日本最東端 東根室駅

 根室本線を最東端に向けて進む。
170108 071

 湿原の中を進む根室本線はここだけでしか見ることが出来ない車窓だと思います。
170108 076

 糸魚沢駅、かつては素晴らしい木造駅舎がありましたが今ではログハウスのような駅舎に。
170108 083

 茶内駅では列車交換の時間を利用して駅舎見学。
170108 085

 ルパン三世の作者モンキー・パンチさんの出身地であることからルパンがお出迎えしてくれます。
170108 084

 根室本線の末端区間、花咲線では列車交換も貴重な瞬間です。
170108 087

 さて、ラストスパートへ。シカさん見てないで逃げないと危ないよ(笑)。
170108 088

 それにしてもシカ多すぎ。根室に住んでいる人の数より多いんじゃ無いでしょうか。
170108 098

 シカさんを避けながら無事、最東端の駅へ到着。終点はこの一つ先ですがここで下車します。
170108 099

 日本最北端稚内からスタートしたこの旅は、日本最東端の東根室駅へ。これでゆいレールを除く4つの端っこ駅(稚内・東根室・たびら平戸口・西大山)全てを訪問することが出来ました。
170108 102

 日暮れ前ということもありますが寂しい雰囲気です。4つの端っこ駅の中では訪問客は一番少ないでしょうね。
170108 106

 まもなく折り返しの列車がやって来ました。
170108 110

 僕は列車には乗らずにお見送りです。
170108 112

 最果て感を感じる東根室駅訪問でした。
170108 114

 さて、ここからは今晩泊まるホテルがある根室まで徒歩移動。距離にすれば2キロほどなので十分歩ける距離ですが、日も暮れて寒さも厳しいなかだったので、結構辛かったですね(笑)。いよいよ明日が旅の最終日です。
170108 115

撮影日:2017年1月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+DA 55-300mm F4-5.8 ED


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

根室本線 東へ東へ

快速しれとこ 緑 11:46 ~ 東釧路 13:27

 緑駅からは釧網本線を釧路に向けて出発。緑駅では降っていた雪も途中で上がって青空が広がっていました。(例によって途中の写真は無くてすいません)
170108 052

 あまりの快晴に途中下車したい思いもありましたが、先の行程もあるので根室本線との合流駅である東釧路駅に到達。ね、空を見ると快晴でしょう。
170108 054

根室本線 東釧路 13:30 ~ 東根室 15:55

 ここからは、この旅最後の行程に入ります。根室本線から最東端へ。この区間も2度目の乗車ですが2010年以来なので楽しみにしていました。
170108 055

 ということでかぶりつきの位置に陣取り車窓を楽しみたいと思います。単に座席が全部埋まっていただけともいいますが。
170108 056

 根室本線の釧路 - 根室間は花咲線という愛称が付けられています。その愛称ともなっていた花咲駅はすでに廃止されてしまったというのが悲しいですけど。
170108 057

 新得 - 釧路間は特急列車も走る本線に相応しい区間ですが、末端区間は寂しいもの。終点の根室まで行くのは1日6往復です。
170108 058

 そしてこの区間、やたらとシカが多い。
170108 063

 運転手さん、細心の注意を払って運転されてました。線路沿いにシカを見かけると汽笛を鳴らして、速度を落とす。その速さの速いこと。僕も前方で見てましたがシカを見つけるスピードは敵いませんでした。
170108 065

 ここは途中下車してみたかった上尾幌駅。立派な駅舎ですね。
170108 068

 尾幌駅は貨車駅舎。こちらの方が町としては大きいと思うんですがこちらはちゃんとした駅舎が無いんですね。
170108 069

撮影日:2017年1月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+DA 55-300mm F4-5.8 ED


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

真っ白い緑駅

快速しれとこ 川湯温泉 10:33 ~ 緑 10:48

 北海道の行程も5日目、まずは釧路方面とは逆に1駅戻って緑駅で下車しました。前日までは穏やかな天候が続いていましたが、昨晩から雪が降り続いています。吹雪というほどではないので、冬の北海道を感じるにはちょうどいい降り具合だったかもしれません。
170108 010

 積もった雪を巻き上げながら進むので、最後尾は雪で真っ白でした。
170108 013

 緑駅は行政を行う支庁の境目、いわゆる本州で言うところの県境にあたるような場所に位置する駅です。
170108 021

 一応、駅の近くには集落があるので人が全くいない場所ではないんですが、駅から見える景色は秘境感が漂っていました。
170108 027

 駅舎は駅名に合わせて緑色になっていますが、辺り一面は真っ白です。
170108 014

 訪問時の時刻表。現在は少し変わっていますが、大まかな時間帯は変わっていません。列車での訪問なら、釧路方面から10時台と16時台が狙い目です。というかそれしかないですね。あとは列車交換待ちで数分停車する列車を狙うかです。
170108 029

