春の九州西の端っこの旅 リンク集

・2017年3月18日(土)
#01 春の旅名人の九州満喫きっぷの旅
#02 筑肥線 虹ノ松原駅・浜崎駅
#03 唐津線 山本駅
#04 ローカル色豊かな筑肥線 西のパート
#05 筑肥線 肥前長野駅
#06 筑肥線 大川野駅

・2017年3月19日(日)
#07 松浦鉄道 西へ西へ
#08 元日本最西端 たびら平戸口駅
#09 平戸の町並み散策
#10 離島の旅
#11 的山大島 神浦地区への道
#12 神浦集落の町並み その1
#13 神浦集落の町並み その2
#14 日暮れのたびら平戸口駅

・2017年3月20日(月)
#15 大村線 千綿駅
#16 大村線 彼杵駅・大村駅

blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

旅の乗車記録Vo.64

・春の九州西の端っこの旅

日時:2017年3月17日(金)~ 3月20日(月)

◎旅の行程
・2017年3月17日(金)
ANA410 秋田空港 20:05 - 羽田空港 21:15
京急空港線特急 羽田空港国内線ターミナル 21:39 - 京急蒲田 21:50

・2017年3月18日(土)
京急空港線 京急蒲田 6:30 - 羽田空港国内線ターミナル 6:41
ANA241 羽田空港 7:20 - 福岡空港 9:15
福岡地下鉄空港線/筑肥線 福岡空港 10:00 - 筑前前原 10:46
筑肥線快速 筑前前原 11:01 - 筑前深江 11:08
筑肥線 筑前深江 11:28 - 虹ノ松原 11:49
筑肥線 虹ノ松原 12:24 - 浜崎 12:27
筑肥線 浜崎 12:39 - 唐津 12:50
唐津線 唐津 13:47 - 山本 13:57
筑肥線 山本 14:39 - 肥前長野 15:00
昭和バス 長野 16:13 - 大川野駅前 16:18
筑肥線 大川野 16:44 - 伊万里 17:04

・2017年3月19日(日)
松浦鉄道 伊万里 8:42 - たびら平戸口 9:45
西肥バス 平戸口駅前 10:03 - 平戸新町 10:15
第二フェリー大島 平戸港 13:00 - 的山港 13:45
大島村産業バス 的山桟橋 13:50 - 神浦桟橋 14:14
大島村産業バス 天降神社前 15:50 - 的山桟橋 16:07
第二フェリー大島 的山港 16:25 - 平戸港 17:10
西肥バス 平戸桟橋 17:30 - 平戸口桟橋 17:42
松浦鉄道 たびら平戸口 18:13 - 佐世保 19:37

・2017年3月20日(月)
シーサイドライナー 佐世保 10:14 - ハウステンボス 10:44
大村線 ハウステンボス 10:58 - 千綿 11:23
大村線 千綿 11:40 - 彼杵 11:44
シーサイドライナー 彼杵 12:04 - 大村 12:22
大村線 大村 12:54 - 諫早 13:07
長崎本線 諫早 13:17 - 鳥栖 15:47
鹿児島本線快速 鳥栖 15:55 - 博多 16:23
福岡地下鉄空港線 博多 16:37 - 福岡空港 16:42
ANA264 福岡空港 17:45 - 羽田空港 19:25
ANA409 羽田空港 20:20 - 秋田空港 21:25

blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

大村線 彼杵駅・大村駅

大村線 千綿 11:40 ~ 彼杵 11:44

 千綿駅から折り返しの列車で1駅戻ります。
170320 025

 先に進むシーサイドライナーが千綿駅に停まらないので1駅戻ってきたのですが、一応駅舎も見学。
170320 027

 列車交換も出来る駅のようですね。しかし、天気が悪いとどうもテンションが上がりません。
170320 033

シーサイドライナー 彼杵 12:04 ~ 大村 12:22

 シーサイドライナーは国鉄時代のキハ66系。この車両が来たときはちょっとテンション上がりました(笑)。シーサイドライナーと命名しているものに国鉄気動車をあてがうなんてJR九州素敵です。
170320 035

 駅舎も見学。これは素晴らしい木造駅舎ですね。
170320 039

 ただ、これだけ大きいとどう撮って良いか悩みます。雨も降っているしねぇ。
170320 043

大村線 大村 12:54 ~ 諫早 13:07

 そして大村線の終点、諫早駅に到着しました。諫早駅では九州新幹線西九州ルート建設に伴う駅舎立て替え工事中です。昭和初期に建てられた木造駅舎がありましたが、それも壊されてしまいました。う〜ん、残念です。ところで本当に新幹線来るんでしょうかね。
170320 047

