流鉄流山線 幸谷駅と桜並木

流鉄流山線 流山 14:55 ~ 幸谷 15:03

 折り返しの列車で、終点馬橋駅の一つ手前の幸谷駅に下車しました。
130322 063.jpg

 幸谷駅は、マンションの1階部分が駅になっていて上は住宅という珍しい駅。
130322 066.jpg

 憧れの駅まで徒歩0分の物件です。
130322 068.jpg

 当初の予定では、この幸谷駅を含めて流鉄の途中駅を全駅回るつもりでしたが、行きの車窓から馬橋 - 幸谷間できれいな桜並木が見えたのでそちらを見に行くことにしました。
130322 069.jpg

 僕が旅した日は、関東でちょうど桜が見頃になっていた時期でした。僕の住んでいる秋田では、未だに桜は咲く気配もないので一足早く春を感じることが出来てうれしかったです。
130322 072.jpg

 流鉄の列車と絡めてパチリ。
130322 082.jpg

 天気も良くて春の散歩を楽しめました。
130322 084.jpg

撮影日:2013年3月22日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR #1-5
+FA31mm F1.8AL Limited #6,7


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

流鉄 流山線

 京成電鉄の乗りつぶしの途中ですが、ちょっと寄り道して馬橋駅。流鉄流山線に乗車します。
130322 041.jpg

 流鉄流山線は、JR常磐線の馬橋駅から流山駅までの全長5.7キロを結ぶ、全線単線のミニローカル線。前々から気になっていた路線なのでした。一時は、それなりの利用者があったようですが、2005年につくばエクスプレスが開業したことで利用者が激減しているようです。
130322 042.jpg

流鉄流山線 馬橋 14:15 ~ 流山 14:27

 そんな、ちょっと苦しい経営状況の流鉄流山線。まずは、終点の流山駅まで乗り通しました。
130322 044.jpg

 なかなか良い感じの流山駅舎。きちんと駅員さんも配備されており、立派な終着駅といった雰囲気でした。
130322 049.jpg

 ホームの先には検車区も有り、流鉄の中心的存在の駅なのだと思います。
130322 050.jpg

 地元の方が作ったと思われるクッションが全てのベンチの上に置かれていました。こういう温かみのある路線っていいですね。
130322 058.jpg

 ベンチに併設されている広告用の看板もローカル色が出てて、素敵です。都心のすぐ傍にこういう路線があることに驚いてしまいます。
130322 056.jpg

 このように駅はローカル色満点ですが、車両の方は比較的綺麗な感じがします。車両ごとに愛称が付けられていて、この車両は「流星」号です。
130322 062.jpg

 それでは、この流星号に乗って折り返します。
130322 061.jpg

撮影日:2013年3月22日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