大井川鐵道 奥大井湖上駅

 大井川鐵道井川線奥大井湖上駅で下車しました。駅名の通り湖の上にある駅。湖と言ってもダム湖でいわゆる人工的な湖ですが、新線に付け替えられたときに新たに設置されました。
161104 182

 当然ながら周辺に民家はなく、利用者はほぼ観光客だそうです。
161104 186

 駅からは旧線の跡を見ることが出来ます。
161104 187

 ここを訪れる多くの観光客にはあまり注目されないポイントですが、鉄的には大注目ポイントですよね。
161104 188

 駅は両側の鉄橋に挟まれる形であるんですが、その内の一方はこうして歩くことが出来ます。
161104 191

 湖の上を渡れるなんて面白いですね。
161104 193

 対岸に渡ると階段があり、そこから先の山道を少し歩くと県道へ出ることが出来ます。
161104 194

 県道からはこの駅を俯瞰して見られるところがあるということなので、そこまで行ってみることしにしましょう。
161104 206

 歩いて10分くらいでしょうか、見晴らしのいい場所に出ました。真ん中の半島の先っぽにあるのが駅です。ちなみに両端の鉄橋は「レインボーブリッジ」というそうです。東京のレインボーブリッジより、こちらの方が先の開通なのでこちらの方がオリジナルなのです。
161104 197

 新線と旧線のクロスポイント。旧線時はどういう風景だったのかも気になりますね。
161104 201

大井川鐵道井川線 奥大井湖上 15:31 ~ 奥泉 16:05

 それでは折り返します。折り返しは奥泉駅で下車しました。
161104 211

路線バス寸又峡線 奥泉駅 16:40 ~ 寸又峡温泉 17:10

 さらにそこからバスを乗り継ぎ寸又峡温泉へとやってきました。この旅2日目も温泉宿に泊まろうという算段です。今回はホテルでは無く、このペンション寸又峡にお世話になりました。それでは3日目へ。
161104 220

撮影日:2016年11月4日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

日本唯一のアプト式鉄道で奥大井へ

 大井川鐵道井川線の旅はアプトいちしろ駅までやってきました。ここで井川線のハイライトとも呼べる光景が見られます。
161104 156

 それは、日本で唯一のアプト式鉄道が見られるということ。アプト式とは急勾配を登るための鉄道システムの一種で、線路の真ん中にラックと呼ばれる歯形のレールが引かれていることが特徴です。この歯形と機関車側につけられている歯車とを噛み合わせて急勾配を上り下りします。
161104 157

 かつては信越本線 横川 - 軽井沢間でも採用されていましたが当該区間の廃止以降、大井川鐵道井川線が唯一のアプト式鉄道となっています。さぁ、専用の機関車がやってきましたよ。
161104 158

 機関車は最後尾に連結されました。
161104 163

 ここから長島ダム駅までの一駅分がアプト式になります。勾配は90‰。1000m進む間に90m登る勾配です。人や車からしたらたいした勾配ではありませんが、鉄道にとっては非常に厳しい勾配です。
161104 164

 この区間は、開業当時からあったものでは無く長島ダム建設の際に新たに作られた区間でした。元の路線はもっと低いところを走っていましたが、ダム建設により一部が水没すると言うことで急勾配でそれを回避するというものでした。
161104 165

 あれがその長島ダム。旧線は右手に見える道路辺りじゃないかなと思われます。
161104 169

 *追記 旧線はダムの左手の方みたいです。実は写真にもトンネルがしっかりと写っていました。ぜっんぜん気付いて無かった(汗)。ご指摘してくださった方ありがとうございます。
161104 001-3

 長島ダム駅でお役御免のアプト式専用機関車。信越本線のアプト式を知らない僕としては、新鮮なひとときでした。
161104 170

 さぁ、まだまだ登りますよ。さすがにダムの上は水量がたっぷりありますね。
161104 174

 もうすぐ目的の駅です。
161104 176

撮影日:2016年11月4日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

大井川鐵道井川線の車窓

大井川鐵道井川線 千頭 13:35 ~ 奥大井湖上 14:41

 さて、千頭駅からは本線を離れましてこちらの路線へと参ります。大井川鐵道井川線。元々は大井川電力のダム建設のために建設された路線。1959年より旅客営業がされるようになりました。黒部峡谷鉄道と似ていますね。
161104 133