長崎本線 諫早 13:17 ~ 鳥栖 15:47

 最後は長崎本線をのんびりと楽しみました。途中の写真はありません。。。長崎本線はいずれ駅巡りをしていきたいと思っているので紹介はその時にでも。
170320 048

 ラストは鳥栖駅で柔らかいうどんを食べてこの旅を締めました。
170320 049

撮影日:2017年3月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+ DA 12-24mm F4 ED AL [IF]


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

大村線 千綿駅

■2017年3月20日(月)

 春の九州満喫きっぷの旅3日目は佐世保駅から。当初の予定では松浦線や佐世保線の駅巡りをしようと思っていましたが、この日はあいにくの雨模様。前日の的山大島散策に満足していたこともあり、この日はのんびりと列車に揺られる行程に変更しました。
170320 001

シーサイドライナー 佐世保 10:14 ~ ハウステンボス 10:44

 まずはシーサイドライナーでハウステンボス駅で下車。たしか中学の修学旅行で来た気がします。
170320 004

大村線 ハウステンボス 10:58 ~ 千綿 11:23

 ハウステンボス駅で普通列車に乗り換えて千綿駅で下車。駅巡りはしないといいながら少しだけ回る行程を組みました(笑)。
170320 007

 千綿駅、木造駅舎が残る駅。過去にも2011年に訪問しています。
170320 013

 当時も見た木造駅舎が健在でうれしい限りですが、少し雰囲気が違うかな。
170320 011

 というのも駅舎内が千綿食堂というレストランに改装されていたんですね。
170320 016

 しかも駅舎内全部がレストランになっているという。駅舎を利用した喫茶店などは北海道などにも多いですが、多くは駅務室を利用したもので待合室なんかは残っているんですが、ここは完全にレストラン化してましたね。
170320 017

 素敵なお店だとは思うのですが、駅の利用者はどこで過ごすのかなぁと少し気になりました。
170320 019

 ここかな(笑)。
170320 021

 ホームの前には海が広がっています。天気が良ければもっと素晴らしい景色だったと思うのですが。まぁ、前日晴れてくれたのでヨシとしましょう。
170320 022

 カルガモさんも優雅に泳いでいました。
170320 024

撮影日:2017年3月20日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+ DA 55-300mm F4-5.8 ED


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

日暮れのたびら平戸口駅

第二フェリー大島 的山港 16:25 ~ 平戸港 17:10

 的山大島を後にします。この便が的山大島から出る最後の便になります。
170319 205

 今回は訪問しなかった平戸城。一日くらいじゃ全部を回りきれないほどいろんなスポットがあります。離島としては、平戸島と的山大島との間に度島という小さな島もあるようで、そちらもいつかは訪問してみたいなと思いました。
170319 214

西肥バス 平戸桟橋 17:30 ~ 平戸口桟橋 17:42

 帰りのバスは平戸口駅前まで行かないので、平戸口桟橋で下車。
170319 216

 田平港の最寄りのバス停でこちらも昭和な雰囲気でよい感じでした。
170319 223

 平戸口桟橋より歩いて数分、たびら平戸口駅に到着。
170319 224

 窓口や売店は18時で閉店。あとは駅の利用者が数人いるだけ。そんな最西端の駅もいいものです。
170319 229

 列車の到着を待つ。
170319 233

 久しぶりの松浦鉄道の旅、駅巡りをするか平戸に絞って散策するか迷いましたが、たまにはこういう旅もいいものだなと思います。乗り潰し主体の時はどうしても先へ先へと進んでしまっていたので、ほぼ2周目となる現在は、なるべく一つの場所を掘り下げていく旅も盛り込んでいきたいですね。
170319 234

 列車がやって来ました。
170319 235

 佐世保行き。
170319 237

松浦鉄道 たびら平戸口 18:13 ~ 佐世保 19:37

 それではこれで終点の佐世保まで。2日目は佐世保で1泊しました。
170319 242

撮影日:2017年3月19日
カメラ:PENTAX K-5IIs + DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR
+ DA 55-300mm F4-5.8 ED


blogランキングの方もよろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

| NEXT≫