 僕は10時台のたっぷり時間が取れる訪問だったのでちょっと辺りを散策してみることにしました。
170108 030

 北海道らしい町並みといいますか、廃れているというとちょっと失礼ですが、そんな町並み。
170108 034

 スナックみどり。
170108 039

 この斜里バスという存在も気になります。1日2本の運行で土日祝日は運休。
170108 036

 ビックリだったのは駅近くに日帰り温泉施設があったことでした。これがあれば長時間滞在でも時間を潰すことが出来ますね。
170108 047

 真っ白だった緑駅、なかなかいい駅でした。今度は緑が溢れている時期に訪問したいな。
170108 015

撮影日:2017年1月8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

川湯温泉

釧網本線 網走 15:10 ~ 川湯温泉 16:57

 網走駅からは再び釧網本線釧路行きに乗車です。
170107 085

 約2時間ほど乗車していましたが、道中の写真は1枚も撮っていませんでした。旅を始めた頃は乗車中もずっとカメラを構えてなんてこともありましたが、今ではのんびりくつろぐことにしています。そして川湯温泉駅で下車。まだ5時ですがもう真っ暗ですね。
170107 088

 川湯温泉の駅舎、これもかなりいい雰囲気ですね。冬の夜というのがまた良かったのかもしれません。ここで下車したはこの駅舎が目当て、というわけではなくこの日は川湯温泉で一泊という行程です。
170107 089

 泊まったのは川湯温泉 欣喜湯さん。本格的な温泉宿。これも旅を始めた頃は温泉宿に泊まることなど考えもしませんでしたが、最近の旅では温泉宿を行程に組み込むことが多くなってきました。おじさんになってしまったんだなぁ(笑)。
170107 090

 夕食の前にまずは温泉。ここの温泉は強酸性、これくらいの酸性の温泉は日本でも数少ないのだとか。温度によって3つの浴槽に分かれていました。一番温度の高い浴槽は42℃とのことですが、酸性のピリピリ感もあってずっと入っていられないくらいでしたね。中温の浴槽が一番良かったです。


 そして、夕食。まずはオホーツク海産のきんき鍋。これめちゃ旨でした、最後に雑炊もしてもらえたのもうれしかった。


 メインの2つ目は北海道産和牛の石焼き。


 メイン以外のメニューも豪華。窓際の席で雪を見ながらの夕食は最高のおもてなしでした。


■2017年1月8日(日)

 北海道旅5日目の朝、川湯温泉を後にします。欣喜湯さん、温泉も食事も素晴らしかったです。温泉宿、そんなに泊まった経験はありませんが、今までの中ではベスト1かなと思っています。
170108 001

 川湯温泉から駅まではバスで移動。
170108 003

 旅も終盤ですが、5日目の行程をスタートさせましょう。
170108 005

撮影日:2017年1月7日、8日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+iPhone6s


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

釧網本線 北浜駅

網走バス 藻琴駅前 12:12 ~ 北浜駅前 12:16

 網走バスで移動、やってきたのは北浜駅です。ここは2度目の訪問、以前の訪問は2010年でした。ずいぶんと月日が経ちました。
170107 058

 ここは駅舎内の待合室に名刺が貼られていることで有名です。よくみると名刺だけじゃなくていろんなものが貼られています。切符やら航空券など様々ですね。
170107 061

 ホーム側から見るとこんな感じ。外観は以前の訪問時よりきれいになっている気がしました。外壁の板が張り替えられたのかもしれません。
170107 065

 駅舎傍には展望台もありオホーツク海を一望できます。運がいいと流氷も見られるのかもしれません。今年は流氷の南下が遅くて僕の訪問時はまだ網走まではやって来ていないようでした。流氷もいつか見て見たいものの一つです。
170107 069

 さて、ここ北浜駅もこれまでに紹介してきた駅と同様、駅舎を利用した喫茶店があります。「喫茶停車場」、今回はここでお昼を取ることにしました。
170107 064

 いい雰囲気、利用者は旅人よりも顔なじみの地元の方が多いようでした。列車本数を考えるとそりゃそうか。
170107 075

 でも店内は列車で旅しているような気分を味わえるようにいろんな小物が充実しています。
170107 073

 懐かしの扇風機まで。
170107 078

 どう見ても顔にしか見えない電話機。昔の機器は愛らしいものが多いです。
170107 079

 停車場ランチを頂きました。美味しかった〜。


網走バス 北浜駅前 13:47 ~ 網走駅前 14:15

 お腹も満たされたので一旦バスで網走駅まで戻ります。
170107 084

撮影日:2017年1月7日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+ DA 55-300mm F4-5.8 ED
iPhone6s


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

| NEXT≫