ですが、何故か奥羽本線からは外れて五能線に所属しています。時間の早い便だとここで数分間の停車時間があり、ホーム内にあるバスケットコートでフリースローチャレンジのイベントがあります。残念ながらこの便はすぐの出発。
141220 022.jpg

 五能線は多くの駅があり、駅巡りをしたい路線の一つなんですが運転本数を考えると難しいですね。何度か乗車している区間ですが、だいたいリゾートしらかみで駆け抜けるばかりになってしまいます。
141220 026.jpg

 単線非電化のローカル線のお手本のような風景。
141220 029.jpg

 五能線のハイライト、日本海が見れる区間にさしかかってきました。
141220 031.jpg

 列車も車窓のいい区間では速度を落として運行してくれます。
141220 033.jpg

 この日は荒れ狂う日本海というよりは穏やかな日本海でした。まぁ荒れ狂う日本海になってる場合は列車そのものが運休になってしまうのですが(笑)。
141220 042.jpg

 冬の東北は日が暮れるのが早い。ウェスパ椿山駅に到着した当たりから、車窓を撮るのは辛くなってくる明るさに。時刻的にはまだ16時過ぎたくらいなんですけどね。
141220 044.jpg

 深浦駅では対向のリゾートしらかみと列車交換するため数分間の停車。ブルーモーメントの時間帯、この時ばかりは三脚が欲しかったですね。
141220 045.jpg

 青い車体のリゾートしらかみ、こうして撮るとなんだかブルートレインみたいに見えます。
141220 047.jpg

 この先は日も完全に落ちて車窓は見れなくなったので、車販でアルコール類を調達して呑み鉄に勤しんでました(笑)。こういう旅が出来るのは観光列車ならではですね。

 五所川原駅で数分の停車時間があったので酔い冷まし。
141220 049.jpg

 五能線の終着駅、川部駅でも数分間の停車。ここはいい感じの木造駅舎が残っています。明るい時間帯に再訪したい。
141220 050.jpg

 終点の青森駅に到着しました。久しぶりのリゾートしらかみ・五能線でしたが、やはりいい路線です。いつかは五能線をメインに旅の行程を組んでみたいなと思った旅路でした。
141220 052.jpg

撮影日:2014年12月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

| NEXT≫