 線路の幅は1,067mmと一般的なサイズですが、元々は762mmで建設された経緯もあって車両はとても小さいです。
161104 138

 訪問時は、接岨峡温泉 - 井川間が災害により不通の状態でした。2017年3月11日、ついこないだ全線復旧を果たしましたね。
161104 137

 それでは出発。DD20形ディーゼル機関車に引っ張られながらのんびりと進みます。千頭駅から一駅目の川根両国駅。
161104 139

 近くには車両基地もありました。
161104 140

 やはりこの路線も大井川に沿って進みます。吊り橋なんかもあったり。
161104 143

 この車両も窓が開けられるので、風を感じながら車窓を楽しむことが出来ます。
161104 146

 だいぶ山深いところまで登ってきました。
161104 153

 紅葉には少し早かったかな。それでもいい天気で良かった。
161104 155

撮影日:2016年11月4日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

風と音を感じるSLの旅

 新金谷駅、ここからはこの旅の楽しみの一つ SLの旅を堪能しようと思います。大井川鐵道では全国の鉄道では珍しく日常的にSLが走っています。休日なんかは1日2往復も運転していますね。
161104 094

 で、ここのSLの素晴らしいところはなんと言ってもこの客車でしょうね。国鉄時代の古い客車が現役で走っている。それだけでも心躍ります。
161104 096

 列車種別は急行。特急では無く、急行としているところもいいなぁと思いました。
161104 097

SL急行かわね路1号 新金谷 11:52 ~ 千頭 13:09

 駅前で団体のツアー客がいたので一緒になったらいやだなぁと思っていましたが、幸いなことに車両が違ったのでゆっくりと旅を堪能することが出来そうです。大井川鐵道ビールも準備。
161104 101

 ビール瓶の栓は車両に取り付けられているこの栓抜きで開けます。記憶の中では、この栓抜きを使ったのは初めての経験だと思います。
161104 102

 古い客車の醍醐味と言えば、こうやって窓を開けられることでしょうね。風とSLの音を感じながら進みます。トンネルに入るとススが入るので窓を閉める作業もやっていて楽しい。
161104 111

 茶畑の車窓、素晴らしかったですね。
161104 112

 そして、SLの撮影地としても有名な川根温泉笹間渡の第1橋梁を通過。早朝、ホテルから眺めていた橋ですね。この先、この路線最大の急勾配に挑むため、SLは力強く加速していきます。乗っていても一番楽しい区間でした。
161104 114

 余談ですが、大井川鐵道のSLで使われている石炭は煙が余り出ないタイプのものらしく、地域住民や乗客にとって優しい物になっています。ただ、写真を撮る方に取っては少し物足りないかもしれませんね。
161104 116

 塩郷の吊り橋をくぐる。
161104 121

 そして、その上流の塩郷ダム。やはり水があるときれいです。下流でも十分な水量があると素晴らしい景色になったと思うのですが、生活のためのダムでもあるので難しい問題ですね。
161104 122

 1時間ちょっとのSLの旅。終点の千頭駅に到着しました。やっぱりSLっていい。
161104 126

 この客車がいつまでも活躍してくれるといいな。
161104 131

撮影日:2016年11月4日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

大井川鐵道 五和駅

大井川鐵道本線 地名 10:00 ~ 五和 10:31

 大井川鐵道の駅巡り、次に訪問したのは五和駅
161104 076

 ようこそと迎えてくれる木造駅舎。
161104 078

 ただ、この木造駅舎は他の駅とちょっと雰囲気が違う。
161104 087

 合格駅? これは五和「ごか」という駅名に掛けたダジャレでしょうか?
161104 083

 なんだかやってしまった感があるんですが、やっている方は結構本気のようで、合格地蔵なるものもありました。ちかくにはすべらず地蔵というのもあるみたい。
161104 081

 ちょっとやり過ぎ感が否めませんが、少しでも地元の鉄道を盛り上げたいという思いが伝わってきます。
161104 080

 さて、このあとしばらく、列車が来ないのでお馴染みの徒歩連絡と行きましょう。3つ先の新金谷駅まで歩きます。3駅分と聞くと遠く感じるかもしれませんが、距離にして約2.7キロ。のんびり歩いて30〜40分といったところでしょうか。
161104 086

 線路沿いを歩いていると不意にSLがやってきました。不意を突かれたのでこんな写真に・・・。
161104 088

 途中の二駅には寄らずに新金谷駅に到着しました。この木造駅舎もなかなかのものですね。
161104 089

 SL運転の起点の駅でもある新金谷駅。SL目当ての観光バスも多数来るので駅は観光客で混雑しています。この日は平日なんですが、それでも多くの観光客がいましたね。
161104 091

 というわけで、この後はやはりこれですね。
161104 093

撮影日:2016年11月4日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

| NEXT≫